上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンクーバーオリンピックで、同年代が活躍している。若い世代を引っ張っていっている。



スキージャンプの葛西選手や旗手も務めたスピードスケートの岡崎選手。


オリンピックに到達するまで並ならぬ練習量と努力と、モチベーションを保つ精神力が必要なんだろう。
わたしもまだまだ負けていられないなと思っている。









ところで、
一方、オリンピックに出る選手はある意味恵まれていると思う。












「とことん一つのことに打ち込める」という環境に。




だから、選手たちはその事実を受け止め
周りに感謝の念を持ちつつ、
そのことも動機となって頑張っているんだろう。









わたしもいま、英語教室運営、高校の教務主任、3児の母親として何足ものわらじをはかせてもらっている。



はかせてもらえているのは
いつも週3日お手伝いに来てくれる両親のおかげ。
理解ある夫のおかげ。
そしてかわいい子供達のおかげ。
だから、もっともっとがんばろうとおもう。










自分が母親として3人の子供達が何かに打ち込みたいときに
子供を信じて打ち込めるような環境を提供してあげられるかな。











実は「陸上」でオーストラリアの大学に入学した後もコーチになってくれると言ってくれた先生がいた。
あのままオーストラリアに残って
とことん「陸上」をやっていたら変わっていたかも。
少なくとも、あの頃私を信じてそういってくれたコーチがいたことを
今もふと思い出す。




自分の子供達が、もしほんとうにやりたいことがあったら
特別な才能じゃないかもしれないけれど
とことん応援してあげたい。






さて。これからフィギュアスケート。
先日は会社で学院長の携帯でTVを見せてもらって先生方と応援した。
今日は、英語教室の準備をしつつ
応援させてもらおう。
海外赴任をされているかた。
海外赴任を経験した方。
みなさんならばきっと一度は目にしたことがあると思います。





海外子女教育振興財団の毎月発行の雑誌「海外子女教育」。

hyousi.jpg
3月号の特集「通信制高校で学ぶ」で紹介されました!

















zassi_20100223174930.jpg
全5ページあまりにも上る記事です。












日本国内の通信制高校ではなく、海外の学校の卒業資格を得られるようになっているところもある、、




から始まり、在校生が2名紹介されています。



帰国子女→日本の有名私立中高一貫校でなじめず当校に入学→今年J大学国際教養大学に入学!



アジアで地元の現地校とダブルスクールをしながら当校を受講→現在帰国子女受験の真っ只中!


株式の株価予想の学習くだりは、ばっちりと指導させてもらいました(^^;



そして最後の学校紹介の写真には!!












見つけた人、教えてください。Wahaha Yukkoが学生達と一緒に写ってますです。



通信制高校もここのニーズに対応したさまざまな学校が増え
少子化の中その在校生は毎年増えて20万人に達しそうな勢いです。
そんな中、教育意識の高い海外赴任のご家庭の「通信制高校」への認知度が高まって来た
時代の象徴ともいえる特集です。


2010.02.21 Happy Anniversary
今年はちゃーんと覚えていました!






何を隠そう本日は、結婚記念日
満11年。12年目になりました。











朝から娘は英検の2次試験へパパと外出。
息子はサッカーの試合。
わたしと末っ子は図書館へ。















午後は、夫とプールへ。






泳ぎ方のコーチングを受け、しっかりと泳ぎ込みました
水をかくというのがこんなに重いものだなんて。
全体的に筋肉をガッツリとつけて
背泳ぎとフリースタイルでいつか試合に参加することに決定。
体重も+2,3kgを目指します。






思えばわたしたちは大学のプールで出会った訳で、
こうして一緒に泳いでいると10うん年前のことがつい最近のようでもあります。







*************************
結婚記念日ディナーは、お気に入りレストラン梅の花へ。
マイタウンにも梅の花がようやく再オープン。
一足敷地に足を入れると、、、、




















まるで豪華な旅館のようでした☆
お部屋も和な雰囲気と緑が窓から見えます。
room_20100221222302.jpg
オープンしてまだ数ヶ月なので、とても綺麗です。


























dengaku.jpg
子供もわたしも大好きな生麩田楽。
最近、デジカメを持って歩かないのであまり画像がよくありません。
















shime.jpg
蟹おこわにおしんこに湯葉のお吸い物。
塩味が薄く、お上品なお料理の品々に舌鼓を打ちました。









10歳の息子は、大人と同じ「梅の花御膳 極」を頼みまして、
200909kiwami-thumb-300x225-1529.jpg


わたしは末っ子と分けたのですが息子は一人で完食。
「あーあーまだ腹減った」
などとほざいておりました。



個室も、温泉旅館の一室のよう。お布団持ってきて、そのまま寝たかった 笑





結婚記念日ということで、写真を撮ってくれました。
shasin.jpg
家に帰って昨年の記念日の写真と並べてみる。
家族写真はあまり取る機会がないので大事な宝物になりそうです。
2010.02.19 toughness
ソフトブレーンの創業者の宋文洲氏の記事を先日読んだ。




北海道の大学に中国から留学して、日本の会社に就職したものの会社が倒産。
日本語があまり上手でない中、自分の研究してきた技術は絶対に役に立つと日本に残って起業。
東証に上場するまでの会社に育った。



その氏が
「自分の子供は中国で教育を受けさせたい」


と言っていた。
日本にはもはやない「タフ」な面が育つからだ、と。
勉強面だけでなくて、精神的な面のタフネスのことらしい。











それとは別にビジネス上中国人の方とそのご子息とお話をする機会があった。

「中国の高校は朝7時から授業が始まります。終わるのは夕方。帰ってから宿題です。」









日本の競争力が落ちていて
海外の投資家も日本がもはや魅力的な投資先とみなしていない。













お隣の韓国は懲役制度がある。
韓国の方から懲役制度についてよく聞くが
あの2年は死ぬほど厳しいが、それを超えた人はそのあとは何も怖いものがなくなるという。
腹が据わるというか。








私達の子供が大きくなって活躍する舞台には
各国から鍛えられたタフネスを持った人たちが集まっている。
その中で対等にやっていくためには何が今必要だろう??







脳科学者の茂木健一郎さんの著者で
「理系の人が育たないという日本は、科学の「感動」に触れる機会が少ないのではないか」と書いてあった。
「感動」すると、人はそれを突き詰めたくなるようだ。
子供が自分で発見して「感動」するような出来事は日常の中であるのだろうか?













子供達は、









もっと不自由なほうがいいのかもしれない。
ハングリーなほうがいいのかもしれない。
放っておくほうが良いのかもしれない。












朝から6枚切りトースト2枚とおかずをペロり。
帰ってからおやつ代わりにご飯一前と納豆ひとパックは当たり前。
夜ご飯のシメに納豆ひとパックとかトーストなんて言うのも日常的。


そんなうちの5歳の末っ子は別の意味の「ハングリー」だ。
ガクッ il||li _| ̄|○ il||li
本日は、バレンタインデー
ひさしぶりに、夫にチョコレートあげてみた。
朝一。子供に内緒で。
















チョコレートもそこそこに、夫はマスターズ水泳大会へ。
準備をして子供達を引き連れてパパの晴れ舞台へ。










おベント持って、観客席に座るわたしたち。
子供達の声援が聞こえたかな。








結果、個人メドレー200m銅メダル。バタフライ50m金メダル
medals.jpg
おめでと~!











周りを見渡すと、
年齢に関係なく水泳をずっと続けている人たちが大勢来ていた。
きっと50代だろう、女性達もスタイル良くて格好いいな。
自分の父くらいの年齢のお腹の出た男の人が50mバタフライを泳いでいた。
ゴールに着いたときは、歓声を上げてしまった。












わたしは何やってるんだろう。
寒いからって、5枚も6枚もお洋服着て家でじっとして。







急に泳ぎたくなった。








帰宅してすぐプールへ向かう。
プールの下にあるスポーツ用品店で競泳水着をゲット。
競泳水着を買うのは、大学時代以来。
img56162831.jpg
この水着に着負けしないように。








泳いだ。
無心になった。
息が切れた。




こういう時間がいとおしく思った。

マスターズへ出ること→マスターズで泳ぎきること→メダルを取ること、を目指してみようかな。
2010.02.12 UNIQLOのleggins
皆さん、寒いですね~。
雪がちらほら降っています。
平日はどんなに寒くっても通勤している分
在宅勤務や自宅の英語教室や休日はつい出不精になりがち。
意を決して、用事とタウンリサーチにでかける。







タウンリサーチとは、Uniqloだ。
そういえば、ここ2週間ほどUNIQLOのチラシが新聞の折込に入っていない。
年末まで創業60周年キャンペーンとか、次々と話題を提供して増収増益を上げてきたから
その反動で通常営業に戻ったのかもしれない。
UNIQLOの柳井さんの書籍を読んだからこそ
もう一度消費者の視点と店舗戦略的視点で店舗を見に行きたくなった。










ところでみなさん、レギンズってはいたことがありますか?持ってますか?










寒いのでぴったりとしたレギンズがいいなぁ、、と
思わず試着をしてびっくり。














思い切り足のシェープが浮き出ちゃうファッションなんですね。
RUNから遠ざかって3ヶ月。
こりゃシェープアップから始めなきゃはけないですわ。








*************************************
おいしいものやお買い物は私のパワーの源!









sweets_20100212115115.jpg
家族で行ったカジュアルフレンチは最高♪
自転車に乗って行ったです。













お気に入りの御殿場アウトレット。
サッカー試合の息子を置いて家族で行きました。





Barney's New Yorkのダウンジャケットをゲット。
シーズン最終なので通常の半額。
タヌキの毛に中のダウンが軽くて来ていても肩が懲りません。
outer.jpg
流行ではない、ベーシックなものを探していました。
さすがにこのダウンジャケットも少々シャイニーが入っていましたが
首周りはシンプルで気に入りました。
お尻まで隠れて暖かい。






・・・とはいえ、今日のファッションは
ヒートテックに綿のタートルネックに濃いブラウンのニットジャケット。
そしてタイツにジーンズ。
上から下までユニクロでしたわ(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。