上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.31 This is it!
thisisit_20100131113211.jpg
享年50歳のMichael Jacksonのドキュメンタリー映画。
7月13日からの最後のツアー直前の6月25日に突然亡くなったニュースはあまりにも衝撃的でした。
それからNHKで放送された過去のツアーの様子を改めて見て
マイコーの偉大さを実感。










先行予約をしておりましたので発売早々郵送されてきまして
ブルーレイで鑑賞しました。
ちなみにこの「THIS IS IT」は販売オンリーの異例の映画です。













100時間あまりかけたリハーサルの様子。
歌を歌うだけでなく、ダンスや音のタイミングあわせ、
コンサートを構成する各チームのリーダーとしての心遣いとか
バックダンサーとの結びつきをみていると
神様に選ばれて世に出てきた人だと思う。







リハーサルの時点で既に完璧で
コンサートが行われなかったのが本当に残念だ。
私達が知ってるマイコーは
デビューから少し経ったアルバム「Bad」とか「Dangerous」の時期。
オーストラリアでビデオクリップを見ていた頃が懐かしい。






2時間弱の映画を見終わった後寝た。





その夜の夢は久々に英語だった。



















なぜかオバマ大統領と会うことになって
何かを代表して挨拶に行くことになった。
雑談として
「日本ではまだまだ女性と男性が同等に社会では認知されていない」
みたいなことを一生懸命伝え、硬く握手した。
握手の感触まで残っていた。

なんで、マイコーを見た後
オバマと夢で会談したんだろう。
娘の英検→頭くるくるパーマかける→1/2成人式→娘授業参観→夫の転職・・・
と慌しい1週間が過ぎ去りました。

どれも一つ一つブログの「ネタ」になりそうなことばかりですが、
(というか、以前ならばブログに書いていた)
気がつくと週末になっていました。


帰国して1年5ヶ月。
Sam's Clubで買い込んだお気に入りのデンタルフロスと歯磨き粉。
歯磨き粉のほうがとうとう底を尽きてしまいました。
日本のでいいか~
と市販の歯磨き粉を購入し、早速使用、、。が。













歯磨き中。



泡が立ちすぎ。






そして後味がむちゃくちゃ悪い!
苦いというか、合成薬成分たっぷり入っていますっていうか。

何度うがいしても
後味が取れず。歯磨きがブルーになりまする。
(どこにでも見かける市販の歯磨き粉です)











わたしがアメリカからたんと持って帰ってきていた愛用品はこちら。
20514.jpg
Tom's of Maineシリーズ。
サッカリンとか、防腐剤とか、一切入っていない自然派tooth paste.
夫はこの歯磨き粉の入れ物がプラスチックではなくて金属なので
残り少なくなると横から割れて出てくるのがダメといいますが、
いまどき金属チューブの歯磨き粉ってありますかね。
レトロな感じが私は好き!








もしかして日本のCostcoで売っているのかも?
と思いつつもオーダーしちゃいました。
アメリカから空輸で届く日を待ちわびてます。

それまでは、残りわずかなのを惜しむように使うことにします。


愛用品って中々と変えることができませんね。
先週の金曜日の日記で、英語教室の準備を嬉々としていた様子を紹介しました






、、があの後、レッスン前になって
子供の声が聞こえ、ピンポーンと鳴ると立っているのはお母さん。
話しを聞くと












子供が英語に来るのを嫌がっている






とおっしゃるではありませんか。
そのついでに、最近のレッスンはつまらないし、難しすぎる。
以前は真っ先に宿題をやっていたのに今はまったくやりたくない、と。













とにかく1月は様子を見ようと思うが2月からは辞める方向で、、とのお話しでした。










わたしとしては
ニーズに気がつかなかったことを反省し、
確かに難しすぎる内容だったことも認め、
とにかく楽しめるレッスンを心がけることを伝えました。












1週間経ち、その間に他のお母さんがたにもヒヤリング。
まとめると、、、



「英語はいづれ学校で習うから、読み書きは別にそのときでよい。
習い事として期待しているのは学校ではできない
耳から覚える英語、体で覚える楽しい英語」





ということでした。
お話を聞いていると一年前の自分を思い出しました。
そういえば、英語教室を始める前の私の理念って、楽しい英語だった。
文法とか宿題を多く出す英語教室なんて考えてもいなかった。
初心をすっかり忘れていたの。















初心を忘れてしまった理由は
テキストに沿った指導をしていたから。
レッスン準備より教えている時間が少ない中つい指針を他に求めてしまっていました。












うちに通ってくださるご家庭は
英語がうまく書けるとか英検を目指すなんて望んでいませんでした。












そこまでニーズを把握できたら
なんだか楽しくなってきちゃった。
初心に立ってまた始めたら
やめたいっていってた子供が戻ってきた。







わたしの英語教室がきっかけで
英語嫌いになるのは絶対に防ぎたい。
それも信念の一つなんだ。






それにしても今日は、、




うちのヤドちゃんずに癒されました。
honechan.jpg
マングローブに登ってます。







honechan2.jpg
珊瑚砂を浄水で洗ったあと
お湯と食塩水を混ぜて水槽に戻したら
元気一杯になりました。


今は都心でフルタイムで働いているけれど
英語教師も一生続けようと思っている大事なこと。
何足ものわらじを履くのは中途半端になりがちだけれど
うまくバランスをとりながらその中でベストを尽くしたいと改めて心に刻みました。
2010.01.20 通勤RUN
今日は観測至上一の暖かさだった地点が多かったらしいですが、
わたしにとっては
寒かったです。
それはきっと、前日の天気予報で










「明日は春のように暖かいです」とアナウンスしていたから
薄着で出社してしまったからだと思います・・・












ところで
ここ数ヶ月RUNからすっかり遠ざかってる日々ですが
こんなことを始めました。















通勤RUN






でございます。












電車を下車してから会社まで徒歩だと15分ほどかかる距離を
スーツ姿で両手に荷物を持ったまま
走っているんでございます~。















走る正味時間は約6分。
大した時間じゃないけれど往復12分。
これがいい運動になっているんですよ~。









「どうやったらエネルギーや時間がない中で
自分のために時間を取れるか」
を専門家に相談したときに
10分走るのと30分走るのでは体の基礎代謝が上がることに関しては
同じ効果だから、、
と通勤RUNを勧められました。













運動靴に履き替えてませんし、
6分走っても汗が出ないこのシーズン限定のRUNですがね。









・・・・それにしても
ぱーーーっと気分転換をしておしゃべりがしたい今日この頃です。。。
我が家の癒し系。ヤドちゃんず。
iyasi.jpg







ヤドちゃんのスローな歩き方に対して
音に反応して貝殻に隠れる早業は、見ていても飽きなくて、、。
癒し系なのです。
suisou.jpg
そっとのぞいてるところを激写☆
彼らの大好物はりんご。
ガリガリとつめでちぎって口へ運ぶ姿はかわいいらしい。
(まだお目にかかれず。)




マングローブは15度以下でヤドカリは10度以下になると
死んでしまうので夜はお風呂場においておきますと
マングローブを伝って洗い場に脱走したりします。
大事に大事に育てたいと思っています。







************************************

昨日まではお疲れ気味だったけれど
英語の日は元気復活☆





Days of the weekの教え方を考えていたところ、、
hungrycater.jpg
腹ペコ青虫君の絵本を思い出し
ランチ後につい夢中になって描いてしまいました。






早く英語のレッスンが始まらないかしら。
お手製教材の子供達の反応が楽しみなのでした。
創作活動って時を忘れますねー。
2010.01.14 my brother
会社近くで火事のあった日。
帰路をいつもに増して急いで帰っておりました。
というのも、
アメリカに住んでいる弟が仕事の出張で大阪に来て
そのついでに我が家に立ち寄ることになったから。






弟は、小学校3年生でオーストラリアに家族で出てからというものずーーーーっと
海外で過ごしております。
大学院までアメリカで出た後に就職。結婚をして1年前には子供も生まれました。







2歳違いなので、大学生ごろまではお互いに国際電話でも何かと話したりしておりましたが
それぞれの道を歩み始めてからはそんなこともなくなりました。







子供達もアメリカにいるときは
CAから私の両親や、弟夫婦と会うのを楽しみにしていて
定期的に会っていたのですが帰国後初めての再会でした。













満場一致?で、お鮨屋さんへ行くことになりました。
sushi_20100114215543.jpg
末っ子の頼んだ子供寿司。
かっぱ巻きが一番大好物。安上がりなお子様です 笑














子供達は、、というと
ママと同じDNAというのを素で感じ取っているのか。
弟にべったりでした。
brother.jpg






わたしもひさびさに弟に会えて
家族が集合したような気分になって
うれしかったです。
また数ヵ月後にアメリカから家族で遊びに来てくれるようで
今から会うのを楽しみにしています。






しみじみ。
家族っていいものですねぇ。
昨日仕事場で
サッカー・音楽留学エージェントの方とミーティングをしておりました。
言ってる事がなかなか伝わらずにうまく説明できないので
ホワイトボードに立って書いておりましたところ、
どこからともなく消防車の音が聞こえてきまして。












通り過ぎるだろうと思っていたら
近くで止まるのです。
そして次から次へと消防車と救急車が近づいては止まるではありませんか!










「大丈夫ですかね?」なんて話しながらも商談中。




姉妹校の先生は「生徒を避難させるべきか?」なんて言ってるし
スタッフが「ああーすごい。すぐ裏で家が燃えている」と声がするし
そのうち、社内も煙くさい。






ミーティングが終わって、担当の生徒が待っている教室へ駆け込んで窓をのぞくと、、、


















消防車が20台ほどずらりと道に並んでるではないですか。
しかも、パトカーや救急車も3台も。
路地が狭いので、ホースを何百メートルも伸ばすしかなくて
駅前通は大渋滞。



テレビの取材の車も止まってましたです。
帰宅する時間になっても騒ぎは大きくなるばかり。

さすがに携帯で写真を取る気にはなれず、
道に立ち込めている煙の中を退散してきました。

後でネットニュースを見ると
けが人だけで済んだ様ですが近くの幼稚園や小学校は避難をしたようです。
仕事中に近所が大火事になったのは初めてです。
2010.01.11 餃子100個
好き嫌いがなく、雑食系なのですが
実は苦手な食べ物が少々あります。



ひとつはラーメン。
オーストラリア7年間滞在であまり食べる機会がなかったせいか
帰国してから苦手になっていた自分を発見。
それでも大学時代に馬場のラーメン街を食べ歩きできるくらいまでになったけれど
今でも好んで食べません。












もう一つは「餃子」。
妊娠中に食べられなくなってから、どうもレストランや外で食べる餃子は苦手になってしまいました。
レストランで家族が頼んでも絶対に口をつけません、、ってくらい。





そんな私が食べることができる餃子は夫のお手製だけ。
豚肉、ニラ、しょうが、にんにく、、、(まだきっと他に材料入れてるけれど知らない 汗)
などを使って作る餃子なのです。












豚肉を600gほど購入して、野菜たっぷり、にんにく、しょうがたっぷり。
餃子の皮104枚購入。











今日は家族5人総出でみんなで包みました。
100個あまり。
時間は20分ほど。
子供達も段々手馴れてきて上手になりました。












夫の特製その2は普通の餃子にたっぷりのキムチを入れる「キムチ餃子」。
これならばわたしでもたくさん食べられます♪♪




さて。鉄板で焼くとしますか~
油を薄く敷いて
まずは焼き目をつけて、
お湯を足して5分ほど。
最後は蓋を外して皮をパリッと。



いただきます~♪







ohasi.jpg
西表で拾ってきた珊瑚の箸置きが我が家ではブームです。










一生懸命食べていたら、写真を撮り忘れちゃった。
満腹になって気がついたら最後の3個。
nokori.jpg




でもね。10歳、8歳、5歳と30代2人で100個状態なのだけれど
もし3人ともティーンエイジャーになったら、いったい何個作ればいいんだろう??


宇都宮の餃子を食べに行かなくても
ここにぴか一☆があるね~と話していたら
うれしそうな夫でした。

アイタタタ、、がまだ続いております。
あまり心配していなかった両親もお手伝いに来たときに
帯状疱疹を見てようやくすざましさに気がついてくれたようです。
弱っている病人には気遣いや優しさが一番うれしいです。


コメントくれたぶうこさん、ありがとう。
メッセくれたゆうこさん。すごくうれしかった。


帯状疱疹で飲んだお薬が5日間で6000円位するのですが、
職場の人に聞くと
「劇的に利くけれど高いお薬」で有名なお薬なんだそうです。
納得。

帯状疱疹、、というと
みなさん「ストレス過多」と言うのですが
何がストレスだったんだろう、、。それが分からないとまた再発しそうで怖いです。
その前に早くちゃんと治したい。




********************

表題の「どうしても信じてしまう」ことなのですが、、。
夫に言うと鼻で笑われてしまいます。




2008年2月からの2年間、わたしは「天中殺」です。
そして12月と1月は「大天中殺」なのです。



天中殺とは算命学における厄年のこと。その間に新しいことをすると長続きしないとか、うまくいかない、エネルギーを蓄えるとき
などなどといわれる期間です。
人間には12年に2年、12ヶ月に2ヶ月、1ヶ月に2週間、必ずあるといわれている統計学のようです。





夫は気にするなといいますが
この天中殺中に

帰任になりました。
娘が交通事故にあいました。
新型インフルにかかりました。
そして先日飛行機に乗り遅れました。
帯状疱疹になりました。
ここではお話できないことが2つほど。


もちろん、よいこともあります。
この期間中に勉強をしたり得を得ることはよいといわれています。
資格を取ったり、仕事を上の人から誘われて復帰したりするのは天中殺では良いとされています。
でもでもーーー。









節分の日が過ぎれば
晴れて運気が上がる周期。
そこまであと1ヶ月弱ですが
これ以上恐ろしいことが怒りませんように、、。
というか一つ頭を抱えていることがあるのですが、
多分乗り切れるのでしょう、、ね。




占いなどを信じちゃうなんて
おかしいですかねー。
時は少し戻りまして、西表の温泉に入るときにですね。
右の腰あたりに赤い湿疹を発見したのです。





痒いような痛いような。




ロッジで虫に噛まれたかな?
















と放っておいたのですが
日々湿疹が広がり、
なんだかピリピリと痛いではないですか。














家に戻ってネットで調べて、確信して、
病院へ行って






















帯状疱疹

















と診断されました。


















痛いです 涙


















その病院がですね。
駅のデパート街にありまして、
ちょうど初売りの1月2日の午前10時過ぎでした。
行き交う人はみな戦利品・福袋をたくさん持って歩いているではありませんか!




















アイタタタの状態なのに
転んでもただでは起きない精神がムクムクと持ち上がりまして。
そのまま帰らず散歩がてらにぶらぶらと。



























福袋を4つ購入して帰ってきました。






























一つは、帰省土産の和菓子。
自分達だけで電車に2度乗り継いで帰省する子供達に託しました。
行ってらっしゃい~。























二つ目はマキシドパリの洋菓子福袋。

長い行列につい並んでしまいました。
中身はココア、パウンドケーキ、一口ケーキBOXで1050円なり。





















3つ目はずっと気になっていた手作り石鹸のお店の2000円の福袋。
石鹸大好きなので4つ+シャワージェルが入っていました。


















4つ目は、アロマオイルをいつも買っているお店「生活の木」
fuku.jpg
9600円分の商品らしいです。
3000円の福袋。




















この福袋代を合計しても
帯状疱疹の薬科代と診察代より安かったです。
(帯状疱疹のお薬は高いそうです涙)


















福袋は数日前に入っている広告をチェックして
効率よく回るものなんだなぁ、、と
学習しましたです。














さて。夫婦二人きりで過ごしている数日間。
あれこれと外出したいけれど
こんな状態なので
家でのんびりになりそうです。
こんなに痛い状態で出社できるのかな、、、。
ともあれ今年もどうぞよろしくお願いします!
西表島は天気予報が当てにならない島だといわれています。
12月から3ヶ月間は雨季で北風がまともに吹き付けるので体感温度は低い日もありました。



晴天に恵まれた日には由布島に行ってきました。
400m離れた島まで水牛に乗ります。
yufu.jpg


島では1時間半ほど歩いたりビーチで遊んだり。
ushi.jpg





お昼ごはんも良心的な値段。
tofuchan.jpg

帰りは牛車に乗らずに
歩いて海を渡りました。
(牛より早いそうです







海を目の前に、あまりにも寒くて泳ぐことはできず。
せめて海の中を見てみたいので
潜水艇「うみえーる」に乗って
パナリ島付近の珊瑚を鑑賞。
sango.jpg
次ぎ来たら潜るぞー!
















港のテトラポットでは
地元のおじいやおばあが釣りをしていました。
釣りをしたかった子供達。
興味深く覗いていたら、魚釣りのお手伝いをさせてくれました。
chinuturi.jpg
釣れたのは「チヌ」です。










その後、自分達も釣竿を買いに行き一匹ですが立派に釣り上げることに成功!
夜民宿に持って行くと、
chinu.jpg
新鮮なお刺身にしてくれました☆
身がコリコリとしていて甘かったです。







isigaki.jpg
民宿の夕食は「石垣牛ハンバーグ」
とてもよい民宿でした。母屋(ままや)といいます。









民宿母屋から徒歩で10分のところには
星砂の浜がありました。
hama.jpg









大勢の人に砂を踏まれてしまったため
星砂は少なくなったと地元の人は言っていましたが
ありましたよ~。分かるかな?
hosisuna.jpg






















カヌーに乗って「ピナイサーラの滝」にも行って来ました。
letsgo.jpg
末っ子までやる気満々♪






10歳の息子と
canue2.jpg


8歳の娘は
canue.jpg
一人乗りのカヌーで片道30分間漕ぎました。






末っ子は行きはパパと。帰りはママと。
私達も一人乗りカヌーを行きと帰りで交代。
canue3.jpg








まさにジャングルのような合間を縫って滝つぼの袖まで漕ぎます。
river_20100103174507.jpg










カヌーでたどり着いてからさらに30分。
ジャングルの山の中を歩いて、滝つぼに到着!
taki.jpg
高低差70mの県内最大の滝です。










nobori.jpg
末っ子。良く歩きました。





「釣り」と「カヌーツアー」の2つが子供達の一番心に残った出来事だったようです。







最後の宿は、星立て村にあるイルンティふたでむらのコテッジ。
cotagge.jpg








中は2階になっている一軒家。
bankbed.jpg
こんなベットに寝ましたよ~。



星立て村はもう島内では見られない群落があり、
100年以上の赤がわらの家なども残っています。
natukasi.jpg
懐かしい感じがしました。
この宿は事前に民宿のにぃにに電話で話を聞いて予約を取っておいたものでした。




村に生えていたがじゅまる。
gajyumaru.jpg
がじゅまるは寄生木なので、中の木をじわじわと絞め殺してしまいます!












夜には、これまた地元のにぃにお勧めの新鮮なお寿司屋さんに行ってみました。
sunomono5shu.jpg
酢の物5種は真に美味。








simasushi.jpg
島寿司には、シャコガイなども入っておりました。








寒い日は日本最南端の温泉へ。
onsen.jpg
外は水着を着て入る露天風呂が4つほど。
慌てて中の湯船につかりましたが、子供達は水温20℃のプールに入って凍えておりました。






たくさんの思い出と共に、、、
shells.jpg




西表を後にする時間がやってきました。
fugu.jpg





また来れるといいな。
kanban.jpg



出発はさんざんでしたが
終わりよければすべてよし!
8年ぶりの沖縄でした。
2010.01.03 西表島へ!
みなさま。
良いお年をお迎えでしょうか。

我が家は25日に飛行機に乗り遅れまして、その日は西表島に行きそびれました。






旅行会社から
「料金は返金しませんが、予約はそのまま残っています」と伝えられていました。



今回のツアーには

1)行きの飛行機代
2)2泊分の宿泊代
3)帰りの飛行機代

が含まれておりましたので
行きの飛行機のチケットさえ買いなおせば
なんとか予定通りに旅行に行くことができます。
















行きのチケットを買いなおしました、、、。
5人分。正規料金で。

















幸い5枚分の飛行機会社の株主優待が手元にありましたので
10万円ほど安く乗れましたが
3人と2人に別れて別々の飛行機に乗りました。
(飛行機がとても苦手で失神しないと乗れないわたしは夫と末っ子と乗り、10歳と8歳は一緒に別の飛行機に)




翌朝朝3時半に起きまして、
もう絶対に遅刻しないぞ!と走った道路は片道30分強。
airport_20100103105636.jpg
到着した飛行場もまだカウンターさえ空いていませんでした









さて、ここからは画像をお楽しみください。
















石垣島に着きまして、西表島に渡る船を待つ間に港の近くでランチ♪
沖縄料理満載です☆
八重そば
麺が大好きな娘達は八重山そば。





kaisen.jpg
いくらに目がない息子は海鮮丼(いくらは北海道だけどね)




jucy.jpg
夫はゴーヤちゃんぷる定食







fu.jpg
わたしは、懐かしい麩ちゃんぷる。





その後西表島へ。
boat.jpg
西表までは船しか交通手段がございません。


boat2.jpg







西表では6日間ほどおりました。

mangrove.jpg
マングローブのジャングルの中をクルージング



nekko.jpg
日本最大樹齢400年のサキシマスオウノキ




umi.jpg
海はさすがに寒かったけれど、、





kai.jpg
たくさん貝を拾いました。



旅行記は、その後に続く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。