上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月初旬から密かに?始めた
『10 years younger』プロジェクトの第2弾『大人のにきび撃退!』の経過報告です。




第一弾の『歯のホワイトニング』については
まだ記憶が新しい方も多いと思いますが、
念のためリンクを張るのでご興味のある方はそちらをご参照くだされ。



その1)歯のホワイトニング序章

その2)歯のホワイトニングその後




え~読むの面倒くさい~~というかたは、ビジュアルでどうぞ。
恥ずかしいけどこの際公開。








ホワイトニング前。
ha2.jpg







ホワイトニング後。ha.jpg



注1;差し歯の色は白くならない。
注2;ひさしぶりに会った父に歯が白くなったことは指摘されず。(たいしたことないってか)









**************************
長らく悩みの種だったものを一つ一つ解消すべく、
時間をかけて治療している。
次の課題は『大人のにきび』











niki.jpg

3歳の娘の額はピカピカ☆
私のはブツブツ。










一人目を出産してから
すぐに顔にブツブツとできるようになる体質に。
かれこれそんな体質も9年目になってホームドクターのところに相談に行ってみた。
ドクター曰く
『抵抗力が落ちるとき雑菌が繁殖してそれがニキビの原因になることもある』とのこと。
食生活は子供を持ってからというもの
それなりにバランスに気を使った食事を取っているとおもうが
その割には顔のあちらこちらにしょっ中化膿したにきびができていた。









そこで先生が処方してくれたのは、、、。
1)抗生物質 一日一回×1か月分を服用。
(抗生物質に関しては賛否両論ありますが、今回はあえて試してみた。)









2)塗り薬二種類。洗顔後に朝昼の2回×1ヵ月。

mose.jpg

evoclinというムース状の薬を気になる患部につけて泡が消えるのを待つ。











benza.jpg

その次にBenza Clinというクリームを塗る。








始めの一週間、この二種類のクリームを塗れば
あちらこちらにできているニキビの赤い跡やシミまで消えるかと思って塗りたくっていたら・・・・・







顔がヒリヒリとやけどのようになり、肌が荒れて赤黒く変化。
慌ててドクターに電話すると

『患部に少しだけ塗らないとダメだよ!それはやけどのようなものですね。
シミやニキビの跡には他のお薬が必要だよ。』

としかられた。










そこで、その状態を良くするために市販の薬を進められる。
cortaid.jpg

cortaidという薬は、かゆみやアトピーの炎症が対象なStrongなお薬で
よく読んでみるとステロイドであった。
うすーく2日間限定で荒れた箇所に塗ってみるとあれよあれよとツルツルに。
ただし、それ以降は自然治癒に任せた。

そんなことをしながら1ヵ月経つと
嘘のようにブツブツがなくなり、以前のツルツルのお肌に。
洗顔するのが楽しいぞ~~~










次なる課題は、若き日に焼いてしまった肌のあとにできたシミ。
両目の脇にサングラスを縁取るようにできているシミは
写真で写ってみるとパンダのように見える。




大人のニキビのお薬の使い方を間違えてドクターに怒られたときに
シミ用の塗り薬を処方してもらったので
若返り第3弾は、『お顔のシミ取り特集』と命名することに。





今回の教訓;

歯が白くなり、顔のブツブツがなくなったものの
若さって実はスペック的なものだけでなくて
顔の表情とか雰囲気から総合的に判断するもんだ。
だって疲れた時の顔を鏡でみるとギョッとするもんね。



↓読み終わったらポチ×3っとして帰ってもらえると↓嬉しい                ↓

banner_02.gif             こちらもお願いします♪              にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


↑ブログランキングは25位以内だと紹介文が長くなります☆↑ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。