上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国してから1年と9ヶ月。

子供たちの英語保持については
自分たちなりに考え、
シカゴの現地校で実践していた
毎日20分のRAH(Reading At home for at least 20mins)を続けております。

それと平行してCartoon NetworkやDisney Channelを観たり
英語保持の土曜日の学校へ通ったり
母のわたしの英語教室に一緒に参加したりして
英語に触れ続けてきていました。

それでもアメリカにいるときは学校にいる間はもちろんのこと。
家でも英語で話すことが多かったので
年間にすると6000時間ほど英語にさらされていたと思います。

それが現在は週末の3時間の学校と読書などもろもろで
あの頃に比べると100分の一くらいの時間になっています。


そうなると、どんなことをしても英語は忘れてしまうものなのですね。
当然のこととして受け止めていましたが
本日、英語保持クラスの講演会で講師の方から興味深いお話を聞いたので
ここにまとめておきます。



**************

子供たちが帰国後に英語力を失ってしまうことは
Language Lossではなく
Language Shiftだということ。
言語忘却は自然現象なので、防ぐことはできない。
もちろん普通の努力では日本に帰国してから年齢相応の英語力に伸ばすことは難しい。
ただ忘却のペースを遅らせることができる。
それが英語保持クラスと家庭の役割である。




言語に4つの側面がある。

Speaking
Writing
Reading
Listening


その中でも上の二つはすぐに衰えてしまうProductive Skill.

下の二つは衰えにくいReceptive Skillと言われている。

保持クラスではReadingを推奨し、
それを元にJournalを書き、
Discussionを続けることで
英語保持を目指す。




英語の忘却が進む過程は次の通り

語彙(帰国後すぐに忘れてしまう)→流暢さ Fluency→複数・3人称などの使い方→語順→最後まで残るのは発音である。

特に小学校3年生以降に帰国した場合は発音は残るし一番忘れにくいとの調査結果がある。




親の英語力と子供の英語力の関連性はない。
英語保持に関しては
親の英語力よりも態度にに関係がある。


英語を保持することが以下に大切なことなのかを子供に態度で示す。説明する。
一緒に英語の絵本の読み聞かせをする。
(下手な発音でも良いそうだ。子供は正しい発音を記憶しているから脳で組み替えている)


英語のアニメやテレビを一緒に見る。
(子供だけで見させて自分は我関せずではない)


英語の本を読み続けるのが難しい子供であれば
興味のあることと英語をつなげる。

お料理が好きならば英語のレシピをダウンロードして一緒にCookingをする。
サッカーに興味があれば英語のHPを子供に読ませる。




********

子供たち。
本日入室テストを受けてまいりました。
合格率が80%なんだそうです。


晴れて受け入れていただくことができれば
新しい教室に6月から通い始めます。

New Start、一歩です。
転居に伴って我が家の子供たちの習い事もすべて変更することになりました。

ピアノ→探し中
テニス→探し中
サッカー→転居先に少年サッカーがあるらしい
水泳→近くの駅にスイミングクラブがあるらしい



そして帰国後ずっと続けていた「英語保持」クラス。


とても気に入っていたLCA小学校のウィークエンドクラスは距離的に通うのが難しいので退会することになりました。

LCA小学校ウィークエンドクラスのおかげで子供たちの英語力はそこそこ保てていましたし
英語以外の社会や音楽、体育、、などの教科も楽しんで続けることができていました。





新しく始める保持クラスはお馴染み海外子女教育振興財団さんの英語保持クラスです。



現在は英語クラスのほかにサイエンスクラスなどもできて
充実していると聞いておりますが
2クラスを取るとLCA時代とお値段があまり変わらないことも判明しました、、涙






一方でインターネットを駆使している通信制高校に勤務しているおかげで
いち早く教育のいろいろな情報を手に入れることができます。




今日お話を聞いたのは
Skypeでマイクとカメラを使って好きな時間に自宅で毎日50分の英会話。


フィリピンの国立大学生と英会話をして一ヶ月8000円の英会話レッスンが
ビジネスマンや高校生を中心に広がっているとのこと。

プランは
毎日25分プラン 5,000円/月
毎日50分プラン 8,000円/月
週末毎日25分プラン 3,000円/月
週末毎日50分プラン 5,000円/月

と様々です。


一番気になるところはフィリピン英語の発音だと思いますが
日本で言う東大と同等のフィリピン大学の学生が教えているということで
デモンストレーションを拝見しましたが
許容範囲でした。
むしろ、こちらの英語を話す場を気軽に明るく作ってくれる学生さんたちが
優しく教えてくれるので
英語力保持や英語のプレゼンテーションにはばっちり。


大学生のお兄さんお姉さんが
おしゃべりな娘の今日の出来事だけでも話し相手になり、
しかも英語であれば十二分のような気がしました。


利点は以下の通り
1)とにかく安い
2)場所や時間に縛られず自宅でマンツーマンのレッスンを受けられる
3)レベルにあった会話をしてもらえる。テキストベース、会議のプレゼンテーション、スピーチコンテストの練習、TOEICなどの資格試験に向けてのレッスンも可
4)次の1回までの予約ができるので何ヶ月も待たされることがない
5)登録されている講師は800人以上!
6)オンラインカスタマーサポートが常時しているので回線の具合が悪いとすぐに対応してもらえる

などなど。

ちなみに無料体験でどなたでも2レッスンまで受けれるそうなので
引越しが落ち着いたら
子供たちに体験をさせてみようかな~と思っています。



「スカイプ」はアメリカ時代でも気軽なツールとして使用していましたが
全世界的に、ビジネスの場でも登場するようです。




有名なスカイプを使った安い英会話は

レアジョブ
e4e
が今脚光を浴びています。


時間がなくて忙しいお子さんを持つみなさま。
海外の人に英語を教えてもらいたいと思っている皆様。
面白い試みだと思います。ぜひトライを!
体験をしたらまたご報告いたします~♪
2009.11.24 英検
英検の合否がWeb上で発表されました。






















8歳長女。
3級合格♪






















10歳長男
2級合格♪




















えかったえかった。
電子マネーの話題も乗り切った模様。

















そしてわたしは、、、、











今日は病欠で自宅待機(><)
2009.11.15 英検2次
末っ子と二人で東京タワーの袂まで行ってきました。
tktower.jpg
11階から見る眺めは最高ですね。


























photo_20091115192517.jpg
大学時代の友人の結婚祝いパーティーへ。






















yopparai.jpg
かあちゃんのほろ酔いショットを撮る末っ子。

















友人は通訳翻訳家なのですが
その業界の皆様たちのスピーチ。
言葉を扱う仕事の人たちだからこそ、みなさんユニークでメッセージもお上手。
その中で当日までスピーチをざっくりとしか考えていなかったけれど
アドリブができたわたしも年を重ねたもんだ。
















**************************
母と末っ子がおいしいもの食べているときに、
長男、長女、夫が向かった先は
英検2次試験の会場。
















二人の級は違うのですが
試験会場も違って、どうしようかと思いましたが
よく見ると同じ駅の徒歩10分ほど離れた大学が会場だったのでよかったです。


















8歳の長女は、日本語英語を話す男性が教官だったらしく
もう少しちゃんと英語を話してください、、と
言っちゃいそうだったとか。


















10歳の息子。
面接のテーマが「Electric Money」だったらしい。
電子マネーって何か知ってる?
と帰ってから聞いたら












しらない。









だって。












試験内容は彼の英語力を超えて
社会的な時事問題レベルとなっていたようでした。
あとは会話力でどうカバーしたか。。。


















ともあれ、終わってほっとしましたです。
2009.10.30 そして英検
先ほど英検筆記1次試験のWebで合否結果が出ました。













8歳の娘。























合格!
リスニングは100点でした。




















そしてどきどきの長男。
























合格!!






















よくやったと思います。
持ち帰った問題につけた解答を添削したところ
二人とも合格に達してはいたのですが
問題用紙につけた丸とマークシートの丸の位置を間違えていないか
とか
そもそも名前や受験番号をちゃんと書いたのか
という初歩的なミスがありえる年頃なのであります。

























2人とも
リスニングに助けられ無事1次通過です。
特に息子は苦手な空欄埋めで惨敗でした。
単語が難しすぎたようです。
さてお次は、、、
















2週間後に2次面接があります。
これも難問でしょうねぇ。














いやぁ、手に汗を握りました。
人生初めての公的な試験でした。


早く子供達が帰ってこないかな~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。