上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.31 ボルドーの靴
明日はいよいよ4月に突入。
シカゴやカリフォルニアのみなさん、そちらはもう暖かいでしょうか?
こちらは思ったほど肌寒くて、
最低気温は摂氏6℃くらいで最高気温も摂氏12℃くらいです。












**************************
丸井に入っている靴屋さんで気に入った靴。
サイズが残念ながら品切れで、姉妹店でも博多店で一足あるのみ。
どうしても欲しかったので、
代金引換でわざわざ博多から取り寄せました。

bold2.jpg
ボルドーギャザーのヒール5cmの靴。


























bold.jpg
黒はよく製造しているらしいのですが
このボルドー色は、期間限定だったようです。




















ウキウキして早速履いたのですが、、、、、、、。
往復3時間の通勤で、
























足が痛い、、、、涙























店員さんにしきりに22,5cmを勧められて買ったのに、、、
(この皮は柔らかい素材なので伸びますし、
お客様の足のサイズからいうとピッタリです)


























もう一回り大きいのにすれば良かった。
帰宅してからゴルフボールをつま先に詰めて幅を広げていますが、
ほんとうに履けるようになるのでしょうか?
20000円近くの靴が~~~~!
アメリカのように返品という制度が日本ではないので
こんな失敗も泣く泣く履くしかないのでしょうか。




























仕事のほうは今週に入って大分慣れてきたのか
段々と時間が過ぎるのが早くなってきました。
なかなか定時で帰ることが出来ず、
帰ってからは一度座り込むとまだまだぐったりしております。

















でも楽しいんだけれどね~~~♪
中小企業なだけあって
いろいろなことが自分の裁量で任されている部分もあり、
一から作る事業基盤などを考えるのが楽しいです。















通勤しているオフィスは
わたしが新卒で入社した某証券会社の配属された某支店の近くなのです。
お昼タイムにお散歩がてらブラブラしていると、
よみがえる外交した町並み、住宅。
ここを曲がると、あのお客さんがいて、、、














といつの間にかタイムトリップしてしまいます。
あの頃、
14年後にまた別の仕事でこの周辺をうろうろするなんて思いも寄らなかった。
縁ってほんとうに不思議なものです。
しかも、夫の勤務先本社もこの周辺なのですよ。
いつか夫婦で同じ地域に出勤♪♪なんていうのも夢じゃないです。

























いまの事業がうまくいき始めた暁には
ランチ休憩に行こうと思うところがあります。
証券会社時代、つらい営業中にいつでもWelcomeだった大学教授のお客さんのお宅。
立ち寄って挨拶をしたいと思っています。
そういう人たちがまた近くにいると思うと
妙に安心感を感じています。

またクリックよろしくお願いします。
↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
コーチング
という言葉を聞いたことがありますか?















コーチ
というとスポーツを思い浮かべることが多いですが、
実はビジネス界でも、そして教育界でもコーチは重要な存在になってきています。















10年ほど前に、カリフォルニアへ出張し
『ラーニングサクセス(Learning Success)』
というコーチングの資格を取得しました。
(長男1歳。長女妊娠中でした、、そういえば。)

画一的でない、個々の子供の学習スタイルに合った方法で
効率よく子どもの力を伸ばすコーチング技法です。














それから10年。
述べ3,40名の高校生を細く長く担当してきましたが、
この度、この仕事に本格的に関わることになったため
『学習コーチング』という研修を改めて受けてまいりました。
週末の2日間です。





















みなさん、ティーチングとコーチングの違いはご存知でしょうか?















ティーチングは、一般的な学校で先生が子供達に『教える』こと。
コーチングは、コーチが子供達を『導く』『引き出す』『育む』こと。

















ティーチングは『結果』を重視しますが
コーチングは『プロセス』を大切にします。






















ティーチングは子供達の知識の容量『キャパ』を広げる作業で、
コーチングは、子供達が持っている知識の容量そのものを生かすようにする作業です。


















ティーチングは『人から』教えてもらいますが、
コーチングは『自分で』答えを出し行動します。


























ティーチングは『知識』を蓄えるもので
コーチングは『能力開発』です。






















またティーチングは『短期』ですが
コーチングは『長期』です。
















ティーチングは『上下関係』でなりたちますが
コーチングはあくまでも『同じ目線』、対等です。

















どちらがよいとか悪い、、ではなくて、
学校で現在行なわれている先生1に対する教室40のティーチングには
限界があり、
それをコーチングで補えるという考え方でもあります。
自分で考えて自分で行動する人間を育てるのがコーチングです。
与えられる教育に慣れてしまっては
社会に出たときにそのギャップに足踏みをしてしまうことが多いようです。



































10年ほど、職業として高校生達に行なってきましたが
改めて研修を受けると、目からうろこ。
色々な方の意見が自分の見方を変えてくれることを知りました。






















それにしても我が子のサッカーのコーチ。
コーチングを改めて勉強しなおして欲しいです。










『だめだー、ばかー何やってるんだーー!!』
では、人は育たないのですよ。
人は言われた言葉をイメージして行動してしまうそうです。
ダメだ、、といわれると、ダメな行動をする傾向があるのが人間なので、
『大丈夫だーそのままいけー!!』と声をかけることがいちコーチとしての任務。
もどかしいです。聞くに耐えない言葉がけが多いので
少年団のサッカーには全く関わらないようにしてしまっています、、、。




















2日間朝から晩までみっちりと学んだ研修ですが、
一つ救われたこと。
それは、、、






















「コーチングは親と子の関係では難しい!!」
という事実でした。

















自分の子供達が自発的に宿題や勉強をやってくれるように
『コーチング』技法を使ってみるのですが、
やっぱり親の思うように『導いてしまう』のですよね。
まずは子どもが持っている価値観などを認めた上でじっくりと考えさせたいのですが
自分の子どもとなると話が違うって訳です。
コーチも所詮我が子を目の前にすると人間なんですね。
















研修会には、わたしより若い人たちも多く参加していました。
みなさん、意識が高くて嬉しかったです!
同時に、自分がずっとやり続けてきたことが
ちゃんとした道筋を追っていたことを再確認できたので
年を取るのも悪くないな、、と思った次第です。

















******************************** 
子供達はまだ九州へ行っております。
今日で5日目ですが、その間電話がかかってきたのは一度だけ。






しかも用件は
『ママー今日のHannah MontanaはSpecialだから録画しておいて。
じゃーねーバイバイ』
でした。
さみしい~~~~!!!!





















その寂しさを打ち消すように
週末は夫もわたしも仕事でした。。。















そこで週末夜に、仕事帰りに待ち合わせをして
自然食バイキングレストラン、『野の葡萄』に
夫と2人で行ってきました。






















foods2.jpg
ずーーーっと気になっていたのですよ。このレストラン。






















50種類くらいの和風なメイン、サイド、サラダ、ドリンク、デザートが
ディナーだと1980円で食べ放題。



























foods1.jpg
豆の煮たものや、切干大根、おひたし、、、、などとにかく
野菜を中心とした素材を生かした料理がずらりと並んでいます。
ちなみにこの写真の左端は『桜炊き込みご飯』です。





















活況なレストランですが回転も早く、素材も新鮮で味付けもばっちり。





















dessert_20090329220238.jpg
デザートは一口サイズなので、色々な種類を楽しめます。












お腹がほどよく一杯になって栄養が染み渡ったところで
夫と手をつないで家に帰ってきました。















夫婦で向き合う時間がたっぷりあるのは
うれしいことだな、、と認識しながら。
















学習コーチに興味のある方は→こちらへ『学習コーチアカデミー』
公立の高校の先生もいらっしゃっていました。
わたしが英語の授業で通う地元の小学校のフレッシュマンな先生にも紹介したいと思っています!!







コーチングとは、
答えは一人一人が持っている
ということを信じること。


44位転落!
一日平均4人の方がクリックしてくれています。
自分と親と、夫と、、、あと一人のかたが。
読みに来たら、記事更新の応援してください~~!
↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.03.27 えいごクラス
春の日差しの中を昨晩に引き続きRUNしてまいりました。
24時間以内に2回も走ると普通は疲れて体が重くなるのですが、
よほど体がなまっているらしく、体が軽やかに感じられます。



















川沿いに菜の花をたくさん発見しました。
油で炒めてちょっとお醤油をたらすとおいしそうだな~
と、つい思ってしまいます。



































ウグイスも鳴いていました。
ホーホケキョが、
ヒューキュルキュルと聞こえてしまいます。

















そんな穏やかな川沿いのRUNにたっぷりと癒されました。




*********************
金曜日は勤務している方の仕事は在宅で対応する代わりに
英語クラスを続けています。
今日は学年最後のクラスとあって、ちょっと面白い企画を立ててみました。


































lesson.jpg
まずは毎レッスンごとにご家庭に配る『Today's Lesson』のニュースレター。
書くことが好きなので、
こういうお手紙類は苦になりません。

































signgame.jpg
サインゲームをやってみました。
(これは手作りです。)













What is the weather?

It is Sunny(Rainy,Snowy,Cloudy,Windy)















のやり取りの練習をゲーム仕立てで行ないました。
小学1年生と2年生の子供達の発音の良さったらびっくりします。


















What is the weather?

は、
日本人ならば、4塊に分けてはっきり言っちゃうところですが、
子供達は一塊で言い切っちゃうのです!!






















texts.jpg
来月から使い始めるOxford University Pressのテキストとワークブックです。
英語教室のフランチャイズ化も考え、説明会にまで行きましたが、
レッスンプランが自由に出来ないことなどの理由で
自分で教材を選び、自分のレッスンプランで進めることにしました。


















cd.jpg
春休み中にじっくりと聞いて欲しい英語の歌CDも作って今日はプレゼント。
習った歌も多く、分かりやすく乗りやすい音調のCDです。
長男が1歳児のときから聞いていてお気に入りでした。



















レッスン中に毎回英語の絵本を読みますが、
今月は『Apple Book』を読みました。
リンゴがどうやって実をつけてできるか、、を
3回に分けて説明。
最終日の今日はリンゴで出来た食品を絵本でたっぷりと眺めてから
いよいよ試食です。




















青リンゴ(王林)と赤リンゴを用意してあらかじめ切っておきました。
どちらが、赤で、どちらが青が、味で当ててもらうという試み。














なかなかあたらないに違いない!
と思っていたのに
一口食べて子供達は











Red apple!


とか

Green apple!

と見事に当ててくれました。






確かに歯ごたえからして違うのですが
みんなしっかりと果物を食べているんですね~。



















帰り際、新中学1年生のお姉ちゃんが
英会話を習いたいという相談を受けました。
なかなか日本人が教えている英会話のよい塾が見つからないそうです。
ちなみに外国人の先生は嫌だそうです。
親もいざ質問したいときになかなか聞けないようです。















英語クラスは、
自分で一から作り、子供達の反応がすぐに返って来ます。
そして、英語の力がどれだけついてきたか、、というのも一目瞭然。
タフな仕事ではありますが、
やりがいも同時に感じられます。















フルで働き始めたわけですが、
自分を信じてついてきてくれている英語教室の生徒さんたちは
大事に大事に育てていきたいと思っています。





ああ、1週間ぶりの英語レッスン、楽しかった!



↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
もう四月も目前だというのに
早朝から東京はちらほらと雪が降りましたね。
それでもコートや傘は持たないで出てきましたが正解でした。
雪もすぐ止んで暖かな陽が差しましたから。













オフィスワーク。
ずっと座っているのが苦痛です。
慣れてくれば来客の応対や面接のときなどに
オフィスを動き回る機会が増えると思います。
新規事業立ち上げ、、、といいつつ
姉妹校の部隊が同じ事務所で活発にあれこれとやっているのを横目に
地味で、同僚もいなくて寂しいです。
















慣れないことをするせいか
家に着くとぐったりとしてしまいます。
さすがに通勤片道1時間半は遠いですかね?
今日はとうとう帰りも新幹線を使って帰ってきました。
新幹線を使うと30分ほど移動時間が短縮されます。













30分早く帰宅したら、まだ周りが明るかったので
40分ほどRUNに行ってきました。
体が重くて嫌な疲れが溜まっていましたが
走った後は爽快になるから不思議です。
これは、もう週2回でも3回でも続けようと思ったところです。
自分の心身のメンテナンスとでもいうのでしょう。










*****************************
さて、昨日はシカゴより帰国して7ヶ月目でした。
もうすっかり生活が立ち上がっているので
シカゴに住んでいたのは遠い昔のよう。
ちなみに、フロリダのディズニーワールドに行ったのも1年ほど前なのに
もう随分昔みたいだね~
と先日子供達と話したばかりでした。

















その帰国後7ヶ月目に
子供達は義母に連れられて九州へと飛び立ちました。


















終業式が終わったあとすぐに飛行場へ向かい、
春休み10日間を過ごす予定です。
夫が早く家に戻ってきて夕方に羽田空港まで送って行ったのですが
子供達は3人ともウキウキしていて
バイバイ!
もあっけなかったようです。

















わたしは通常通りに帰宅したのですが、
しきりに夫が
『なんだか静かだね』
とか
『さみしいね~』
というのがぴんときませんでした。
















家についてどどーーっと緊張が解けたのか
疲れが押し寄せてきたからです。
















でも確かに
作る料理は2人分。
片付けも楽チンだし、
家の中も片付いたままで散らかっていないし、
洗濯物も2人分。
お風呂もわたしたちが入る頃には
普通は湯船のお湯が濁ってなくなっているのですが
綺麗で湯量もたっぷりだし、、、。
















お味噌汁に至っては
いつもの分量をつい作ってしまい、
3日間同じものを食べ続けるようになってしまいました。


















やっぱり、すこし、、、、




















いや、うんと、、、、
















さみしいっす。

















今週末は、2日ともお仕事です。
かあさん、君たちのいない間もお仕事頑張るよ。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
昨日のWBC、日本優勝。
わたしは仕事場でBossから結果を聞いて知りました。









ちまたのお弁当屋のおばちゃんも
『今日は野球観戦があるからお弁当が売れるわ~』
と言ってました。
みなさん。オフィスでPCかテレビでも見ながら食べるんでしょうね。




















夜10時半頃のテレビで試合の詳細を知りました。
イチロー、ここぞとばかりに打ったところはかっこういい。


まだまだ日本でそこそこ有名だったときに
対メジャー戦でイチローが盛んに盗塁を重ねて
メジャーのコーチ陣に自分の存在をアピールしていた試合がありました。
ひょっとしてこの選手は大物になるんじゃないか。
なんて漠然と思わせるものでした。


















夜中のニュースで改めて見た
イチローの昨日のインタビュー。












最後の打席に立つときはどんな心境でしたか?
と聞かれたイチローの答えが、妙に自分のツボにはまってしまいました。






















『いや~ほんとうは無心の境地に立っていないといけないんですけどね、
いま、めちゃくちゃ視聴率高いだろー!とか
むちゃくちゃ脚光浴びてるだろーとか
そんなことばかり考えてました。』

















実はわたしも。


















仕事場の新システム導入の会議中。
社長、Boss、システム関係者とわたしのメンバーで
新規事業代表としてどんどんと意見を聞かれ、
しかもそれがどんどんと取り入れていかれたときは
イチローと同じ心境でした。




















いま、わたしってかっこいー
と。




























おばかです。































まだまだまだまだ仕事自体は
暇なのか忙しいのか分からないくらい
ぜんぜん手ごたえありません。














でもこういうミーハーな気持ちは
イチローと同じように持っていてもいいんだな。
と変に嬉しく思った夜でした。
















では、行ってきます。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
連休3日目にして、やっとお昼寝の時間が取れ先ほど目が覚めました。
みなさん、おはよう。












一日中歩き通したディズニーシーの次の朝は
久しぶりのRUNで汗を流し、その後予定していた友人とランチをしにでかけました。
地元のお気に入りのフレンチレストランに連れて行ったわけですが、
ランチをしてその後場所を変えてスタバへ。
12時から17時まで、ノンストップで喋り倒しました。
















3人とも同じ年齢。
バックグラウンドは帰国子女。
仕事の話、事業主の話し、子育ての話し、、、、、つきないつきない。
最後にはいかに旦那を浮気させないか、、、なんていう
すごい話までしっかりと聞かされましたです。
周りはかなりひいていたとおもいます・・・・・・
しかしRUNの話には感銘を受けてくれたA子は
早速次の日から走り始めたとか。
毎日じゃなくていいんだね~
と。
そうだよ、週に一回だっていいんだよ~。
イージーで行こうぜ!

















友人達と別れたあと、
仕事着と仕事靴を探しにフラフラと。
















みなさん。
足の大きさって、改めて測ってショックだったことありませんか~~~?
























わたしはずーーーーーーっと23.3cmから24cmだと思っておりました。
















サンダルを履くとそれが






















22cmがちょうどいいです


















なんて店員さんに言われて
ひっくり返ってしまいました。




















確かにオーストラリアの現地校のときは
ベビーフィートと散々言われましたが
その当時の友人は身長175cmくらいのギャルだったので
多分彼女の足は29cmくらいあったとおもいます・・・・・
















そんなことが判明して
がーーん!となり、
靴を買いそびれてしまいました。
























*****************************

日曜日。
息子のサッカー。
6年生がこの日最後なので1年生から6年生まで集まってサッカーの蹴り納め。
その後向かったのは、



















kaijou.jpg
6年生を送る会でした。























親のお手伝いはボランティア。
少年団サッカーに関しては
週末は用事が多くて何かとお手伝いができなかったので
今回は準備をしてきました。























yum.jpg
テーブルはこんな風に食べ物で盛り付けられました。























この少年団は、
息子の通っている学校の子供達が大半でして、
主役6年生達も英語クラスでお馴染みなんですね。






















なんで英語の先生がここにいるの~~~!!


















と散々言われて











そろそろ潮時だと判断。
そのまま家に戻ってきました。

















そして仕事をしていたら睡魔が。
お昼寝に至ったわけです。
すっかりリフレッシュしたlong weekendでした。

















さて、明日から仕事2週目。
天気が春の嵐模様ですが
明日までには治まっているといいな、、と思います。


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
真ん中の娘が誕生日を迎えるに当たって、
バースデーパーティーをしよう!
という方向で年明けから随分と調整していました。










日本でバースデーパーティーをするのは
あまり聞いたことがありませんよね?
第一ホームパーティーだと、家のスペースに限界があります。
娘の呼びたい人数は10人くらいだったのですが、
家では難しい。
アメリカのようにバースデーパーティー施設がなく、
あってもレストランで飲食中心になってしまいます。
それじゃ、面白くない。



実際に呼んだとしても
クラスのお友達10名ですから、
呼ばれないお友達への懸念もあり、
それならば、代わりに、、、、、























『東京ディズニーランドへ家族で行こう♪♪』

























という案で落ち着きました。
実際に、アメリカではバースデーパーティーに300ドルくらいかかるわけで、
投資効果としては、TDLでも同じなわけです。

























前日まで、TDLにしよう、、と話していたのですが
アメリカにはない、ディズニーシーに興味が出て
出発当日に調べてみると中々良さそう。



















TDLとディズニーシーの違い
と入力して検索するとたくさん出てきますが、
まず、入場者数が違うらしいです。
3連休の一日目だから、相当の混雑は覚悟の上でしたが。





















前日、深夜帰宅した夫も、
仕事のあとに自宅英語クラスの振替授業を行なったわたしも!
みんな6時には起床して、
家事はぜーーんぶおいておいて、7時には出発!
目指すは東京ディズニーシーへ。





























sea.jpg
この日の天気予報は午前中は雨だったんですよ~。




































子供達にはレインコートを。わたしたちは傘を片手に
入園と同時に到着。
はっきりいって、ずぶ濡れでした 涙



























それでも人気のディズニー系施設とあって、
地方からの方がたくさんいらしていました~。
(言葉が東京弁以外の人が多かった。)











Fast Passを取れるだけとって
乗り物へ。
そうこうしているうちに晴れ間が見えてきました。
show.jpg



































parade.jpg
シーというだけあって、テーマは『海』
パレードの代わりに会場のショーがみられます。




























午前中は足が濡れてなんとも悲しい気分でしたが
Fast Passでとってやっと乗れた
Center of the Earthで
きゃーきゃーと楽しく笑っていた真ん中の娘の顔を見て
夫は、心から『来てよかった♪』と思ったそうです。























greeting.jpg
ここではキャラクターのグリーティングがあまりなくて、
我が家は一箇所。
リトルマーメイドのArielと会いました。
フロリダで買ったサイン帳を持って撮影♪
このAriel、アメリカ人でした~。


























cannon.jpg
外では大砲の模型があり、線を引っ張ると
煙と音が出てビックリ!
子供達は楽しそうに何度も遊んでいました。


























mermaid.jpg
海底の国、マーメディアは小さい子ども向けですが
家族も十分楽しめました。
そういえば、園内ではいろいろなフレーバーのポップコーンを販売していて
それが人気でした。
例えば、チョコレート、カプチーノ、ストロベリー、キャラメル、ブラックペッパーなどなど。
それを専用のバケツ型容器に入れて首から提げます。
フレーバーは場所によって違うので要チェックです!
うちは、キャラメル味をトライしました。






































norimono.jpg
いろいろな乗り物に乗っていると
いつの間にか閉館時間10時に。



























攻略本もかわずに、下調べする時間もなく、
ほとんど行き当たりバッタリでしたが
楽しめました。
子供達はホテルにお泊りして数日間楽しみたかったようですが、







日本のホテルは一部屋当たりの代金でなくて
一人当たりの代金が必要です。
家族5人で一部屋泊まると、すごいことに。























日帰りでも片道1時間で十分行ける距離でした。
到着したのは深夜近く。
子供はもちろん熟睡。






















遊びつかれて寝た子供を見て
夫婦で満足感にひたりました。


















わたしも、今週1週間は働き始めて
子どもと接する時間が短かったわけですが
それだからこそ、接している時間には余裕を持って受け入れることができて
新鮮で可愛く感じました。
特に真ん中の娘は、
お土産を探しに閉館1時間ほど前からずっとショップめぐりをしまして、、、。

















いつもならば
『もう~みんな疲れているし、待っているし、夜も遅いから、いい加減にして!』
とイライラしてしまうのでしょうが、
なぜか昨日はとことん娘に2人きりで付き合ってあげる余裕がありました。





















そうそう、わたしが購入した自分へのお土産は、、、、、。
































cushion.jpg
ずっと座っているオフィスワークを少しでも快適に♪♪
ということで、
月曜日に会社に持って行こうと思っています!!
お尻に優しいクッションです 笑
Yukko、元気?


今でも血液型で性格が決まると思い込んでいますか?本気でB型はマイペースだと言っていたYukkoがなつかしいです。

Yukkoが「もっと私に興味を持ってくれる人と付き合う」と言い捨てて別れたあの日から、もう21年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。Yukkoに名前が似てる犬がいて、ふとなつかしくなったから、たまには思いついたままに何か書いてみようと思っただけ。ふふ。

今思うと、うちらの恋愛ってひどかったなぁと思います(汗)。あのころおれはわりと嫉妬深くて、男子とよく話すYukkoにいつも文句を言っていたけれど、Yukkoは平気で「だったら女子に頼んでおくから自由に話せばいいでしょ」とおれに言い返していましたね。Yukkoの言うことはいつも正論すぎて、黙らされたのをよく覚えています。

確かあのとき、Yukkoにとってはおれが初彼氏だったかな?そうだったからか、最初のころのYukkoは自信なさげでしたね。「私左側を歩いたほうがいい?」「手より腕を掴んだほうがいい?」とか聞いてきて、少し面倒でした(笑)

付き合い始めのころ、Yukkoは平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。あまりの強気(意地っぱり)に唖然としたけど、その気持ちは嬉しかったものです。今でもその話は有効なのでしょうか。

恋愛を総括して言えば、きっとおれはYukkoと付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうなYukkoと付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれはYukkoのことがそれでも好きでした。これからもYukkoらしくいられるよう、それと、そろそろゴキブリを素手で殺すのはやめて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. うちに黒魔術の本を忘れていったよね?そのまま持っているので返します。






********************
これ、自分の恋愛感に関する診断サイトからの引用です。
初恋の人からの手紙
でやってみました。

果たしてわたしの初恋の人って誰だろう?と考えてしまいました。
昔は気が多いほうだったので、いつも『好きな人』が多数いた覚えがあります 汗

正直、これがあたっているかどうかは分かりません、、。
仕事帰りで疲れた頭で設問に答えたので。
半分半分ってところでしょうか。

それにしても、こういう息抜きサイトは楽しいですね~

次の日への活力です!

オフィスワークですっかり疲れた頭を柔らかくほぐしてくれます。
体と頭の疲れ具合のバランスが取れないので
久しぶりにヨガをしてみました。
ぐっすりと眠れましたよ~♪

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.03.18 新幹線通勤。
朝の通勤は、ラッシュを避けるために始発に乗り、
途中の駅で下車。
目指すは、、、、






























noriba.jpg




















スーツを着てカツカツと歩いているのに
新幹線の写真を撮っちゃうおのぼりさんみたいなわたし。
nozomi.jpg
皆様のためにですよ~~~~!!!

























ということにしておきます(^^;



















新幹線のおかげで
新聞を広げて読めるし、
自分のスペースを確保できるし、座れるし。
ランチ一回分をお弁当持参に変えたと思えば、なんとかなる!!














******************
仕事2日目は、真ん中の娘の8歳のバースデーでもありました☆















義母が娘を連れてデパートで美味しいケーキを一緒に買って来ていました。
cake_20090317220158.jpg
選ぶのに時間がかかってピアノのレッスンに遅刻したそうです。
先生からお怒りの留守電が入っておりましたが(遅刻常習犯なので、、)
Taxiまで使って帰ってきた義母と子供達。
バースデーはスペシャルなんですよーーー。ね?
母親としては大目にみました。























夜はお寿司と、娘希望のピザをオーダーし、
suchi.jpg




























pizza.jpg
すっかりと親子共々甘えさせてもらっています。






























末っ子に至っては、もう早帰りが始まりました。
お昼を食べないで帰ってきます。



















長男ですが、
働き始めるとアナウンスしてから様子が変わりました。
朝ごはん時に
みんなの分のご飯やお味噌汁をよそってくれたり、
とても積極的に協力してくれるのです。
母、ただただ感激です。
こうも子どもがしっかりするとは思いませんでした。
・・・最も下の二人は、
義母に甘えっぱなしで既に春休みモードですが。










それにしても、真ん中の娘がいよいよ8歳。
ほんとうに大きくなったなぁ~~と思います。
あ、でもうちにはまだ手のかかる四歳児がおりました 汗

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
出社第一日目。
無事に過ぎました。
フルタイムですが
16時には会社を出られる契約なので、17時半には自宅に戻ってきました。
通勤時間が1時間半って長すぎます 涙
短縮するためにある方法を使うのですが、画像が撮れ次第紹介します むふふ。


















駅からチャリをすっ飛ばして家に戻りますと、
九州から義母が既に来ていて子どもを見ていてくれました。
助かります~。























心を込めて作ったディナーは
焼き鮭、大根とワカメの味噌汁、ほうれん草の白和え、ナスとピーマンの味噌炒め
などなどでございます。




















約束通りに寝る前に読み聞かせをしようと思っていたら、
こどもたちったら、おばあちゃまを囲んでワイワイと寝てしまいました。


















**************************
仕事はですね、久しぶりという感じがしませんでした。
もっとも、この会社が立ち上がった1999年から細くながーくお付き合いをしているわけなのですが、
疲れを感じないのは、まだまだ緊張しているんですかねぇ。




















一応、わたしの肩書き・タイトルは『教務主任』ということになりました。
今日は早速挨拶や仕事の引継ぎ、そして新しく担当を始めた学生との面談などなど。
慌しく過ぎていきました。
















そんな中、ビックサプライズが。

















シカゴにいたときに偶然再会したこの仕事関係の男性が
なんと日本に出張に来ていて、当オフィスに来ていたのです~。
シカゴを離れて以来、7ヶ月ぶりのご対面です。











『元気そうだね。シカゴにいたときはガリガリだったけれど、
健康そうになったじゃない♪』
















と開口一番言われました。
嬉しかったです。
RUNのおかげで体力がついたって訳でしょうか。
年末にアメリカから戻ってきた親にも同じことを言われました。
日本に戻ってきて元気になったね、、。と。
そうかな~?
性分的にはあちらの方が合っている気がするのですがね。




















その後社長と、新学院長と、その男性と、4人で近くのアメリカンクラブで
ビジネスランチをしました。



















敷地に一歩足を踏み入れると
そこはアメリカーーーン♪な世界で、
セレブな奥様やアメリケ人ビジネスマンがお食事をしておりました。
ウエイターウエイトレスはもちろん、アメリカ人で全部英語です。



















ここで日本に帰ってきて初めてレストランで
’Decafe Coffee please!’(カフェインレスコーヒーくださいまし)
が受け入れられました。
当たり前のように、OK-!
と、カフェインレスのコーヒーを運んで来てもらったときは心の底からうれしかったです。
その後のひと仕事は精が出ましたですよ。



















さて。
16時に退社というのは名目上で、
もちろん在宅お仕事時間もあるので、
フルタイムな訳です。
夜も頑張ってのんびり働きます。















今日はいよいよ朝一から出勤。
東京のラッシュアワーに目を回して倒れていたら笑ってやってください。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
あーたーらしい、朝が来た、きぼーーうのあーさーだ♪









と、ずっとこのラジオ体操第2番の曲が頭を流れております。
いよいよ今日は出勤日です。





























週末に購入したこれや、
coat.jpg




















あれを履いて、
kutu.jpg

















行ってきまっす!






















子供の方は、義母が1週間来てくれることになりました。
その後終業式当日に一緒に子供達は九州に飛びます。
春休みをあちらで過ごして、帰ってきます。
しばらくは、仕事に集中できそうです!






















働くにあたって子どもに誓ったこと。

・毎日Bed Timeの本の読み聞かせは続ける。
・週末は、必ず家族5人揃ってモノポリーをする時間を作る。













自分の中で決めたこと。

・上履きは必ず週末に洗ってあげる。








これはちゃんと心に刻んで、
さぁ、出勤です~。

いってきますー!

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.03.14 maintenance day
台風やハリケーンのような暴風雨で迎えた週末でした。
雨戸の激しく叩きつけられるような音で
6時前には目が覚めてしまいました。
今日は、待ちに待ったメンテナンスデー♪

















まずは、家事も、食品の買出しも夫が起きる前から全て9時半までには終わらせました。
それから、子どもをお願いして
街ブラへ♪
息子はサッカーの試合へ。



















街ブラ、、では、
今回の仕事を機に欲しかったあれやこれやをじっくりと見て回ることができました。
途中でアフタヌーンティーで一人ランチ♪




















雑誌に出ていたようなオシャレで履きやすい靴や
トレンチコート。
目移りがしてなかなか買えなかったバック類。














今日は時間切れとなってしまいました。












********************
途中、サッカーの試合をしている息子を拾って
家族で向かったのは、、、、、。
















その前に、みなさま。


歯のお手入れが寿命や疾患とふかーい関係があることをご存知ですか?









80代以上になると、ほぼ全員が歯周病にかかっているそうですが、
この歯周病というのが、心臓系、血管系、肺炎系の一因となることが分かっています。
まぁ、それほど先のことを心配しているわけではありませんが
アメリカでしっかりと歯医者に定期的に通う習慣をつけられた我が家は、
そろそろ歯のメンテナンスをしたいとおもっていました。



































日本に帰ったらぜーーーーったいに通おうと思っていた歯医者さん。




















それは、『たまぷらーざ』にある歯医者さん






















学生時代に一緒に沖縄離島にキャンプに行った仲間が、開業している歯科医院です。
あの頃の真っ黒に焼けたサバイバルでおばかな様子しか頭にないわけなので
院長先生となった友人に会うのは変な感じでした。

















一ヶ月前から予約しておいて、
丁寧に5人とも診ていただいて、
見つけた虫歯もしっかりと治してもらいました。
ママの知り合いの先生♪ということで
子供達も夫もリラックスし、
安心して診察が出来ました。
定期的に学会なども出て、最新医療も取り入れているお医者様です。

















無事に歯も見てもらって綺麗にクリーニングしてもらって、万事OK!



















こんな風な友人との再会もいいな~















と思いながら帰途についたのでした。
家族が心身ともにメンテナンスをしっかり出来た一日でした☆

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
ただいまです~。

今年度の仕事納めでした。
小学校の英語の授業です。



















今日の給食は、『バイキング』だとガイジン講師Fから聞かされていました。
バイキングだから、チケットもあるよ、、と。
何のことだろう?と思っていたら




















6年生の卒業おめでとう特別ランチバイキングに招待♪♪















いただいたのでした。



















ちなみに『バイキング』とは和製英語。
アメリカでは『buffet』。
オーストラリアでは『Smorgasbord』とか
『all you can eat』といいます。
Smorgasbordという言い方、とっても懐かしくないですか~?>オーストラリアから帰国された方。












大きな一階のランチルームで
6年生のとあるクラスと一緒に
校長先生、理科の先生、図工の先生とそして英語教師のFとわたしが特別ゲストとして招かれました。


















屋台風の出店には
『フランクフルト』『焼きソバ』『焼きイカ』『ジャガバター』、そして
























『バナナチョコ』がありまして、
チケットと交換することになっていました。


















ついたテーブルには通常メニューの
キムチチャーハンと、中華スープにいよかんまでありまして、
それはそれは豪華な、とても240円とは思えないお食事でした♪♪





















akisoba.jpg
ちょっと本格的でしょう~♪

















6年生は、英語授業数が一番多かったので
顔を全員覚えてしまいました。
卒業まであと6日だそうですが、
卒業式の練習をしていても実感がわかないそうです。
みんな明るく、やっぱり開放感に溢れていました。
















わたしの一生の中で心に残っている卒業式は
大学の卒業式と
中学校三年生の時の日本人学校の卒業式。

日本人学校はなんせ人数の少ない中でしたので、
6年生からずっと一緒だった仲間達はもう空気のような存在で
高校進学のために日本全国に散らばる仲間と別れるのが寂しかった。
わたしは受験をしたものの日本の高校進学ではなく
オーストラリアに残って現地の高校へ進むことを決意していました。





















昔からなのですが、
悲しいときに泣くのがとても苦手です。
強く育てられてきたなのかもしれません。
涙が出てこないのです。














でも卒業してからしばらくしてから
実感が湧き、自室でこっそりと涙したような覚えがあります。











みんな、ほんとうに卒業おめでとう!!



↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.03.12 29歳
今日は、最後の平日ののんびりデー。
働くことを決めたものの、
やっぱりこういう時間が取れなくなるのはちょっぴり寂しくなります。
平日RUNも今日でおしまい。
来週からは週末オンリーだわん。
RUNのおかげで、体力もしっかりついた!
3輪自転車で走っているおばちゃんをRUNで抜かせたときは
嬉しかったよ~。いつもいろいろな人に抜かされてばかりいたから 笑




今日はお日様を一杯浴びて味わいながら走りたいと思います。

















********************
さて、昨日はイレギュラーの英語の日でした。
6年生のあるクラスは昨日が最後の英語のクラス。
2学期教え始めたときと比べて、
背の高さが違うんですよ~みんな。
そろそろ卒業ともあって、どことなく明るく、開放感溢れるクラスでした。
最後の英語の授業です。Today is the last English lesson.
と言った時は、感きまわりそうになっちゃったけれど
こんないち英語の教師ですら感激しているんだもの。
担任の先生の寂しい・感激度は計り知れないでしょうね。

















Yukko先生って何歳なの?
ガイジン英語教師Fは彼氏なの?














何度も何度も色々な子供達から聞かれた質問です。

















始めは嬉しかったのが本音ですが、
そろそろもっと落ち着いた女性に見られたいと思うようになりました。















それでも、昨日6年生に『29歳!』
と言われたときは

『当たり~大正解!』
とかわしてしまいました。















あまりにもわたしがFの彼女といわれることにFもイライラしているらしく、
なぜ日本人は結婚指輪をしないんだ!!!




と怒られましたです。















だって、だーりんがしてくれないんだもん~。
だーりんは、指輪が入らなくなっちゃったそうですし。

















今後は、
社会復帰するわけですし、
若さを強調するよりも
子持ちのMatureな人間を目指そう。











まずは、しっかり食べて寝ることかな???


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.03.11 陽だまりの猫
我が家の庭は、
ご近所の野良猫ちゃんの猫道になっています。
















時折落ちている”落し物”には困っちゃいますが、
庭先のウッドデッキでこんな風にしている姿を見ると
朝から心が和みます。
neow1.jpg
このテーブル。暖かいんでしょうねぇ。









































neow2.jpg
近くに寄って撮影したら、カメラ目線





























実は、わたしったら強度の猫アレルギーなんです。





















さかのぼるは高校時代。
オーストラリアのホームステイ先が家で猫を飼っていまして、
家の人が陽当たりのよいわたしの部屋のドアを開けて
いつもベットの上でひなたぼっこをさせていたのです。





















なんだか、家に来て喉は痒いし、
鼻水は止まらないし、
目は痒いし、、、。















ベットの上に毛が散乱しているのを発見したときにはショックでした。
家人は『YukkoはひどいHay Fever(花粉症)なのね~』と笑っていましたが
わたしには死活問題でした。
作ってもらっていたランチ。
今思えばありがたいのですが
その当時は、パンの生地に猫の毛が入っていたり、
サンドイッチの間にも毛が入っていると
食欲減退していました。
ああ、、つらい日だったなぁ。。。






















そんなわけでわたしの猫アレルギー暦は長いのですが、
弟夫婦が猫を飼い始め、
同じようなアレルギー体質の弟だって大丈夫の様子を見て、
また、子供達が猫と遊んでいる様子を見て、
次第に猫ちゃんに親近感を覚えていきました。
















それで、今日に至ります。








暖かい我が家のウッドデッキの上に来て
思う存分日向ぼっこをしてくれる猫ちゃん達。
そんな姿に癒されるようになりました。

さて、これから小学校へ出勤。イレギュラー英語授業の日です。
給食メニューをチェックして、さぁ。
猫ちゃん、行ってきますね~。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.03.09 一人ランチ。
いよいよ通勤開始まであと1週間となりました。
既にこの1週間は小学校のALTが2日入っていたり、
アンティークの出荷や、英語クラスの準備などでスケジュールが詰まってきているのですが
今日は自分のための時間をあえて作りました。



























育児も、
House Wifeも、
これから働くことも、
自分が何かを人にしてあげる行為です。
そのバランスを取るために
時折自分が他人に何かをしてもらうことは大切なのだそうです。
美容院へ行ったり、
マッサージに行ったり。














そんなこともあって、
長女を出産後からお願いしている美容院へ。
雑誌取材の前に探して
髪の毛を切ってもらったことがきっかけで、在米中も帰国のたびに通っていました。
さっぱりとヘヤカット。




























その後はお気に入りのカフェ、マカロニマーケット
latatou.jpg
ラタトゥユサンドをいただきました。
これにドリンクとコーンスープがついていて1000円。
















渡米前に5年ほど住んで慣れた土地なので
勝手が分かっている街を気持ちよくぶらぶらと。






















こんなものを買っちゃいました。



































suitou.jpg
保温・保冷機能付きの水筒2つ。
通勤のお供です。
人間の体は十分に水分を補給したほうがよろしいようなので。
どちらを持っていくかは検討中。












































zassi.jpg
美容院で読んでいたら『これだ!』と欲しくなった雑誌、「DOMANI」。
働く女性のファッションを最近研究していたんですよ。
ネットや立ち読みで。
わたしの持っている仕事着といえば、金融機関時代のスーツが6着ほど。
ちょっとお堅い感じなんですね。
もう~この雑誌の表題にやられてしまいました。
いま、バッグや靴も平行して探しています。
こういう準備も中々楽しんでいます。





































そういえばこちらは、
ipod.jpg
夫が、復職・就職記念にとオーダーしてくれたソニーのMP3。
CDが100枚分も入るそうで、
お気に入りのCDやビジネス英語などを片っ端から入れてもらっちゃってます。
ここまでながーい間辛抱強くサポートしてくれた夫と家族に感謝の気持ちで一杯。




























それと、今日いよいよ揃いました。
sinsei.jpg
小学校英語教師の資格申請書類一式。
先週のうちに小学校の校長先生から記名捺印してもらい、
申請書願書を裏表と書き込み、
児童英語教師の修了証明書が届き、
本日、審査料を振り込んで、
証明写真を撮って、
やっとできあがりました。












修了証明書には成績がついているのですが、
思っていたより評価がよくて安心しました。
最後のレッスンプランでAを獲得できたのも嬉しかった。
















子供達の放課後や春休みですが、
サポートを取り付けることができて安心して働く準備が整いました。
行政が支援しているファミリーサポートも
自宅近くに住んでいて、
我が家で子どもを見ていただける方にめぐり合えました。
しかも、とっても品の良い元気なおばあちゃまで心強いです。
これから、あと2つのベビーシッター派遣会社に登録・入会をして
いざというときのサポート体制も整えつつあります。















そんな話を美容院でしていたら、切っていた店長さんに言われました。
「働く環境を整えたりすることやいろいろと大変だけれど、
旦那さんがよく働くことを許してくれたね。」と。
『まー家に居れない性格だってよく知っているからだろうけれど』。














それはそうなんだけれど、、。
それとね。
夫曰く。
















『Yukkoがここまで元気になって外に出て夢をかなえようとしている姿は
ほんとうに嬉しい』














そうです。









そういう風に感じてくれている人が傍にいてくれて
ほんとうによかった。
と思っているところです。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
3月に入ってやっと東京にも積雪です。
snow.jpg
スノーブーツ出して、
スノー手袋はめて、
スノーパンツはいて♪♪















・・・の前に溶けちゃうのでしょうが、
冬の雰囲気だけでも味わうことができます。
今日はこれからこの雪の中RUN RUNへ♪♪














****************************
年度末ということで
あちらこちらからボランティアヘルプの声がかかっています。
幼稚園の先生達に作るアルバム作り、、は
最近、教材の手作りにはまっているわたしとしては
アイデアをたくさん頂くことができました~~。
ハート型や桜型のパンチやぎざぎざハサミなど、可愛いものがたくさんあるのですね!!















まだ2年生の全クラス読みきっていない『The Very Hungry Caterpillar』も
二日前に依頼を頂きまして、行ってまいりました。
英語の絵本の読み聞かせは、朝早いですが
来年度も出勤前に可能であれば続けられたらと思っています。


















この日読んだのは2年生のとあるクラス。
これで5クラス目ですが、まずもう一人の方が先に読み始めました。
クラスの様子をみて、びっくり。





















誰一人として話を聞こうとする子供がいませんでした。






















このようなクラスは初めてです。
大抵の場合は一人や二人そういう子がいても大半の子供は声を掛け合ったり
大人の指示があるとちゃんと前に座りに来るからです。

















続いて、わたしの英語の絵本。
絵本を目の前にすると大抵
『その本を知っている!』
『読んだことある!』
『英語なんだ!』

と食いつきが良いわけですが、
このクラスは英語で読み始めると
くすくすと笑いが起こる始末、、、。



















腹をくくって読むのを途中で止めました。



















止めると、





















おや?













という顔をする子供達。






















『今日朝早くからここに2人のお母さんが来ました。
みんなに本を読んで聞いて欲しいから頑張ってきました。
でも、みんなはくすくす笑います。
聞いていません。
こういう様子を見て、いま、わたしはどういう気持ちだと思いますか?』
















そう、言いました。


















『嬉しい気持ち』



















というある男の子。まだ突っ張っています。



























『いえ、うれしくありません。とっても悲しいです。
こういう状態では本は読めません。』


















そういいました。


















そこから子供達が態度を改めて聞いてくれましたが、
正直心の中はもやもやだらけでした。
担任の先生は、最後にいらっしゃったので状況を知りません。



















最後に日直さんの号令でみんなが挨拶をしてくれるときに、
普通ならば、さようなら、、と帰るところですが、
また一言、いいました。























『今日の本読みでみんなはちゃんと聞いてくれなくて大人は2人ともとても悲しい気持ちです。
次からはちゃんと聞くことができるかな?できる人??』












一斉にみんながはーーーい!

と手を挙げました。




















もう一人のお母さんもかなりご立腹しておりました。
廊下に出ると慌てて担任の先生が出てきました。
何かありましたか?
と先生。










わたしが口を開く前に
そのお母さんが、このクラスはいつも大人を馬鹿にした態度をとっていて
話を聞かないことを説明していました。


















先生曰く、
このクラスの子供達は頭がとっても良いそうです。
(点数が良いということ??)
だから、点数が良いからそれが全てで他の人の気持ちを考えることができないと
おっしゃっていました。

















先生も産休の代替わりで2学期からいらした可愛いらしい優しい先生のようです。

















他の大人からもどんどん、言って下さい!!

と先生に言われました。



















2年生ってまだ純粋で可愛い時期だと思いこんでいたわたしは
朝からとっても悲しい気持ちになりました。












もし、総合科目のボランティア募集があるときには
『人の気持ちを考えて行動しよう講座』をしてみたいな、
とおもいました。




かくいう大人のわたしも中々完全には相手の気持ちに立って行動することが難しいので
永遠のテーマではありますが
そのことを意識として知っておくのは重要。





寂しい今年度最後の読み聞かせボランティアでした。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
おはようございます!みなさま。

定期的に読みに来てくださっている皆様も、
ランキングや検索で来てくださる皆様も、
今日の記事の題名『日本の母親の社会進出への壁』に何らかの思いを抱いて
来てくださっている方が多いと思います。















ビジネス立ち上げに向けていよいよ始動するために
わたしが一番懸念しているのはもちろん、子ども3人のことです。

















日本では、『子供は自分たちでお留守番させればいい』
という風習や習慣が残っているようですが、
それは大人の都合かな、と思います。

では、具体的にどういうサポートを家庭として取り付けることが出来るか、、
ということを調べているのですが、
調べれば調べるほど、
困惑しています。










ほんとうに日本は少子化で困っている社会なのかな?















と誰かに尋ねたいくらい
母親の社会進出への制度や支援が整っていません。
『女性』の社会進出ではなくて
ここでは、あえて『母親』に的を絞って書きたいと思います。
















先日日経新聞の夕刊でも特集が組まれていました。
不況で家庭一人だけの収入だけでは難しいので
共働きが増えている。
結果、保育園の待機児はうなぎのぼり。










わたしも帰国してから
末っ子をすぐに保育所に預けたいと思いました。
理由は、働くことをおいておいても
自分が日本に馴染むためにもいろいろな立ち上げに時間が必要だったからです。
精神的、体力的に、、です。














お役所を真っ先に尋ねたら
『今月の募集選考は締め切られました。来月の選考まで1ヵ月待ってください。
ただ、1ヵ月待ったところで、空きがないと入れません』
とのことでした。
しかも、、、、ですよ。
保育所はフルタイムで働いていないと入りづらいのですよ。
あれこれと多忙な母親がどうしてフルタイムでないといけないのでしょうか??
パートタイムじゃ、だめなのでしょうか?
もっといえば、精神的に体力的に余裕がないから、保育園にお願いしたい、
じゃだめなのでしょうか??




















そこで、延長保育のある、理解のある幼稚園にめぐり合えて入園できたわけです。
これはほんとうに感謝です。
帰国して1週間後には末っ子は通い始めていました。
今も毎日楽しく、幼稚園大好き!です。


















この度、フルで働くにあたって末っ子の処遇をまず考えました。
理解のある幼稚園、、なのですが、所詮は幼稚園。
イベントのあるときは前日は早帰り、やお休みがあります。
延長保育は5時まで200円ですが、
保育所のようにおやつやお昼寝がないため、
子どもにかかるストレスは大きいと思われます。





















小学校に通う2人は学童が考えられますが、
我が子たちの通う学童は、校内にありません。
子供達が自分たちで15分ほど歩いて行きます。
そこは他の小学校と合同学童です。
しかも、3年生までしか学童は預かってもらえません。
4年生以上は、放課後は大人の存在は必要じゃないのでしょうか??




















では、保育所には入れなかった場合、学童を利用しない場合に
どんなサポートがあるか、、と
前述の夕刊は選択肢が書いてありました。
私達夫婦が、探しているものと同じようなものが載っていました。
そのメリットデメリットも。

















シルバー人材。60歳の地域の方が登録してあらゆる仕事を行ないます。
時給800円くらいで利用しやすいのですが、
他に大人が居ないと、シルバー人材は子どもを見ることが出来ません。
つまり働いている親の代わりにいろいろとすることは業務として想定していない、ということです。
















ファミリーサポート。
地域の登録している家庭に子供達が自分たちで放課後お邪魔します。
母親が帰ってくるまで、そこで子供達を預かってもらいます。
一人当たり時給800円ほど。3人だと割引もありますが、1600円ほど。
よほど近くでないと子供達には難しく、
また他の家庭で何時間も待つのは、、、、どうでしょうか???
習い事はどうするの?




・・・それでも有望なプランの一つがこれです。

















ベビーシッターサービス。
家に来てくれるので母親にとっては一番助かります。
子どもにとっても環境が変わるわけではないので、ストレスが少ないと思われます。
ただ、ベビーシッターは家事をしません。
習い事の送迎もできません。(車利用や自転車利用のため。)
もう、手のかからない子どもで、
上の2人は出たり入ったりするだけなので
実質末っ子だけ見てもらうことになるのですが、契約は子ども3人になります。
しかも、末っ子はお昼寝します。
その場合でも
時給3人分で3500円ほど。2時間からの利用なので
一日2時間居ていただくだけで7000円。
週4日お願いすると、1週間28000円。
1ヶ月で少なく見積もって120000円。



夕刊の計算では月額24万円と書いてありました。

















いったい、『働こう』と決めた女性は
いくらの収入がないといけないのでしょうか?
どの制度も、『サービスを提供する側の都合』が優先されています。
家で、子どもを見て欲しいのです。
習い事などの送り迎えをして、家事もできたら少しはお手伝いしてもらえたら助かるのです。
・・・悲しいかな。そんな人材は『親』以外にはいないようです。
























ラッキーな家庭は、自分の親が手伝いに来てくれるでしょう。
でも、団塊世代で核家族に慣れた親の多くは



『自分たちも核家族で誰の助けも借りないで子どもを育ててきた。
貴方達もそうするべきだ』






と思うでしょう。実際にそういう声を読んだり聞いたことがあります。








核家族の始めの世代の方たち。
年老いた自分たちの親は自分たちの兄弟に任せているのならば
そこは割り切って、次世代の担い手のお手伝いをして欲しいものです。
それがCircle of lifeではないでしょうか?
















結果的に働こうと決めた女性は
色々と考えて、お役所に通って親族にも相談したけれど、
何を頼むのも高いし、断られるし、だったら自分が全部引き受けようと思うので
夫の扶養範囲内(月額8万円ほど)で
『のんびり』と働くことが一番の選択肢
となってしまいます。
結局、働く決意をした女性が一番大変になります。
仕事をするだけでも大変なのに、環境を整えるのが一苦労なのです。

ここまでエネルギーのない場合は
『結局わたしが働かない方が家族も幸せなんだわ。誰に責められることも、気兼ねすることも、ないし。しかも子供達も安心するし』となることもあると思います。まさに自己犠牲ですよね。














フランスは子どもが3人以上いると公共機関が格安になるそうです。
2人居るならば、3人いないと、損!
と思わせるような制度だとか。














アメリカは、ベビーシッターが当たり前のように利用されています。
利用目的はもちろん、働いている間見て欲しい、、ということだけでなく、
親が人間としてゆとりを持つことだって許されます。
保育所だって、お金さえ払えば
働いていようが、働いていなくても、快く見てくれます。
















日本の現状を見て、
子どもなんて持ちたくない!
と思ってしまう女性が多いのも分かる気がします。
社会の制度自体が女性に優しくない。
子持ちの男性に優しくない。
















そこで、提案です。
企業は子持ちの家庭一人当たり100万円年収を上乗せします。
(消費活動が活発になって経済に優しいですね)
政府は、その試みを行なっている企業に法人税を安くして、
さらにその100万円の半分を補助します。














ベビーシッターは社会人や元保育士の、高いコスト人材だけでなく
高校生や中学生、大学生まで間口を広げます。
高校や中学から『総合科目』として
子育て講座をどんどんと取り入れ、
アルバイトができるような仕組みを作るのです。












学業も大切ですが、
次の世代をになう子どもに早いうちから慣れていくことはもっと大切です。
だって、子どもが居なくなったら、
この社会、成り立たなくなるんですから。

















以上、かなり主観的な立場からものを申しました。
色々な立場の方がいるのも理解していまして、
その全てを否定しません。
また地域によっても実情はぜんぜん違うと思います。







今回は我が家のケースと実情に照らし合わせて書いてみました。





少子化といわれて久しいですよね。
その中で、唯一行なわれていて、恩恵を受けつつあるのが
3歳児までは無料の医療くらいなのは、悲しい限りです。
それ以上の年齢は所得制限がありまして、
所得の額だけで判断されてしまうのはなんとも悲しい限りです。
だって、家庭の収入が同じでも子どもが10人いる家庭と1人の家庭では
支出がぜんぜん違いますからね、、、一人と2人だって、もちろん、2人と3人だって
ぜんぜん違います、、。





自分の娘や息子が大人になったときには
もっともっと子育て支援制度が根付いている社会になっているといいなぁ。
そんなことを思いながら

『就任の日』まで家の環境作りに精を出しているところでございます。





↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。