上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨がざあざあと降り続く連日。
本日の小学校運動会は延期となりました。明日も延期になると平日に延期になります。
長男も長女もリレーの選手で、80m走も最後の一番早いグループなので
応援にも力が入る予定。
ここ2週間ほどリレーの選手の朝練はなかなか楽しくも中々ハードだったようです。














気がつくと帰国して9ヶ月になっていました。
すっかりと日本に馴染んでいるように見えますが
わたしはやっぱり海外が性に合っているようです。
きっと日本に戻ってきたのは
何らかの課題を神様からもらっているからだと思っているので
ここは逃げず、慌てず、ジタバタせず。
その課題がクリアしたらきっとまた海外で過ごすことになりそうな予感。






















kaneshon.jpg
そういえば、母の日にカーネーションをもらいました。
末っ子から一輪。
喧嘩中の夫からひと束。
キッチンの中心に一輪挿しを飾れるような
可愛いフラワーベースを買ってみました。
今はアジサイを挿しています。



































cards_20090530090203.jpg
長女が母の日にくれたカード。
英語もまだ健在。
長男もまだ英語で説明することが多くあります。
























frombaby.jpg
末っ子は上の2人のカードを真似して書いてくれました。
彼女の発音とヒヤリングはまだ残っていますが
しゃべりは日本語が上回りました。

























shopping_20090530090148.jpg
長女がママと2人きりでランチと買い物に行きたいというので
ある日曜日、近くのアウトレットモールに2人で行きました。
帰りの彼女のこの足取り。
ウキウキしたお嬢さんのオーラが漂っています。
女2人のパスタランチもおいしく、おしゃべりに花が咲きました。
女の子らしく、ファッションに目がないので
夢中になってお洋服を選んでいました。























hair.jpg
先週、またわたしパーマをかけました。
末っ子の一言で参りました。
「ママ、最近髪の毛がまっすぐだねー」と。
彼女のくりくり頭はとても愛らしく可愛いのですが、
家に戻ってきたわたしの髪を見て
「またママクルクルになったね~♪」と幸せそうでした。
















その末娘ですが、「全国はりえ展」の4歳部門で見事特別金賞受賞。
poster_20090530092928.jpg
























渋谷のこどもの城までサッカーで不在の長男以外の家族で見に行きました。
hari.jpg

















そんなわけで、このブログをアップしていない時期も日々何かのイベントがあり、
nakayosi.jpg
バタバタしていますが、とても元気です!













今は夏休みに向けてお友達といけるサマーキャンプを探しています。
末っ子は保育所の一時預かりを検討中。
なれればこのまま保育所にするかもしれません。
上2人はサマーキャンプで自然にふれあい
親元から離れても他の人たちと協力し合って生きていく術を学んで欲しいな。



久しぶりの更新!

クリックの連打をお願いします 笑
↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

低空飛行スタートの月曜日。
話しかけられるだけで涙がこぼれそうだった。
午前中は職場の自分の「島」に誰もいなくてよかった。
Bossが来ていたら大変なことになっていそうだった。
自宅に帰ったら、来ている両親に泣きつこうと思っていた。




午後。
MtgがあってBoss、同僚の人も含めて4人で会議をした。
始めはロースタートだったのだけれど
気がついたらまた仕事の世界に引き込まれていた。



そしてこの日帰宅したのはいつもより大幅に遅い午後6時。
遅くなった理由は忘れた。
















火曜日。
朝から某取引先へ直行。
話す度に思う。
なんていい人たちなんだろう。
なんて協力的で丁寧な人たちなんだろう。
感激した。


帰宅時間直前に社長から呼ばれた。
行ってみると某上場会社元会長・元社長を勤めたことのある名士だった。
一時間話した。
その辺の企業や大学の創業者・創立者をみんな知っていて


○○くんは、僕が~したときのお友達で、、、。

というようなお話に、つい聞き入ってしまった。
偉い人はその人たち同士でつながっていると痛感。
その人の前でプレゼンを抜き打ちで要請されたわたしは早口になった。



自宅に帰宅したのは午後6時半だった。




















そして本日。
今日こそは早く帰ろうと思っていたら
朝から電話が入る。
どうしても学校の説明を聞きたい。
そして英語で対応できる先生と話がしたい。
しかも本日。しかも午後5時から。











英語で面談。
1時間あまり。


















急いで満席の新幹線に乗って
ラッシュアワーのJRを乗り継いで帰宅したら午後7時を回っていた。


















連続3日間は父母が来ていたからよかったものの
明日以降はヘルパーさんは短時間で帰ってしまう。















自分が少なくともあと3人は欲しいと思った。

母親業をするわたし。
家事をするわたし。
のんびりとするわたし。




ほんとうは、肩を叩いてくれるわたし。マッサージをしてくれるわたし。イライラしないわたし。
などもっともっと人数が欲しいところだ。






でも。














考えようによっては
全てを完璧にこなそうとしているから
それぞれの役割の『わたし』が必要だと思っているのかもしれない。


全ての役割をそこそこで止める事が出来れば
一人のわたしだけで間に合うのかも。
いい加減が、ちょうどええ加減なのかも。

・・・それができない自分が恨めしく思う。





***************************
Yumiちゃん。メール立て続けに一杯くれてありがとう。
わたしもスタバでお茶しながらおしゃべりしたいよ~。
イライラして八つ当たりを、、、のくだり、激しくAgreeしています。
また日本で会えるかな。

Ichihoさん。
素敵な母の日のプレゼントありがとう。
Mother of the yearの画像を見て
息子がたまげていました。
でもすぐに「これ、ママが作ったんでしょう」と言っておりました。
きっとIchihoさんの周りには
こういう粋なことをしてくれるご家族と友人達がいるんだな~と
嬉しい気持ちを分けてもらいました。


やっこさん。
いつも負の気持ちをあまり語らないので
きっとうまくこなしているに違いない
と思っておりました。
シンプルにしたいけれど
そんな冷静さもなく、全部リストのトップになっていて
優先順位もひっちゃかめっちゃかになっていたのでした。
頂いたメールを見て励まされました。
ありがとう。



そしてこのブログに遊びに来てくれて
更新がなくてもクリックしてくださっていたみなさま。
ありがとう。
↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

ここのところ毎日ブログの更新をしている。






元気で充実しているのね~









と見えるけれど
実は違う。

















日本の文豪といわれる人たちに
川端康成、芥川龍之介や太宰治がいるが
彼らはみんな最後は自死している。
こううつ状態のほうが筆が進むなんて話も聞いたことがある。







ここ1週間ほどのわたしの状態も似ているような感じだったかもしれない。
なんだか疲れているのに毎日更新するよなー
と自分でもヤバイと感じていた。













そしてやっぱり某夜ガクンと来た。















心身ともに絶対的な限界だった。

















いや、ひさしぶりです。
これほどまでに磨り減ってしまうの。
磨り減る前にブレーキをかける役目の大事な人と
1ヶ月ほど連絡が取れていないのも一つの理由かもしれない。
彼女は、今年始めに大きな病気を宣告されて先月手術をした。

とっても大事な人。
命からがら到着したアメリカで待っていてくれて
「数回で外に出られるようになるから大丈夫」と
宣言をしてくれた人。
彼女のおかげで今の自分がある。














********************
めずらしくRUNもさぼったが
翌日重い体を奮い立たせて歩くように走ってきた。













片道のタイム。
いつもより+2分。
だいたい±30秒でいつも推移しているから
+2分というのは体調がいまいちな証拠だ。














よっぽどやばそうに見えたんだろう。
自販機前に座っているおじちゃんたち二人の前を走ると、突然声をかけられた。




















「お姉ちゃん、がんばれ!!」



















びっくりしたけれど、嬉しかったので
『ありがとう。』
と叫んで走り続けた。














背後から
『若い人はいいねぇ~』
なんていう会話が遠のいていく。



















それまで鉛のように重かった体が
今の一声で元気になった。















往復普段のタイムより+4分。
声をかけてもらった後も
タラタラと走ることしか出来なかったが
走りとおせた。














見知らぬ人の声援がとっても嬉しかった。




















深呼吸してシャワーを浴びた。

















さぁ、気分を入れ替えよう。
夫に思い切って声をかけた。
















そして話し合って少し謝った。

















今日は特別な日だから
重い気持ちは置いていこう。















我が長男の満10歳のお誕生日。














おめでとう。
そしてまだ何回も彼の誕生日をそばで祝ってあげたいと思えた気持ちにホッとしている。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

世の中には営業マンは多いが
不勉強な営業マンはもっと多い。
自分が営業マンと自覚していない人も含めるからもっと多い。














人生は営業だ





と思っているわたしは(信じているけど実際の行動はもちろん伴っていない)、
学習コーチを職業のひとつとしているが
この世界では
「いいコーチはいいクライエントになる」といわれている。


つまり優秀なコーチは、自分が逆の立場になったときにもいい顧客になれる。

ということだ。
営業にも言える事だと思う。












たとえば会社に飛び込み営業が来たとする。
無下に断るAさんは、多分自分が営業マンとしてやるときには成功しない。
逆にいつも感心しちゃうくらい見知らぬ営業マンにも丁寧なBさんは
やっぱり社内でも信頼されているやり手である。














私は会社に来る飲料販売のお姉ちゃんにも知らないふりをしちゃうことが多いので
決していい営業マンじゃないかもしれない。
もっとも一度いろいろと購入したら
成分にアスパルテームが入っていたので買うのを止めたのだけど。
それを伝えるだけの人間関係がそのお姉ちゃんとあるわけではないので
何も告げずに買わなくなった。
ほんとは、返金返品したいくらいだ。しないけど。

















日本のレストランではDecafe(こちらではカフェインレスという)
のコーヒーを置いているところが皆無だ。
セットメニューについているコーヒーを
「カフェインレスのコーヒーにしてください」というと
たいていのウエイターウエイトレスは
??
という顔をする。
次の瞬間、断られる。そんなものはありません、、と。

















ちょっと上級なレストランになると
「カフェインのないオレンジジュースはいかがでしょうか?」と勧めてくれる。
でも、20歳を過ぎた大人だから食後はジュースではなくてコーヒーかお茶を飲みたい。
でもカフェインが取れない。

こんなニーズに対応してくれるすばらしい営業マンはいないのだろうか?





















夜7時ごろいつもお願いしている食品宅配会社の配送のお兄さんから電話がかかってきた。
お米の予約をしてほしいという。
以前カタログを見て、
有機玄米があって、値段も妥当だと思っていたがまぁいいか、と放っておいた。
今回はわざわざ電話をくれたのだから買ってもよいのだが、試しに伝えてみた。

「うちは有機玄米にこだわって食べているんですよ。」

お兄ちゃん「うちは特別栽培で農薬も減らして使っているお米が多いです。」

「そうですか、、でもうちは有機玄米しか食べないのですよ」

お兄ちゃん「ちょっと待ってください、、」とカタログを見てる様子。自分の製品も頭に入っていないようじゃ、だめだ。

お兄ちゃん。「ほかにもいろいろと種類があるので、いつか試してください。」

「はい、いつか試します。」



かみ合わない会話が終わった。
カレは、買う気だった顧客を失ったのだ。






もっとも私もいつもこんな風に意地悪じゃない。
この日は仕事から帰ってきて家事を終え、へたばっていたところの電話だったから
彼の営業の助けをする気持ちの余地がなかったのだ。
先日は証券会社からの営業を助けたばかりだったけれど、
あのときは両親が手伝いに来てくれていて余裕があった。



それにしてもわざわざ夜の時間に電話をかけてくるということは
仕事帰りでヘトヘトな人をターゲットにしているはず。
だったらもっと丁寧に案内すれば
買ってくれるのにね。












不勉強な営業マンが実に多くて
ちょっとしたビジネスチャンスを逃している。

わたしもひょっとしたらそうなのかもしれない。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

わたしは、自称「晴れ女」。
ここぞというときに雨に降られたことがない。
唯一の活躍の場だった運動会が雨で延期したことがないし、
受験の日も晴れだった。






強いて言えば
RUNの日に時折激しい雨が降ることと
毎週1回の自宅で教えている英語教室日に雨がよく降るくらいで
あとは全部晴れだから、やっぱり晴れ女である。




自称○○です
というのは使った者勝ちだと思う。
TVのニュースや新聞記事でも
よく「自称会社経営の男が」とか
「自称奥様が」とか載っている。

自称という使い方が
世間でも認められている証拠だ。





ということで、わたしはこれからも「晴れ女」と言い続けることにする。





それにしても今日の英語教室、
雷雨の中足場が悪くて来てくれる子供たちと親御さんには
申し訳ないなぁ、、、。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
GW最終日の〆は妹家族が遊びに来て
家でささやかなランチパーティーを開きました。
あいにくの雨だったのでオセロをしたり戦いごっこをしていた子供達。
最後に盛り上がったのはWii大会でした。

途中まで記憶があるのですが、
いつの間にかソファーの上でウトウトとしてしまったわたし。
4歳年下の妹夫婦は元気だ~
我が夫婦は一人はかぜっぴきでダウン寸前で
もうひとりは来客中にウトウトとしてしまうんだもの。













GW明けの朝。
駅の構内にも通勤客にも
マスクをしている人が20人に一人くらいの割合。
おいおいトンインフルエンザ、だいじょーぶなんでしょうね。
みんな余裕でのんきだなー。
なんて思いつつ某教授の図書館で借りた書籍を読む。
もう少しで新幹線に乗る駅という手前で
いきなり電車がストップ。














通勤電車に20分も閉じ込められました。







線路内に人が立ち入ったため、
らしいのですが、
混雑した車内で一人『ながいよー、出してくれー』と
ガンガンとドアを叩いて叫んでいた人がいた、、、。
気持ちはすごーく分かるわ。













出社して、自分の閉じ込められた20分がたいしたことなかったことが分かった。
あちらこちらで電車が止まったり、
数時間車内に閉じ込められたり、、
そんな人達がいたから。














長い休みあけって
スイッチオンに時間がかかるのは人間だけじゃなくて
電車もそうなのかしらねー。












そして帰宅して家事をして
3人分の今日の出来事の話を聞きながら子供達にご飯を食べさせた。
お風呂に3人で入り始めた隙に
ソファに座ったら動けなくなった。
ぐったり。
毎週唯一楽しみにしているNarutoを観て
夜はベットで購入したてのDomaniを読もうっと。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
2009.05.06 とんだ誤算
子供達はいつものように朝6時前から起きていた。
いつもとちょっと違うのは、Cartoon Networkを観る代わりに
英語の本の音読をしていたことだ。
音読の声が耳に入って7時過ぎに目が覚めた。
下に降りてみると
今日はどうしても午前中に家族でやりたいことがあるという。
そのために、決められたRoster(日々の学習計画)をさっさと終わらせているのだという。
朝食が終わって2時間後、私達が立っていたのは、、、、。

































BOWLING.jpg
ボーリング場でした。
ここに行きたかったんだって。
それで先手を打たれちゃ、NOとはいえない父と母。

家族パックは一人3ゲームで○×円。
一ゲームの料金とさほどに変わらない。
4才の末っ子まで3ゲームを投げきりました。





















その午後に長男はサッカーの試合が雨の中であったわけです。
夫は風邪っぴきながらも、応援に行ったわけです。

















******************************
RUNに行ってきました。
前後の予定が詰まっていてもうここしかない!という時間と日にちを選んで。
RUNすることは特別ではないのですが、
ちょっと気にかかったことは、
雨がざあざあと滝のように降っていたことです。

















ざあざあとはどのくらいかというと
シャワーを3分間頭から浴びたくらいの状態だから対したことはありません。

むしろ、
1)イネ科の花粉が飛ばなくて良い
2)マイナスイオンを浴びることができる
3)喉が渇いたら口を空けて空を向けば良い
4)不審者を気にしなくて良い
5)ひょっとして走った後シャワーに入る手間がはぶける














と利点ばかりなので
RUNすることにしました。






















夕方ずぶ濡れサッカーから帰ってきた息子に
「行かないほうが良い。寒いよ」と言われ、
娘2人は遊びに夢中だから無関心。
その上夫に
『ムチャだ』といわれても
もう決めてたんです。





















走り始めてものの3分しないうちにいい感じに全身が濡れてきました。
きっと汗のせいでしょう。































走って20分して驚いてしまいました。
犬の散歩のためにだったらずぶ濡れになっても良い人たちはポツポツといらっしゃいましたが、
わたしのように自分のために走っている人は皆無でした。














やっぱり不審者はいなかった。
不審者がいるとしたら、雨の中ひそひそと走るわたしだったでしょう。




















雨風に負けず、タイムも上々。
でもとんだ誤算に気がつきました。












1)重装備していた服装が雨にしっかりと濡れて重い。
まるで全身で薪を背負って走っているようだった。

2)時速5kmで走れば雨より早いのでさほどに濡れずに済むと思っていたら
しっかりと濡れてしまった。
























40分走り終えて
雨が滴るまま玄関に入ったわたし。
ただいまー。
といっても迎えに出てくれる家族はいない。



















「自己責任」
















そんな四文字が頭をよぎった。
言葉でそう言われなかっただけマシとする。


















そのまま風呂へ直行。
シャンプーを握った右手に力が入らずシャンプーが床に転げ落ちた。
午前中のボーリング3ゲームが効いているようだ。







とんだ誤算だが
きっとまた雨が降っても同じことをしてしまいそうな気がする。
でもこれは誤算というのだろうか?

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
5月5日子どもの日。
雨がざあざあと降っております。
こんな日なのにサッカーの試合へ繰り出す息子と運転担当の夫。
風邪気味なのに夫、大丈夫なんでしょうねー。
息子は
連日何時間もサッカーで
しかも午前中はあれして前日はそれして、
体が持つんですかねー。









ひょっこりと時間が出来たのでブログをアップすることにします。
昨日もですね、地元で評判の良いお蕎麦屋さんを発見して
家族で自転車でアウトレットモールに行った帰りに食べに行ったのです。
そば粉を日によって各地から取り寄せて作り、
そばも、天ぷらも、ツユも、有名な豚カツも、付け野菜も、つけてあるからしさえ
何もかも絶品でした。




アップをしようかと思っていたものの
最近のブログを読むと
美味しいものばっかり食べているみたい。(平常食は質素そのものだったりする)
贅沢の限りに見える(日々の節制のたまもの)
ので、
アップ自体を見送ることにしました。














************************
もともとわたしはあまり女性雑誌を読みません。

理由は
1)日経新聞を読む時間が取れればいいほうだから
2)雑誌を買うお金がもったいないから
3)面白いと思う雑誌があまりないから
4)携帯性にすぐれていないから。持ち運ぶと重すぎるから。












なのに、働き始めて気になった雑誌にはまってしまいました。
myboom.jpg
30代の働く女性のファッション紙「Domani」です。

















これ700円もします、、、。























この中のファッションコーディネートは好みのものが多くて






買わなくてもこの組み合わせでいけちゃうんだ!
とか
アイシャドウはブラウン系



などと、学ぶことが多々ありまして。
ナチュラルメークが一番!
と豪語していたけれど
最近なんだかちょっと物足りないかも、、と気がつき始めたところに
ニーズが合致したんですね。
今更ながらにアイメークの基礎から
雑誌片手に真剣に研究しておりますわ~。




















もともと「雑誌」というと
週刊紙を読んでいました。



















N証券時代に
『世の中の社長は、必ず週刊誌を読んでいる。
話題づくりのためにも読んでおけ~~!!』
というお達しを上司からよく頂いておりまして、
それをきっかけに結婚後の海外赴任中も読んでいたんですね。
夫も出張のたびに買って帰るものだから
すっかりと読む習慣がついた模様。

















2大週刊紙というと週刊S紙と週刊B紙があるんですが
どちらも似たり寄ったりながら
こちらのほうがこう面白い
とか
ああ面白いとか
そんな風にうんちくの言えるくらいまでになっていたりします。





















その片方の週刊誌にある教授の連載が載っていまして。
それが我が夫婦の間の大ブームとなっております。




















このGWには彼の著書を(買うのではなくて)図書館で6冊とも予約してゲット!
books_20090505132239.jpg
後の2冊は夫がサッカーに持って行って読んでいます。



















この著者の方。
現御茶ノ水大学哲学の教授で
東大文学部哲学科出身です。
確かあれはサンノゼの家のトイレの中だったと思います。
いつものように週刊誌をめくっていて彼のコラムを読んで
お腹がよじれるほど笑ってしまいました。
















ちなみに、夫は文章を読んで
大きな声でハハハ~!
と笑うタイプですが
わたしはよほど面白くない限り文章を読んで笑うことはありません。
そのわたしが目からうろこが落ちて笑ってしまいました。




















確か、こんな話だったと思います。
「なぜ楽しそうにしていられるのか」という表題でした。















教授の知り合いで世の中一番不幸だろうと思われる人からメールが届いた。
教授曰く、28歳の大学院生で恵まれていない学生らしい。
だけど、その知人は明るく太っているらしい。
それが証拠に、知人から









「お元気ですか?
僕は太っています。」












と書くほど明るく、ふとっているらしい。
それだけでは足りないと思ったのか





「僕は教授の勇気に脱毛しています」と書いてきたとか。











貧乏なのにバイトもせず、
あかるい貧乏生活を送っていることが
以下のメールで伺えるそうだ。






「人生何があるかわからないので、
遺書を書いておくといいです。全財産を僕に譲ると。
そのお返しに、僕の全財産を教授にいつか譲ることを決めました。
全財産とは、漫画めぞん一刻全10巻で
あとは負の遺産です」
















大学院で「哲学」を勉強し、
卒業の見込みはなく、バイトもしていない、生活費も底を尽きているその知人。
普通ならば落ち込んでしまってもおかしくない状況なのに
なんだか悲壮さがない様子が伝わってくる。








その彼を描写する教授の滑稽で切れのある文章が
つらつらとつづられてある。


















夫曰く










この著者はああ見えて
実はすごく深く考えて
切れのある文章を創り出している



そうだ。














哲学者だからメッセージがあるんだろう。

もし、メッセージを私達が毎週週刊紙から受け取っているとしたら















『ワハハ、ま、いいか。』
という気持ちなのかもしれない。

読者を笑いに導きながら
そう思わされる文章を書くのって
なんだかすごいと思いませんか?



グルメ食べ歩きも以前からの夫婦ブームだけれど
こんな雑誌の連載にはまってるわたしたちって、、、?!


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
日本のGW。
高速道路を使って遠出をすればするほど一律1000円というのはお得なようで。
東名高速は66kmの渋滞だって。
我が家のGWは、、、、。





























普段じっくりと過ごせない5人のファミリータイムを最優先することにしていました♪
cwash.jpg
特に息子のサッカーは祝日なのに毎日のようにゲームや練習がありますが、
まだまだ一緒に過ごして貴重な時間を分かち合いたい。
だって、子どもが一緒に行動しなくなるのはもう目の前。

↑のは第一日目の洗車。
子供達を車の屋根に乗せて洗車。
わいわいやっていたら
通行人の方々の目を引いておりました。















そして、観たい映画を5,6枚ほど借り家で映画上映会。
WallEと
ガリレオ Xの献身
を早速観ました。
















**************************
第2日目。
夫のリクエストで家族5人で電車に乗って繰り出したのは、、、


































chinatown.jpg
横浜です~。
































目的は、、、。




























yamucya.jpg
日本の飲茶。























探せど、ワゴン式の飲茶は見つからず。
オーダーメードの評判の良い飲茶に向かいました。
随分と並ぶと聞いていましたが
11時半前に到着するとすんなりと入れました。
祝日でも子供たちが6時前には起きるので朝ごはんは7時半までには食べ終えてる我が家。
11時半だとおなかぺこぺこ。
反対に午後2時過ぎは行列だらけでしたよ~。

































tensin.jpg
お味はですねー。
日本の薄味と繊細な味付けが絶妙でして、






























shoronpo.jpg
日本のが美味しい~~!!とみんな言っておりました。


































sesame_20090503171249.jpg
私が思ったのは、
サンノゼのあそこの飲茶も、シカゴのあの飲茶も、ワシントンDCで食べた飲茶も、、、


































全部美味しいっす!
最も、アメリカでお腹一杯食べても家族5人で60ドルくらいだけれど
日本では10000円をちょっと越しました。








































その後山下公園まで足を伸ばしました。
SEA_20090503171059.jpg
ちょうど横浜開港150周年のイベントのパレードが行なわれていました。



































funsui.jpg
それはそれで、こんな噴水を見つけると
たちまち裸足になる子供達。

































nanakyosi.jpg
追いかけっこや
あちこちを上ったり降りたり。

































daisy.jpg
こんなお花に囲まれて、








































FLOWER.jpg
夫が撮ってくれたショット。





























遊び疲れたらまたChina Townへ戻り
肉まんにソフトクリーム、チンツウナイチャ、そして、、、、、





























coconuts.jpg
ココナッツジュースまでいただきました。







































特に旅行の予定などはないのですが、
こんな風に家族でのんびりと、
家でもモノポリーをしたりピアノを弾いたり、、、




















そんなGWを今のところ過ごしています。






*中華街のお土産は特に買うつもりはなかったものの
試食した「天津甘栗」。
末っ子に「どんぐり、おいしかったの」といって
お店まで手を引かれてしまってつい購入。
600gで1575円。高いのか安いのかわからない。
おまけしますねーといって多めに入れてくれたようで
家に戻って測ると674gでした。
元々袋に半分くらいしか入っていなかったから
おまけに見えて実は600gちょっきりだと思ってたわ。
2009.05.01 EBOSHI
GW前にポツンと空いた英語教室の休み。
こんなタイミングは滅多にない。














同じ時期に帰国したサンノゼ帰りのushiko24さんと、一足先にシカゴから帰国したKさんをお誘いして
地元に集合。
eboshi.jpg

































お二人は特に知り合いじゃなかったのだが
雰囲気がなんとなく似てるな、、、とおもって年末にうちでパーティーを開いたときにお呼びしたら
やっぱり意気投合。
子供達も同じ世代だし、わたしたち3人とも金融出身だし 笑
ebosi1.jpg
このレストランEBOSHIは
すっかり忘れていたが、わたしが赴任前に住んでいたところから
よく友人とランチをした場所だった。
魚介類が新鮮で美味しい和食亭。






























ebosi2.jpg
行列が出来ていて
11時のオープンで禁煙席はすぐに満席。
それでも11時半には入れた。





















公立小学校で帰国子女として入った子供達。
PTAや親のあり方。
どこまで意見を言って良いのやら、、な状況は
3人とも同じでした。














レストランの後場所変えてお茶までして
元気一杯になりました。
こういうポジティブなおしゃべりは
めちゃたのしいっす。










今度は居酒屋で集合ですかね?


↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。