上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語教師の資格を取ったと思ったら、次は「日本語」です。

Japanese_20110306160236.jpg


勤務先の高校ではインターナショナルスクール色の濃い生徒たちが集まってきています。

彼らの多くは日本語はしゃべれるけれど読み書きがほとんどできません。

・永住をする予定で生まれも育ちも海外だが、家族の都合で突然日本に帰国
・ハーフの生徒
・インターナショルスクールに長年在籍した

など、いろいろな事情を持つ生徒たちです。

今後進学や就職を日本でする場合や
将来海外に行く場合でも「日本人」としてのIdentityには必要なのが
やはり「日本語」です。

学校運営側としても高校生たちと同じ目線で居続けたい。


日本語教師の資格は、教えながら必要性を感じたら通信で勉強をしながら取得しようと思います。
英語の教職を大学の通信でも取りたいし、やりたいことは山積みです。


日本語を教える経験も老後のボランティア活動などできっと活かされるでしょうし笑、自分のできることの幅を広げるチャレンジは続きます。


取り急ぎ、渋谷の大型書店に行って高校生たちに使えそうな教材を2つ購入。

まずは、実行あるのみ。
転校した先の小学校の娘の4年生のクラスで英語を教えることになりました。

来月から学年末まで全12回!
ALT(外国人の先生)が来るのはそのうち1度だけだそうで、
ゲストティーチャーに、と担任の先生からお誘いがありました。

もちろんボランティアですが
引っ越してからは英会話教室も始めていなかったし
そろそろ生活も落ち着きそうなので
月2回くらいのボランティアはできそうです☆



夫に相談すると

「今でも十分忙しいのに大丈夫なの?」と心配そう。
職場の上司にも報告をして、本業に支障がない範囲なら、とお許しをいただきました。


格好いいことを言うと
今、わたしがこうして元気で居られるのは周りの皆様のおかげなので
それをお返しする方法はお役に立てる「ボランティア」だとおもっています。



この英語クラスには
今担当しているインターナショナルスクールの高校生たちをお手伝いに動員し
社会経験や社会貢献を学ばせたいと考えています。
担任の先生もとっても喜んでくださったので
どんどん計画していきたいと思います。

クラス指導の前にレッスンプランの打ち合わせにこれから定期的に小学校に通うことになりそうです。
8歳の娘。







今回は英検準2級に挑戦しました。









そして無事に1次も2次も合格!


今月は彼女のバースデーなのですが
合格のお祝いとお誕生日のお祝いのダブルプレゼントは何にしようかと
あれこれと楽しそうに考えています。









次に目指すのは長男準1級と長女2級かな~。

この2つの級はそれぞれ真剣にチャレンジしないと
なかなか合格は難しいと思いますが
やりたい!
という気持ちが整ったら受けると思います。


遊びもスポーツもピアノもお勉強も。
得意分野をうんと伸ばしていけたらいいな。
先週の金曜日の日記で、英語教室の準備を嬉々としていた様子を紹介しました






、、があの後、レッスン前になって
子供の声が聞こえ、ピンポーンと鳴ると立っているのはお母さん。
話しを聞くと












子供が英語に来るのを嫌がっている






とおっしゃるではありませんか。
そのついでに、最近のレッスンはつまらないし、難しすぎる。
以前は真っ先に宿題をやっていたのに今はまったくやりたくない、と。













とにかく1月は様子を見ようと思うが2月からは辞める方向で、、とのお話しでした。










わたしとしては
ニーズに気がつかなかったことを反省し、
確かに難しすぎる内容だったことも認め、
とにかく楽しめるレッスンを心がけることを伝えました。












1週間経ち、その間に他のお母さんがたにもヒヤリング。
まとめると、、、



「英語はいづれ学校で習うから、読み書きは別にそのときでよい。
習い事として期待しているのは学校ではできない
耳から覚える英語、体で覚える楽しい英語」





ということでした。
お話を聞いていると一年前の自分を思い出しました。
そういえば、英語教室を始める前の私の理念って、楽しい英語だった。
文法とか宿題を多く出す英語教室なんて考えてもいなかった。
初心をすっかり忘れていたの。















初心を忘れてしまった理由は
テキストに沿った指導をしていたから。
レッスン準備より教えている時間が少ない中つい指針を他に求めてしまっていました。












うちに通ってくださるご家庭は
英語がうまく書けるとか英検を目指すなんて望んでいませんでした。












そこまでニーズを把握できたら
なんだか楽しくなってきちゃった。
初心に立ってまた始めたら
やめたいっていってた子供が戻ってきた。







わたしの英語教室がきっかけで
英語嫌いになるのは絶対に防ぎたい。
それも信念の一つなんだ。






それにしても今日は、、




うちのヤドちゃんずに癒されました。
honechan.jpg
マングローブに登ってます。







honechan2.jpg
珊瑚砂を浄水で洗ったあと
お湯と食塩水を混ぜて水槽に戻したら
元気一杯になりました。


今は都心でフルタイムで働いているけれど
英語教師も一生続けようと思っている大事なこと。
何足ものわらじを履くのは中途半端になりがちだけれど
うまくバランスをとりながらその中でベストを尽くしたいと改めて心に刻みました。
我が家の癒し系。ヤドちゃんず。
iyasi.jpg







ヤドちゃんのスローな歩き方に対して
音に反応して貝殻に隠れる早業は、見ていても飽きなくて、、。
癒し系なのです。
suisou.jpg
そっとのぞいてるところを激写☆
彼らの大好物はりんご。
ガリガリとつめでちぎって口へ運ぶ姿はかわいいらしい。
(まだお目にかかれず。)




マングローブは15度以下でヤドカリは10度以下になると
死んでしまうので夜はお風呂場においておきますと
マングローブを伝って洗い場に脱走したりします。
大事に大事に育てたいと思っています。







************************************

昨日まではお疲れ気味だったけれど
英語の日は元気復活☆





Days of the weekの教え方を考えていたところ、、
hungrycater.jpg
腹ペコ青虫君の絵本を思い出し
ランチ後につい夢中になって描いてしまいました。






早く英語のレッスンが始まらないかしら。
お手製教材の子供達の反応が楽しみなのでした。
創作活動って時を忘れますねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。