上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は英語の授業の日でした。
6年生のクラスに入ると7人の空席が目に。




周辺の小学校は地域新聞によると学級閉鎖の嵐。
しかし子供達の通う小学校はインフルエンザにかかったという話さえ聞かないので
ホッとしていただけに7人の欠席にはギクッとした。







『風邪が流行っているんですね~』
と先生に言ってみると






















『いえ、用事の子が多いんです。』とのこと。

















そういえば、この先生のクラスは半分くらいが中学受験をすると聞いていた。
今はシーズンだから、もしや、受験関連でお休みなのかな??
何はともあれ、インフルエンザが流行らないうちに受験が終わって欲しいです。頑張れ受験生~!



















ところで、家はもとより、ご多分に漏れず小学校はとても寒い。
クラスルームには一台ストーブが併設されているが
廊下は凍るよう。
クラスによっては先生が鍛えることを目的に、なのか
ストーブを全くつけていないところもある。
何よりもわたしが使う『待機室』も凍り付いている。
















まぁ、、、日本だし、こんなものか。
と思って、20分休みやお昼休みにジャケットを着てマフラーをつけていた。
職員室は完全暖房で暖かいんだけれどね。




















お昼休みに給食を5年1組で食べ終わって
英語教師Fと打ち合わせのために職員室に入ると
副校長先生に声をかけられた。















『先生、すみません。今まで気がつかなくって。あの待機室、かなり寒かったでしょう、、。
いま石油ストーブと電気ストーブを用意しましたから、
好きな方をお使いください。本当に済みませんでした。』
と。






















待機室に戻ってみると
用務のおじさんがいた。
『この部屋、凍ってるねー。いま石油ストーブつけたけれどこれは古いから
いま直している電気ストーブをつけてね。』
画像0004
これです。これ。嬉しくて携帯で撮影。


















素直に嬉しかった。
他人から何かしてもらったことでこんなに嬉しかったことはほんとうに久しぶりのような気がした。
母親や教師業は相手に与え続けることが多い分、
こういう気遣いが心に沁みる。泣きたいくらいだった。
































*****************************
ホカホカの心のまま
小学校から戻ってきて次は自分の英語教室の準備。
その合間に来ているメールをチェック。


















8年間携わっていた古巣よりメールが届いていた。

























もう、これでもか、、というほど
人が傷つくよう言葉を選んでわざわざ書いてあった。
しかも、どう考えてもお互い様、、か、それ以上なのに
すべてが人のせいになっている。



















元々、そういう方たちなのだけれど、、、、ね。














自分の誇りを失ってまでもうお付き合いできない。





















こういう仕打ちももう落ち込むきっかけにはならないのだけれど
やっぱりこういうのはいい気分がしない。
大体メールじゃなくて電話をしてこない辺りがもう、プロフェッショナルじゃない。















そのまま英語クラスを始める。
子供達を前にすると
先ほどのメールなんて、どこかに吹き飛んでいた。



















子供達はすごい。
12月に始めたばかりの英語クラス。
小学生クラスの子供達が、なんと英語を読み始めた。



















RedとかYellowなど、色の単語を。






















1月に入って歌やゲーム、会話や絵本の他に
アルファベットとフォニックスも入れていた。
こんなに早く習得するなんて、子供はやっぱりすごい!!
発音にしても、
togetherとか
noodleとか、
ネイティブさながらの発音をし始める子供達。
年齢が低ければ低いほどスポンジのように英語を吸い取っていく。


















嬉しい気持ち一杯だ☆
























こういう一日を
捨てる神あれば、拾う神あり
というのかな?
どちらの神様にも、ありがとう。


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.01.29 I am finished!
先ほど無事に終えました~~~!!


















って、昨日の星の中に三角形10個の問題の話じゃないよ。









































shosai.jpg
わたしの書斎。









































lessonplans.jpg
B4サイズ両面ぎっしり×二枚のレッスンプラン。
































児童英語教師の資格のための通信講座に必要な勉強と添削の最終便が
先ほど終わって無事にポストへ投函してきました♪♪

















この通信講座には、テキスト、CD、 DVDでの学習のほかに
文法のテスト6回と
就学前幼児用、小学校低学年、小学校高学年用の3回のレッスンプランを作成する必要がありました。















文法の6回のテストの平均が一定以上で、
レッスンプランが3枚とも評価B以上であれば
次のステップ、小学校英語教師への最終スクーリングに参加できる資格がもらえます。















一般的に受講生は文法のテストは比較的スムーズに終わり、
その後のレッスンプランで四苦八苦するとのこと。















わたしの場合は『逆』でした。
レッスンプランは、目の前にアメリカの授業のお手伝いしていたときのことや
現在行なっている英語教室やALTのお仕事の情景が目に広がり
それを紙に落とすだけ、、、なので
楽しかったです。


レッスンプランではまずクラスの人数、英語教室か、小学校か、
年齢、学習年月、主目的
などを自分で考えて設定します。













就学前の幼児用のレッスンプランでは
自信満々で提出したところ、
アイデアや流れ、スムーズさでは評価がよかったものの
『使う英語が難しすぎる』、、、
というコメントをもらっちゃいました。
いや~それからというもの、色々と考えましたよ~~。

















さて、あとの仕上げですが、、、。
残るは、2月下旬に既に予約してある
都内で行なわれる地獄の研修2日間のみ。
週末の2日間早朝から晩まで、みっちりと受けてきますよ~、研修。
『小学校英語指導教師』までの道、近づきました。


















当面は、資格勉強に開放された~~♪♪
これで、英語教室の方の準備にもっと力が入れられるし、
ずっと気になっていたアンティークショップの方も来週から随時再開できます。












もう~春が来たわ~~~。







ってなくらい資格勉強のプレッシャーから開放されたときの気分は爽快でした。
平日に自由時間が増えるよ~お星様の問題にも時間かけれるよ~。


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
ジョギングに行って来ました。










川沿いを走るのはマイナスイオンを吸いながら走っている気分です。
特に雨上がりのジョギングはマイナスイオンだらけ。
汗を余りかかない冬場でも、週2回はしっかりと汗をかいているせいか、
体の循環がよくなっている模様。
エネルギーが体の中から湧いてくるような感じです。
一時はタイムが気になって頑張って走っていることもありましたが、それでは疲れる。

今は体調に合わせて、歩くのとほぼ変わらない速度にしてみたりと
無理をしないで続けるコツを発見しました。










走っている間にあれこれとアイデアが湧くし、
食事もいつもに増して美味しくいただくことができるのは最高~♪
食べたいものをたくさん食べて、しっかり健康と体重をキープってな訳です 笑











**************************

さて、昨日の2年生の算数の授業参観の話題の延長なのですが、
授業の最後に、担任の先生が問題を出してくれました。
























親にも手渡されたのは
裏にも表にも6つずつ描かれた☆の一枚のシート。
星はこんな感じです。


ブログ上で手書きに初めて挑戦したので星が均等ではありませんが
問題の星は均等の形をしていました。
問題です。


2本の直線を使ってこの☆の中に10個の小さな三角形を作ってください。
















snap_wahahachicago2_200913123259_20090128142035.jpg
(既に5つありますよね。あとは2本の直線で三角形を10個にします。)









小さな三角形、、というのは
3つの直線で囲まれた三角形の事を指します。
線と線が交わっているけれど大きな三角形に見える
というのは一つには数えません。











簡単なようで、
やってみるとわかりますが、なかなか考え応えがあります。
考え応えありすぎます。
ありすぎて脳のが久しぶりに働くのにエネルギーが枯渇して
昨日は甘いものばかり食べたくなりました。


















先生曰く、ヒントはとにかく線を引いてみること、だそうです。
先生自身はネットなどの回答を探さないで自力で解くのに1週間かかったようです。






















我が家は、長男と、わたし、娘がはまってしまって
宿題も本読みも何もかも返上で、2時間近くみんなで
それぞれ50パターンくらいお星さまに線を引いたでしょうか、、、。
最高9つしか三角形は出来ていません。
末っ子も一応参戦してました 笑















夫もその名にかけて休日に徹夜で解く気満々だそうです。








もし自力で答えが分かった人。
お気軽にメッセージください♪

追伸
コメント欄は引き続きスパム書き込み対策で閉じております。ご理解のほどをお願いします。
その代わりに読み終えたらクリックをしてお帰りください♪

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2年生の長女の授業参観に行ってきました。
5時間目、1時半からの算数のクラスなので
父親の参加率は非常に低いものの、
個人的には、面白い授業だなぁ~と思いました。
三角形と四角形の授業でした。
長女のクラスは、先生が丁寧な言葉遣いで、
親しみもあり、オヤジギャク的なジョークもあり、
クラス全体がリラックスしていて、その割には私語が少ないクラスでもあります。











****************************

日米の教育比較についての連載を始めるといっていましたが、
よく考えて『比較』ではなく、
それぞれの国の小学校の『特色』、『誇れること』を書くことにしました。

また、日米と言っても、
私が身近で知っているのは、子供達が通っていたカリフォルニアとシカゴの小学校2校と
いま通っている日本の小学校のみ。
見聞きした中でなるべく広い視野で紹介しますが
もし偏っていたらごめんなさい。











第一回目の日本の小学校が世界に誇れること、は
『食育』というタイトルで1月20日に書きました。
『給食』についてです。
第2回目の今日は『ものを大切にする心をはぐくむ』ことにつながる
『お掃除当番』について書きたいと思います。



























給食終了後、お昼休みの前の15分間に
それぞれの持ち場を雑巾がけや箒で掃く日本の小学校の子供達。
英語の授業のときに、チーム分けをするために床にチョークで線を引くときにクラス中から
『えーー!せっかく綺麗にしているのに』とブーイングが良く飛びます。
ごめんね、消えるよね、、、などといいながらこちらも仕事なので
線を引いちゃいますが
その反応がちょっぴり嬉しかった。




自分たちが責任を持って綺麗にしている空間なので
大切に扱っている証拠だから。










































アメリカ人のお友達に日本の小学校はどんなところが違うのか
と帰国前に聞かれたことがあります。
まず思いついたのが『給食制度』と『お掃除当番』でした。
















ご存知の通り
アメリカでは、毎日学校が終わったあと掃除のおじさん/おばさんが大きな掃除機を持って
クラスからクラスへと渡り歩きます。
最後にはトイレもきれいにして終了。















クラスルームのボランティアをしていて驚いたことがあります。
何かのイベントで
クラスでパーティーを行なった後、床に落ちたゴミなどを拾っておりました。





様子を見ていた先生。
『適当でいいわよ。あとはお掃除の人が綺麗にしてくれるから。そのままでもいいわよ。』
とおっしゃっていました。









アメリカの友人も
『子供達に掃除をさせることには賛成だ。ものを大切にするようになるだろうから』
と言っておりました。



ものを大切にすることは、食べ物の扱い方にも表れます。





例えば給食。
残さないことが基本ですが、どうしても苦手なものの場合は口をつける前に減らす
という日本の子供達。
その様子をみていると頼もしくなります。
アメリカでは一口食べて美味しくなかったら
先生までもが『ゴミ箱に捨てなさい、、、』だもの。








日本の小学校が世界に誇れることはまだまだあります。
順を追ってまたこの場で紹介できたらと思っています。
子供達にそれらを意識して胸を張って世界に飛び出してもらいたいものです。











追伸
コメント欄はしばらく閉じます。スパム系の書き込み対応が大変なもので、、。
ご理解をありがとうございます。その代わりに減少しているクリックを読み終わったあとお願いします♪

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
カテゴリに‘帰国後○ヶ月’という項目を作ってみました。
4年のアメリカ駐在後に帰国して家族がどのように日本に順応していくか
面白い記録となればいいな、と思っています。





























帰国して早いもので5ヶ月となりました。
この1ヶ月は、すざましく子供達が変わりましたよ~。
例えば。
























長男。
近所の公園に同じサッカーチームのお友達が遊んでいたって
決して輪に入ろうとしなかった。
恥ずかしかったのかな。まだ抵抗があったのかな。
だからいつも公園に行くときは
わたしが3人を連れて行って一緒に遊んでた。










それが5ヶ月目になって、いつの間にか







『ただいま~』
『(公園に)行ってきまーす。』






状態になりました。
そして外が暗くなるまで戻ってこないので
そろそろ時計を持たせ始めたところです。

















長女。
昔からSchool Nurse大好き♪
そして日本でも保健室に一日に一度は顔を出す常連さんでしたが
新年に入って、一度もまだ行っていない模様。
相変わらず波はありますが
大波が減ってきました。
お友達と遊ぶ約束をしてきます。









彼女の日本語に関してはまだ怪しい表現が盛りだくさん。
先日は、どこかで「出口」という表示を見て
『デロ』と普通に読んでいました。
日本語であれこれと話しかけても
「それどういう意味?」といちいち単語を知りたがるので
話が進みません。
だからといって、英語で説明しても分からない単語もあるので、
これは成長の過程なのかもしれません。














末っ子。
相変わらず、日本語のボキャブラリー増加中。
知らぬ間に色々なお歌のレパートリーも増加中。
彼女はほんとうに『幼稚園、命♪』なので
ここ最近は4時まで預かってもらっています。




















子供達の総合的な英語力ですが
さすがに子供同士の会話も日本語が多くなってきました。
どんな言語でも自分の気持ちやいいたいことを
的確に表現できるようになってきているようで、よかったなぁ!と思ってます。
















・・・・で肝心のわたしと夫ですが
アメリカにいるときに比べてスピードが早く、取り巻く環境が変わってきています。
5ヶ月くらいでこれほど物事って変わるものなのですね。
オバマ氏のWe can changeを地で行ってるんじゃないかと、笑っちゃってます。












チェンジといえば、2005年にカリフォルニアでレーシックを受けたわたしの両目。























なんと、ここ1,2ヶ月で劇的に視力が落ちてしまっています。
まだ進行中かも。
ドライアイのせいだったらいいのですが、、、、。
またメガネが必要になったら
ちょっと悲しいな。
なるべくひろーくて遠いところを見て、
緑の多い場所に行きたいと思います。



ちなみに、レーシック直後の視力は両目とも1.3333、、、、、でしたが
気になっていたので地元のメガネやさんの簡易計測器で測ったところ両目で1.0でした。
計測してから1ヶ月が経ちましたが、今は1.0も見えていない気がします、、とほほ。


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
子どもが自宅学習・補習できる教材にはどんなものがあるんだろう?
といろいろと取り寄せてみた。

いろいろな塾や会社が通信教育を提供しているようで、
その中からメジャーな四社を選んだ。














日能研の『知の翼』
Z会
ドラゼミ
進研ゼミ小学講座












届いた見本教材と説明書をバタバタとしていたので見る間もなく、
子どもにも夫にも何もいわぬまま年を越してしまった。















新年のある日のこと。



















子供達が『あードラえもんから何か届いている♪♪』
























と自分たちで見つけて開封して、その教材を自力でやり始めた。
いや~びっくりしました。
すごいね、ドラえもん効果は。













『これ、100点取ると何かもらえるの?』
『ママ、丸付けしてくれるの?』
といろいろと質問されたので
夫と一緒にどれが我が子達には合っているか、
そもそも通信教育が必要か否か。
相談した。































まず、4つの比較。
日能研とZ会は塾でお馴染み。中学受験に対応していて
内容も学校で学ぶものより数ヶ月ほど早い。
算数や国語のほかにも科目が合って、日能研は、実験などまであった。カラフルで分かりやすそう。





















進研ゼミとドラゼミだが、
進研ゼミは学校の内容に沿って、それプラスアルファの力をつけるもの。
ドラゼミは、ドラゼミ独自のカリキュラムで、これまた面白そう。
この二つは、頑張って提出して累積したポイントに対応した賞品をもらえる仕組みになっている。




















気になる値段だが、
進研ゼミとドラゼミが大体同じくらい。
中学受験に対応しているほかの2つは倍の値段で、月に6~7000円ほど。
















詳しい口コミや内容の比較は
『小学校 通信教育比較』などググってみるといろいろとヒットするので
ここでは省略しますが、
わたしの見解。


















長男には興味を示した『進研ゼミ』。
長女が気に入った『ドラゼミ』、
が良さそう。






















夫の見解。4つ全ての教材や説明を熟読した上で。

『内容はZ会が面白そうだが、値段が高い。
もしこの内容をさせるのであれば、
親が選んだ参考書を買って親が丸付けしても良いのではないか。』













『ドラゼミ・進研ゼミは確かに面白そうだが、内容が簡単すぎる気もする。
この内容であれば、学校の勉強をしっかりやっていたら必要がない気もする。』
















とのこと。
その上、現在毎日スケジュールが一杯一杯な中でこれらを始めるとすると
無理が生じる。
そのためには何かをやめることも考えなくてはいけない。
















確かに、帰国してから今は学校の生活に慣れることが重要。
宿題のほかに、ピアノの練習、英語保持の宿題、英語の本読み、、、と
我が家独自のRosterで精一杯でもある。
その合間を縫って運動などの習い事があるわけで
今はまだいいのかもしれない。
子どもの日々の生活に物足りなさ感があり、
経済的にも余力があれば
通信教育も子どもが伸びるためにはよい手立ての一つだというのが我が家の結論です。



























































海外赴任中で高学年や中学、高校になってくると
進研ゼミなどの通信教育は大へん有効であると思う。
確かに、わたしがオーストラリアに滞在していた10代のころ、
多くの友達が進研ゼミを取っていた。
そして日本の高校や大学に進学する際に大いに役に立っていたようだ。
海外まで郵送してくれるのは助かりますよね。





































通信教育ではないが、
夫のお勧めは『学研』だった。
学研の科学、学研の学習。
確かにこれはわたしも面白かった覚えがある。
次はこれを資料請求してみようかな、、と思っている。



ご興味のある方は、サイトをリンクしておきますのでどうぞ♪

進研ゼミ小学生講座
icon
進研ゼミ中学講座
icon
学研の科学と学習
学研の科学と学習。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.01.23 目からうろこ
今日はどうーしても手抜きdinnerにしたい気分だった。
早朝から5時間目まで小学校で英語を教えた後、
英語クラスが自宅で2レッスン。
天気もくずつき続きで寒かった。
温暖化の脅威なんて感じられない日本の冬。
じゅーーーーうぶん、寒いです。
























ふと、集めた広告を眺める。
chirasi_20090123193738.jpg
出前かぁー。
いいね~。せっかく日本に帰ってきたのだから
このくらい手抜きしたいものだ。
子供達もノリノリに。




























でも値段を見てびっくり。

















一番安いネギトロ丼で1000円だわさ。
他のは平均すると、1300円くらい。
ええと。1300円×5人分となると、、、、。
6500円。




























やめとこ。







































ということで、ネギトロくらいならそういえば冷凍庫にあった。
その30分後にできあがったのがこちら。
dinnertonight.jpg
ネギトロにキュウリ。
ブロッコリーとゴマのポン酢和え。
金目鯛の煮付け。
切干大根、海草、白菜のお味噌汁。
玄米ご飯。























これくらい一杯種類を食べないと
お腹が許してくれないわ~。
6500円に匹敵する夕食になったかな。























*************************
さて、









10月に小学校英語指導教師の資格の勉強を始めてから
書籍らしい書籍をほとんど読んでいなかった。
『銀座ママの本音』シリーズとか、
あとは趣味の本。軽~く読めるくらいが
英語で使った頭には優しかった。

























先日『わたしメッセージ』についてここで紹介したときに
『親業』という考え方に由来されていることに気がついた。
親業、、とは
親としての役割を効果的に果たすための訓練法で
アメリカではPET(Parent Effectiveness Training)といわれている。
親に限らず、会社の同僚と、上下関係、友人関係、夫婦間などの
あらゆる人間関係にも有効な考え方だ。























つい買ってしまった。
books_20090123193752.jpg
『自分らしく生きる幸せのコミュニケーション』

『親業』
の2冊。
ああ、あともう一息で資格試験が終わるのに。
でもどうしても気になって仕方ない。






『自分らしく~』のほうは、
親業訓練協会の代表の方が執筆している。
人間関係全般の考え方で、読みやすい。
一日で読み終わってしまった。

























もう一つの『親業』は、
この考え方を始めに作り出したトーマスゴードン氏著であり、
なかなか読み応えがある。
一行一行、目からうろこが落ちてしまっている。
目うろことはこのことか~!



















例えば、
・親業を行なうために人間らしさを捨てる必要はない。
・子供は青年期に反逆しない。彼らが反逆するのは
親がいたるところで使っている破壊的なしつけのやり方に対して、である。
・子どもが直面する解決は全て子ども自身が自分の力で解決する能力を持っている。
親がこうすればよいと神様のように解決することではない。
・子どもに対して夫婦で一貫性を持たなくても良い。また、自分自身も一貫性がなくても良い。
・家庭内での対立は『勝ち負け』の方法ではなく『勝負なしの方法』で解決できる。




などである。
全て具体的にかかれてあって、まだわたしは3分の1に満たないほどしか読んでいないのだが
心当たりのあることばかり、、。


親になって
まともな人間にならないというプレッシャーがあった。
親になって
感情的ではダメだと思っていた。
親になって
子どもに対しては平等でなくてはいけないと思っていた。











そんなことが一つ一つ絡まった糸をほぐすように解決されていく。
















生涯手に持っていたいバイブルの一つとなりそうだ。

ご興味のある方は、探してみてください。↓

ブックオフオンライン

『自分らしく生きる幸せのコミュニケーション』

『親業』
2冊ともお勧めです。
あ、あと『銀座ママの本音』シリーズも 笑

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
シカゴ出身の大統領、バラク・オバマ氏が大統領に就任した。
















ワシントンDCで行なわれる式典の様子は
日本時間の午前1時半頃からケーブルや衛星で生中継。
前述の通り、休息をたっぷりと取ることをここ最近の生活の優先事項としているので、
ソニーのスゴ録で予約をしておいて就寝。


















この日も朝から学校へ英語の本の読み聞かせがあり、
その後2年生の郵便局見学の引率ボランティアがあって、
出かける時間が早い。それまでに家事も終わらせたい。
まだ外が真っ暗なうちに起床。


























今回の就任式の各新聞やマスコミのコメントを読みたくなかった。
前評判ですらあまり耳に入れないようにした。
まずは録画した英語のライブの様子をそのまま聞きたかった。
歴史的瞬間といわれるシーンを何のフィルターも通さないで見るために。



























入場してくるオバマはあごを突き出し、胸を張って
その瞬間を体全体で受け止めているようだった。
誓いの前に行なわれた白人牧師による祈り。

『African American』の初めての大統領がこの世に誕生することを明言。
また黒人の偉大な独立リーダー、マーティンルーサーキングも
いまこの場で様子を見守っているだろうと言っていた。
神への祈りは尊かった。
日本の首相も就任の際は、どこかの神社に参拝に行ってみればいい。















大統領になるための宣誓では
相手があまりにも長い誓いの言葉を述べるので
途中、なんというか分からなくなってしまった一面があった。
一つ前の43代目の大統領が同じことをやっていたら
そのあとマスコミから
『やっぱりあの人はバカだった(失礼!)』といわれるに違いない。


























































大統領演説では
少し声が始めは上ずっている感じがした。
期待を受け止める謙虚な気持ちと
これからの使命を語っていた。
『責任』を重く受け止めているようだった。







大学時代、インドで神の化身といわれるサイババを目の前で見たときも思ったことをまた感じた。
大勢の期待をこの小さな背中で一人で背負っているのか。
と。



















演説を見守る世界各国の中継や
群集が映し出された。
いづれもAfrican Americanが多く、ちょっと残念な気がした。
黒人だけでなく、
他の人種でさえどのように見守っているのだろうか。
偏った放映ではなく
満遍なく様子を映して欲しかった。
それほど、黒人大統領誕生というのは考えられないことだったのかもしれないが。















アリサフランクリン、街にいるおばちゃんになったね。
ジョージマイケルと一緒に歌を歌っている頃の面影はあまり見えなかったけれど
声は健在だった。

















それにしても、2時間余り。
ずーーーーーっと中継を見て思っていた。
やっぱりオバマ氏は、、、、








































obama.jpg
夫に似ている、、、、、、、。








↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.01.20 食育
朝から1時間目に間に合うようにバタバタとして
15時ごろ学校から帰ってきて、あれこれと家事や仕事やお迎えをしたりしていたらぐったり。
ここのところ夫の仕事が超多忙で、いつも午前様なので
家事の全般はわたしが担当することで解決している。
そのためには共倒れしないように休養を取ることを心がけている。


















そこで17時から30分だけ横になることにした。
子どものピアノは、家の近くなので送り迎えはパスさせてもらって。
夢うつつのなか、
夕飯の献立を考えながら意識が遠のく。





















17時半過ぎに目が覚めて
そこから作り始めた夕食。
朝食もそうだけれど、床に就くときに目を閉じながらイメトレをしておくと
実に手早く出来上がる。




















18時過ぎに出来上がった。今晩の我が家のディナー。
shokuiku.jpg
アジの南蛮漬け。フライパンでアジを焼いてタレをかけて京菜を上から添えて。
ほうれん草を湯掻いて、白和え。
昨晩の残りのサツマイモのゆでたものと
ごぼう、ニンジン、ブロッコリーの茎と牛肉、ゴマの金平ゴボウ。





































ダイエットに関心があった10代。
カロリー表はもちろん、食材の各栄養素までも載っている本を母から借りて
にらめっこしていた。
栄養士さながらに、あらゆる食材の栄養が頭の片隅に残っている。
その当時体重が減りすぎたのは害だったが、
ダイエットを研究したのは、今となっては良かったこと。
































食育、、、といわれている日本だけれど
実は日本の学校にはすばらしい『給食制度』というのが昔からある。
調理師さんや栄養士さんが考えてくれた献立で
子供達は自然とバランスの良い食事を知っている。
























我が子も、0歳児から保育所にいっていたおかげなのか、
未だに好き嫌いなく、
わたしが作ったものを美味しいといって食べてくれる。
今日は鯵の南蛮漬けが評判が良かった。
京菜との相性がいいんだって。
「相性」なんていう難しい言葉をいつの間に覚えたのか、ちょっと感心。


















日本に戻ってきて
給食でしっかり食べてくる習慣がついたせいか
以前にも増してバランスよく食べてくれるようになった。
我が家のおやつはパンか、シリアルか果物か、ナッツ類。
わたしも毎日アーモンドやカシューナッツ(no oilでno saltのもの)を頂いている。
























すばらしい給食。
でも、給食費の滞納は深刻だそうだ。
職員室で学校の主任調理師さんがそう話してくれた。














友人の子供の学校では給食費回収率が100%。
理由は各クラスごとに子どもが持ち回りで給食費回収係があるそうだ。
確かに子どもが集めるとなると
滞納はないだろう。




















それを話してみたら、調理師さん。
『手間がかかる』
『途中でお金がなくなったら困る』
といっていた。






















どんなことでも
出来ない理由なんていくらでも言えるんだ。
だけれど今のまましかないと思っている。
リスクをとらないと何事も始められない。
気のせいかパン食が増えた給食。
給食費滞納で高いお米の回数が減らざるを終えないのだろうか。
残念だな、、とおもう。
その思いは胸に閉まっておいた。























最後に、最近読んだ記事を紹介したい。

現代の子供は、
『いかに少なく食べるか』
がテーマになっている。
















今は飽食の時代で
子供達はいつもお腹一杯。
だから食べない。
子供達は本能的に栄養過多にならないように
食べなくなってきている、、と。


















なのに、親以上の年齢の人は
食の貧しい時代を知っているから
『食べろ食べろ』という。






















これからの時代は
『量』を食べる
のではなくて
『いかに栄養素の高いものを少なく食べるか』
なのだそうだ。


















それではみなさん、おやすみなさい。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
ほんとはね、年末に家族で行きたかった。



















東京の井の頭公園に隣接している『ジブリ美術館』













Lawsonのオンラインでチケットを確認したら
年末年始は一杯なのね。
entrance_20090119114856.jpg
やっと会えたね。ジブリのみんな。
平日より早く家族が全員家を出て美術館へ車で向かう。
専用駐車場はないけれど
近くのコインパーキングや井の頭公園西側の駐車場など、意外と駐車スペースはあり。








































totoro.jpg
入り口で待っていた大きなトトロ。





























この美術館はね、入り口が物語の始まり。
だからカメラを向けちゃいけない。
主人公になった自分は心にしっかりと見たものを刻んでおくことになっている。

























アニメって
自分が見ている風景や人物、動物を再現したくてできたんだって。
どうやって歩く画像が出来上がるか、いろいろな工夫が見られたよ。
遠近感のある風景を一枚の紙に表現するのって難しいね。























小学生以下はねこバスで遊べるよ。
さすがに長男は行かなかったけれど。






























屋上には、天空の城ラピュタのロボット守り神いたよ。
mamori.jpg
ここはどうやら写真を撮ってもいいみたい。























入り口に入ると、一風変わった入場券を家族一人一人に手渡される。
どんな入場券か、、というのは、これから行く人も読んでいるだろうから、な・い・し・ょ。

















なんだろう。
館内に入ったときに
感激で胸いっぱいになって涙がにじんできた。

















懐かしい感じ。
優しい感じ。















どの展示物にも
『触ってはいけません』と書いていなかったのは
子どもの目線を考えた館主の優しさなのかな。
木作りのドア。
一つ一つ環境に優しく、働いている人にも、来館している人にも考慮した考え。






















ジブリは世界に誇っていい日本の産物。
時間ごとに入場券が発売されているので
比較的ゆっくりと見られるから小さい子がいてもお勧め。
それでもやっぱり人は一杯だった。


























最後に。
美術館のあるトイレで見つけた。
ファイヤーキングのジェダイの入れ物。
FK_20090119114904.jpg
緑の感じが優しさにマッチしている。
わたしも寄贈しようかな。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
カリフォルニア時代につけていたBlogで知り合ったお友達夫婦と
久しぶりに日本で再会。





















どんなディナーにしようか、、と家族と話し合っていたところ
すき焼きは食べ飽きた、と長男に、贅沢なことを言われてしまいました。
確かに、お友達を招くたびにレパートリーの少ないわたしが振るう手料理って決まっていて
最近は美味しいお肉と生卵が手に入るからうれしくてすき焼きが多かったかも。
























そこで全員一致でピザを注文することになりました。
そういえば、ピザはシカゴ以来ぜんぜん口にしていませんでした!
























Lサイズを二枚と
チキンと大皿サラダで乾杯です~♪
dishes.jpg
日本のピザは具が多種多様で、
野菜も色々と乗っかっていて美味しい~。
お友達夫婦もピザが大好きとのことで、
一安心でした。




















思えば2年半ほど前に、カリフォルニアの自宅で二人をお招きしたときも
ピザでした。
生地からみんなで作ってオーブンで焼いた手作りピザ。
ああー懐かしいな~。












































デザートにこれまたカリフォルニアでもそうしてくれたように
10種類のケーキを持ってきてくれました。
cakes1.jpg
日本のケーキって、お上品で、、























cakes2.jpg
甘さもちょうど良くってほんとうに美味しいですよね~。




















このケーキを前に7人で大じゃんけん大会。
勝った人から食べたいケーキを選ぶのですが、
やっぱり負けて泣くのは真ん中の娘でした。
2年半前と全く同じ運びで、同じ光景で、ずっこけました(^^;








































そうそう、日本では中々探しても見つからない
アメリカのカリフォルニアワインも持ってきてもらっちゃいました♪♪
coppola.jpg
ゴッドファーザーなどの映画監督のFrancis Coppolaの赤ワイン。Merlotです。
くせが少なく、とっても美味しかった~!
































子供達もお兄ちゃんおねえちゃんに
Wiiやオセロで遊んでもらって
いつもの就寝時間を大幅に過ぎて、ヘロヘロになりながら楽しんでいました。






















人を家族の中にお招きすることは
家族のあり方を考えたり
いろいろなお話を聴くことができ、
またみんなで食事を楽しむ
ということを学ぶよい機会だと思っています。
子供達が家族以外の人と身近に触れあう貴重な機会でもあり、
これからもこういう場は、
積極的に持って行きたいな~











と夜更け過ぎに思いました。
シカゴのスタッフドピザとは
また別で、日本のピザも美味しかった。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

新年に入って最初の小学校英語授業に行ってきました。
1時間目から5時間目まで。3年生から6年生の授業。
給食に黄な粉パンが出ました。○十年ぶりに美味しく頂きました♪


今日はこれから英語教室が自宅で始まるのですが
その前にちょっと嬉しいことがあったのでおすそ分けします。





















1時間目をちょっと過ぎて急ぎ足で校門に向かうと男の子が座っていました。
12月3日のブログで書いた
お父さんと一緒に校門にいた男の子。







『おはよう』と声をかけると











その子はチラリと横目で見たあと黙って座っていました。
そのまま校門を通り過ぎるとちょっと先にお母さんが立っていたので
ご挨拶。お母さん曰く、毎日こんな調子で校門の前に座っているのだそうです。
ただ、今回おや?と思ったのは
いつもお母さんのことを握って離さず自分の身を隠すようにしていたのに
今日は別々に離れていたこと。




















お母さんも
『校門は自分でくぐらないとだめでしょう。』とおっしゃっていました。
その後もちょっとお話した後、
気になったものの授業に向かいました。




































5時間目を無事に終え、帰路に向かい校門を出ました。
するとちょっと先に、朝お会いしたあのお母さんが歩いていたのです。
またご挨拶をすると、





















『今日、自分で1時間目の終わりに学校に行ったんですよ。』と教えてくれました。









































実に2ヵ月半ぶりに授業に参加したそうです。



































本当に学校に行きたくなかったら校門までさえ来ないはず。
でも2ヵ月半もの間毎日毎日、校門の入り口まで来ていた。
親御さんの忍耐力や理解もあってのことだし、
男の子の中で何かがあって、
その何かが変わったのかもしれない。





















とっても嬉しい気分になり、
その後帰路につく足取りが気のせいか軽やかに、気分も晴れやかになりました。













また朝、あの子に校門で出会ったら
いつものように、他の子にするように挨拶をしよう。
たったそれだけでももし、それが何か変わるちょっとしたきっかけになるのなら。
他の大人も怖くないんだってことが通じれば。


























おはよう。さようなら。




















って何気なく使っているけれど実はすごい言葉。
もっともっと使いたい。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

2009.01.15 ざっくり
わたしの小指ちゃん。











先週、英語教室が終わって仕事から家事モードに切り替え。


さぁ夕飯作り♪



















とお腹をすかせている子供達にせかされながら
勢い良くキャベツを刻んでいたところ





















ざっくり

















と音がして
左手の小指ちゃんまで刻んでしまった。





















いつもならば、皮をちょっとそぐ程度なのだが
今回は、何せ急いでいたのだ。
5mm程度だけれど指先をそぎ落とす寸前だった。
勢いよく流れでる血。
痛いという感覚よりも
口に出た言葉は
『どうしよう』
だった。























どうしよう。
どうやって止血するんだろう。
どうやってこのまま夕飯作りを続ければいいんだろう。























とりあえず傷口の手前の関節をぎゅっと輪ゴムで縛って夕飯作り再開。
止血は出来るが指全体が紫色になるので
30分ごとに緩める。その度に流血。

子供達もビックリしていたけれど色々とその後はお手伝いしてくれた。





























このエピソードが約1週間前の出来事。
なのに小指ちゃん、流血が続いてます。
たいした量じゃないけれど。
洗濯物干していたらお洋服につくし、
PCのキーを打っていたらキーボードが血で染まっているし。




























大きな体のほんの小さな一部分。
なのにこれだけ生活に色々と不便を感じるなんて、笑っちゃう。
人間なんて、ほんとうにちっぽけな存在だな。




















さて、今神様にお願いしたいのは
小指ちゃんが完治するまで、






















ご飯が自然に出来ていますように。
その後の洗い物が終わっていますように。
洗濯物の干しとたたみが自動で終わっていますように。
お風呂が毎日自分で湯垢を落として、お湯を沸かしてくれますように。
家の中の掃除を掃除機が隅々までかけてくれますように。
















いや、これは小指ちゃんを理由に
ただ、休息が取りたいだけなのかもしれない。
わたしがしていることはまだまだ他にもあるんだけれど
一人でこれだけあれこれやっていると参っちゃう。















せめて小指ちゃん、早く治ってね。


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

夫と喧嘩をした。
























といってもいい合いの喧嘩にはいつもながらにならない夫婦。
夫が忍耐強くてキャパが大きいので
ついわたしのほうが言い過ぎてしまう。
そして彼の大きなキャパを超えてしまうと
火山の大噴火が起きる。

























いいわけを一つだけ書くと
帰国子女の友人達ならみんなうなずいてくれると思う。
(先週末会ったときも盛り上がったこの話題)
長年日本を離れていると、日本語を完璧に話せているようで
実は話せていないことが多い。
受験で大学を受けて勉強をしなおしたけれど
日々の言葉のちょっとした言い回しをちゃんとつかんでいないで
間違って使っていることが多いのだ。


















その上、わたしと会ったり話したことのある方ならご存知。
口調がはっきりしていて、強い。さばさばしている。
だから、強く聞こえる。
悪意はない。


















いい訳はこのくらいにする。

今回のことで、ちょっと立ち止まって考えてみた。




















冬休みは、家族はそれぞれのプレッシャーやストレスから少々開放されて
家のこともお互い助け合って過ごせた。
そのときには不思議と喧嘩はない。





















そして日常が戻ってきた。
子供たち同士も喧嘩が多い。
なんだか、最近、みんなイライラしているな、、と思っていた。
わたしもイライラしていた。
子供達の喧嘩の言葉がとっても耳障りだった。
どうしてだろう。






















そして、今回立ち止まって考えたときに
ふと目に止まったある記事。
それは






















「あなた」ではなくて
「わたし」を主語に伝えること。
素直に耳を傾けられる「わたしメッセージ」

















というものだった。
子供達の台詞はこうだ。




『D、こうするのやめて』
『Hがこういうことをやってない』
『Yがまだ食べ終わってない』




、、と、全て他人のことを主語にして相手を批判している。
当然言われた相手はいい気持ちがしない。







子供は親の鏡。
いつもわたしが子どもや夫に発している言葉は
「どうして○×しないの」
とか
「○×しなさい」
とか、相手を主語にした命令が多かったのではないか。

















昨晩Dinner Timeに、
子供達がHannah Montanaを見ながらご飯を食べ始めた。
いつもならば
『ご飯を食べるときはテレビを消しなさい』というところで、
その台詞が喉まででかけたけれど
そこは早速実践。














『テレビを見ながらご飯を食べるとね、
ママはみんなのお話が聞けなくて寂しいんだよね』
と言ってみた。
きっと無視されるだろう、





























とおもったらすぐに息子。

『OK、じゃ今日の話をしようか』
だって。
テレビはつけっぱなしだったけれど
とても素直に3人とも今日の出来事を話してくれた。
最も『誰が先に話しをするか』で、また喧嘩になっていたけれど。


















ちなみにHannahはディズニーチャンネルでいつも6時から始まる。
ちょうど我が家の夕飯時で、あまりテレビを見ない我が子たちの楽しみの一つの番組。

英語保持や楽しみを優先させるか、夕飯時の会話を優先させるかはまた今後の課題だけれど、
(録画しておけばいいという方法がある!)
今回の『わたし』メッセージの実践は大成功。
それが少しずつ家族に広がっていけばいいな、、とおもっている。































その後、喧嘩はどうなったって?























Ask my hus!

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
2009.01.13 FB
いま、FBにはまっています。
今日は通信学習の追い込みの予定だったのに
なんだかやる気が起こらず。
その代わりにFB。






























FBとは、Face Bookのこと。
日本ではmixiというネットワーキングシステムが定着していますが
こちらは全世界のmixi版とも言えるものです。
数日前にNYから帰国していた帰国子女時代の友人達と会ったときに
改めて招待してもらいました。
一度目は、いつだったか、、引越しの最中でメールをもらっていたのに
そのままにしてしまっていました。
Mixiのときもそうだったなぁ、、。









FBもMixiと同じように友人の招待から始まります。






























早速、あれこれと検索していたら
つながるつながる。











オーストラリア時代の高校の友人は20年ぶりに。
カリフォルニア時代の末っ子が同い年だったママ友とも、
シカゴ時代の友人も、ベルギーに帰っちゃった友人も。














ただ、昔からそうなのですが
仲が良かった半分はアナログ系の友人で、
やっぱり見つからない高校時代の仲良しさんも。














英語の勉強がてらに
こちらでは英語オンリーでつづります。
最近のハイテックはすごいです、ええ。





もし、FBに入っている方がいたらお知らせくださいね☆


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
2009.01.12 教育とは?
子供達の学校が先週後半から始まり、
また日常がcome back!




今年は来月末で小学校英語教師の資格を取得し終える予定で、
残す2つの添削課題の提出の勉強も再開。
同時に、英語教室の準備や運営も始まりひさしぶりに生徒たちに会って
逆にパワーをもらいました。



ネットショップにおいては、お客様が自宅まで年明け早々来てくださって
スナックセットやキャセロールをお持ち帰りいただきました。
お気に入りのものを、
やはり同じように気に入ってもらって
大事に使ってくださっているようで、嬉しい限りです。
ネットショップといいつつ、ネットのほうはアップが追いついていないところがお恥ずかしい。
これも時間を見つけなくちゃ、、です。










冬休みの最終日は寂しく感じましたが
そんな感じで、なんとか元の生活に戻りました。



**********************
このブログを続けていくにあたって
少し考えたことがあります。
それは趣旨、一つのテーマに絞ってみようかな、ということ。
もちろん、日々の楽しかったことや自分が感じたこと、
そして、美味しいもの!!!
も紹介したいと思いますが、
根幹に流れているものを決めました。


















『教育とは?』です。






















十代の頃過ごしたオーストラリアでの7年間。
日本の大学で過ごした4年間。
その後、高校生のホームスクーラーの教師として8年間。
自分の子供達を連れて駐在でアメリカに住んだ4年間。







そしていま、またこうして故郷に戻ってきて
今の日本の小学校に出入りをして
子供達と接する機会を与えてもらった今、
改めて
『教育とは?』という視点で
書き綴ってみようと思います。



















ただし、主観的になりがちな話題ではありますが
なるべく客観的な情報も交えてそうならないようにしなくちゃね。













第1回は日米の小学校の違い。
第2回は日本の通信教育の比較 小学校編。

を考えています。








硬い話題ですが
その辺は柔らかく、楽しく、テンポよく♪
しますよ~!

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
2009.01.07 Running Buddies
週2回のRunning。
その日の体調に合わせてコースを変えますが
ショートで6km、レギュラーコースで8km走っていることが分かりました。




















ランニングですが、基本的に一人で走るのがわたしは好き。
あれこれと考えごとをしたり、外の景色を楽しんだり、無心になったり、、
自分のペースで走って汗を流すのが気持ちいい。
























まだ学校がお休みなので、今日はRunning Buddiesを引き連れていくことになりました。
runnigbuddy.jpg
長男長女は、ランニング。
末っ子は補助なし自転車で参戦です。







































みんなでストレッチをして、、、taken by 末っ子。
stretch.jpg































それともう一人、今日は待ち合わせをしていました。































一緒に小学校で英語を教えているオーストラリア人の講師Fです。
年末から何度か一緒に走ろうとお誘いを受けていたのですが
タイミングが合わずにようやく実現。

































buddy2.jpg
息子とFは途中二人でさっさと行ってしまいました。
































が、彼らはいきなり止まって休んだりしてました~~。

































邪道だ~!
わたしはコツコツ休まず走る派。
ウサギと亀ならば、わたしは亀さんなのだ~。



















一人で走るとながーーーく感じるランニングですが
今日は喋りながらだったから早く感じる。










今日は4人のRunning Buddiesとワイワイと汗を流しました。
ちょっと物足りない気がしたけど、こういうRUNもたまにはいいですね。


クリック減少中なので寂しい。ご協力をお願いします~。↓
↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
子どもを持って10年目にして初めて正月に習字の筆を取りました。









アメリカでも、すずりをすると雑念が消えて
落ち着いた気分になれる
というつわものがいました。
我が家にとっては日本の小学校で出された宿題の『書初め』が
文字通りの初めての習字体験となりました。
























今回のこだわりは、墨汁を使わずに一から墨を摺ること。
suzuri.jpg
30分以上、手が痛くなるまで長男、頑張りました。
墨汁を使わないでも墨になることを彼は知りませんでした。









































新聞紙で何度も練習してようやく出来上がった清書。
siroihato.jpg
この中の1枚を宿題として始業式の日に提出します。







































真ん中の娘も、末っ子も挑戦。
chosen.jpg
自分の名前を書いてみました。












































お習字は
静かな心で、正しい姿勢で書をしたためること。
アメリカにはない習慣です。




















母の子ども時代の習い事といったら、お習字と水泳。
お習字は小学生時代に初段の手前まで取得していました。
その後オーストラリアへ転勤してしまったために辞めてしまいましたが
子どもに教えながら、思い出すものですね。












お正月明けの
しずかなゆっくりとした時間でした。
また時折こうして家族で書をしたためたいな。
半紙はダイソーで調達しておこうっと。


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
ハンバーガーは、本場アメリカがやっぱり美味しい!
しかも、地域限定。シカゴにはない、カリフォルニアにあるあの
IN-N-OUT BURGERが。

















日本に帰ったら
モスバーガーやFreshnessバーガーなどが
きっと美味しいだろう♪と期待していましたが
あのIN-N-OUT BURGERの味ではない。
しかも高いと来てます。
一人一つバーガーを買うと400円ほど×5人分+飲み物とポテト=4000円はするでしょう、、、。
そこで、この冬休みにあの味を再現することになりました。




























自宅で。




























ハンバーグはもっぱら夫の得意料理なので
思いついたのは夫。
子どもにバーガー食べたいとせがまれて
外食するより作っちゃえ!


































出来たのがこちら。
cheese_20090105174837.jpg
チーズオニオンバーガー with fries.



























野菜たっぷりチーズオニオンバーガーwith fries.
iinout.jpg


























さすが一からハンバーグを作っただけあって
絶妙なハンバーガーでした。
しかも材料費は5人分で1000円ほどです。
家族の














美味しい♪
という声に満足そうなパパでした。
このバーガー、一番難しかったところは、、、。






























バーガーのパンを見つけることでした。
パン屋さんだけで5軒以上まわりました。
途中で諦めかけて一番似ているコーンパンを6つ購入。






スーパーも3軒回りました。
そして最後のスーパーで見つけたバーガー作成用のパン四個入りが一袋だけ。
パン探しに半日もかけることのができたのは
冬休みのおかげです♪






















家族で足を棒にして探し回った手作りバーガーは
これぞ日本のIN-N-OUT BURGER!














また食べたいな~。


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
2009.01.03 永遠の命
ヘロヘロになっていた年末から数日経ちました。
忙しくてつい、夫婦の思いやりを忘れがちな日常でしたが
こうして時間があると
お互い忙しくて余裕がなかっただけなんだ。
ということに気がつきました。
また、実家で2日ほど寝坊して食べていたらすっかりエネルギーが戻ってきました。
我ながらタフで単純な体に感謝しながら迎えた正月です。
shugo_20090103092809.jpg
5人の孫に囲まれる父↑@初詣で。
もう一人の生まれたての孫はアメリカにおります。






























お正月って、テレビも色々な番組をしていて見ごたえがあります。
テレビを観ることが余り好きではないのですが、















『さよなら、銀河鉄道999』
の映画はひさびさに見ごたえがありました。
子どもの頃に観ていた銀河鉄道999は、
色々な惑星に行って楽しそうとか、怖そうとか、
そんな単純な感想しかありませんでした。























今回気がついたこと。
この物語のテーマは
『人にとって本当の幸せとは?』
『永遠の命とは何?』

















幸せとは永遠の命を手に入れること。
一人一人がロボットになり、
100年も1000年も行き続けることだと説いている人たちの前に立ちはだかる
生身の人間テツロウ。






他の人の命を食べながら(犠牲にした上で)生きていくのは
本当の幸せではない。
と。















キャプテンハーロックが最後独り言のようにつぶやいた。






『親から子へ、子から孫へ、その孫からまた子へ
何かを伝えていく。それが本当の永遠の命だと自分は思う』と。

自分ひとりが永遠の命を追求して何万年も生きていくことではなくて
次世代に引き継いでいくことが永遠。










それはひとえに子どもを持たない人でも
生きていくうえで何かを世間に伝えていくことが出来たら、
それが永遠だということだろうとおもう。
音楽でもいい、教育でもいい、なんでもいいんだ。























さて、家族は目下箱根駅伝に熱中しております。
じいじと両親の母校の名前を子供達も呼びながらテレビの前。




















わたしは、、というと
箱根駅伝を念頭に置きつつ
今年初めてのRUNでも行ってこようと思います。








では、









今年もどうぞよろしくお願いします!

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。