上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.30 参った!
月曜日から長男長女、スキーキャンプに3泊4日で行っております。

夫、末っ子、わたし、の3人の洗濯物。
3人の食事の用意。
いつもに比べて何もかも量が少なくて物理的に作業が楽です。
楽だといらいらすることもなく、結果自分を責めることなくゆったりとした気持ちでいられます、、が。

仕事先から帰宅中。
電車に乗っていると携帯が鳴りました。
普通は出ないのですが
相手を見ると
「末っ子スプリングスクール、スクールバス」と表示されてるではないですか。
嫌な予感がしました。






「いま5分ほどバス停で待っているのですが、お迎えまだですか?」
と先生の声。


今週は3日間連続でファミサポのおばあちゃまにお願いしていたので
折り返し確認すると伝えて電話を切りました。











ファミサポのおばあちゃま。
携帯、留守電。









何度かけても駄目。

そのうちバスドライバーさんと先生が
末っ子をインターナショナルスクールに連れて帰るというではありませんか。
片道車で45分。
往復1時間半の道のり。
仕事から帰ってそれはとてもじゃないけれどしんどいです、、、。










ご近所さんのママ友さんに頭を下げながら電話をしてみたところ
タイミング良く、快く末っ子のお迎えに行ってもらうことができました。











アレンジメントのため電車で話し続ける私、、、。
ごめんなさい。周りの人、迷惑だったよね。
冷や汗がたらたらでした。






ママ友さんには、お礼の品を購入して家までお迎えに行きましたところ
末っ子はケロリと遊んでおりました。



ファミサポのおばあちゃまは
出かけてしまってお迎えのことをお忘れになっていたとのこと、、、。



参った!!


の一言です。




長男長女がいればお迎えに行ってもらえたということを考えれば
いてもらったほうが助かることもあるということが分かりました。


仕事帰りに精神的なエネルギーをたっぷりと使ったので
この辺で早々と床に就こうと思います。
おやすみ☆
連休の2日は一泊2日で温泉宿へ。
場所は伊豆の熱川にあるカターラ福島屋という宿です。







この宿はかねてから泊まりたいと思っていました。
お目当ては
お料理と温泉を利用している室内プールとジャングル風呂、露天風呂などなど!









saijokai.jpg
お部屋は最上階のデラックス和室。
温泉風呂付きで、12畳と6畳の2部屋続き。ここに住めそうな広さでした。




oceanview.jpg
夕方眺めるベランダからの海。
朝焼けも心が洗われるよう






宿には温泉が引かれているプールがありまして
そこでたっぷりと遊んだ後、水着のまま入る混浴スペース「ジャングル」へ移動。
slide_20100322210835.jpg
ジャングルの中の温泉をイメージして、こんな滑り台もあるのです。







jungle.jpg
全部で12箇所も温泉風呂がありました。









そういえば、女性には嬉しい浴衣。
yukata.jpg
いろいろな色から選べるのです!
春をイメージして桜色で。






お食事は、お部屋で頂きました。
ryori.jpg
小学生2人にも活アワビがついてきます。
(5人で一匹で十分です。ほんとは)






avalone_20100322210725.jpg
網で焼いていただきました。
・・・贅沢すぎます。子供たちにはありがたみが通じていたかな?!
かあさんだって、アワビを丸まる一匹食べるのは多分これまでの人生2回目だぞ。





iseebi_20100322210538.jpg
イセエビとサザエのお刺身。人数分も用意してくださいました。
こんな豪華な料理は見たこともありませんでした。







朝のバイキングも和洋折衷で満足満腹♪









ご察しの通り行きも帰りも大渋滞で、
息子のサッカーのイベントにも間に合わずでしたが、、、(><)






よい出会い。
よいお食事。よいお風呂。
家族みんなでワイワイと。
ほんとうによい旅となりました。



この旅は私の仕事の取引先関連でご紹介いただいた宿でしたので
ちょっと豪華すぎる感じもしますが
子供が喜ぶプールやジャングル風呂、露天風呂なども満載で100点満点☆

さあて。
また明日から一仕事頑張るぞ。
3連休でしたね~。
お引越しを数ヶ月に控えている我が家にとっては
この連休が引越し前の最後のんびりモード。




初日は、地元のスポーツクラブの水泳サークルに初参加。
集まったのは老若男女10数名。
決まったメニューを泳ぎながら
スタートの練習やアドバイスをインストラクターからもらいつつ
ビデオ撮影や記録会を行いました。
自分の泳ぐ姿をビデオで撮ることはないので
参考になりましたわ~。






1時間半練習した後、スイムのタイムを取りました。
わたしは得意の50mフリースタイルを選びました。
飛び込みなしで測ったところ
41秒23とのこと。
今度出場するマスターズ短水路水泳大会の
同年代の女性の記録タイムは27秒台
15秒も遅いなんて!!
ちなみに夫のタイムは26秒台だそうです。
短水路大会の記録によると80代以上の方の記録がわたしのタイムと同じでした(^^;
すごいわー。

伸びシロが大きいということで
気を取り直し、最後は水中バレーボールをして解散。






大会まで1ヵ月半。
せめて35秒くらいにしたいものです。
2010.03.18 Spring Camp 2010
もうすぐ春休みですね~
保育所と系列の幼稚園に行く末っ子は、既に午後18時まで毎日お世話になっています。
待機児として保育所の入所を待たなくても
こういうFlexibleな制度があれば一般の働く母も増えるし助かるでしょうね。



春休みは、子供たちにお留守番だけではもったいないと思いまして
普段ではできない体験をさせるべくスノーキャンプと英語キャンプに申し込んでみました。



【末っ子】
毎日幼稚園か保育所を往復するというChoiceもありますが
兄と姉が週末に行っている英語保持クラスが行っている
スプリングキャンプに一人で行きたい!とのこと。


英語で過ごす4日間」というスプリングスクールです。

一日6時間英語だけで過ごすカリキュラム
例はこんな感じです。

一日の過ごし方
1時間目 「英語」 テーマ“おともだちゲット
2時間目 「体育」 ボール遊び“What time is it, Mr Wolf ?”
Lunch 「今日のメニューは?」
エビフライ・スパゲッティ・サラダ・フルーツ
3時間目 「音楽」 手作り楽器でLet’s dance !
4時間目 「理科」 わくわく実験“春の色水づくり”
5時間目 「アート」木の枝を使ってオリジナルフォトフレームをつくろう

ありがたいことに地元の駅までスクールバスが来て、しかも給食付き。
お迎えの時間には間に合わないので新しくお願いできそうなファミリーサポートのおばあちゃまにお願いすることにしました。

この学校、LCAのよいところは
まるでアメリカの学校がそのまま再現されているところ。
英語を「お勉強」としてではなくて
「生活の一部」として取り入れているところが気に入っています。




【長男と長女】
この2人は夏に行った長野県が運営しているサマーキャンプがとてもよかったので
今回はスノーキャンプに行くことになりました。スノーキャンプin 信州2010は→こちら


新宿駅で集合してバスでそのまま長野県へ。
スキーもウエアも全てレンタルして3泊4日のキャンプです。

スキーに挑戦するのは初めて。
子供たちはシカゴの雪が懐かしいらしい。

このキャンプのよい点は
筑波大学の大学生がキャンプリーダーとして面倒を見てくれること。
アメリカのサマーキャンプみたいでしょ♪

それと地元が企画しているので
市や地元のホテル、ペンションオーナーが総出で子供たちをしっかりとケアしてくれるところです。

スキーやソリ遊びはもちろんのこと、
みんなでお風呂に入り、花火をしたり!キャンプファイヤーをしたり、
お話会を開いたり、、、、。
と知らない人の中でもやっていけるんだな~ということを感じて欲しい。



短い春休み。
親は何もしてあげられないけれど
外でたっぷりと子供たちは体験学習をして帰ってきます(^^)

(わたしも行けるものならば行きたい!とおもうものを基準に選んでいます)
映画に行った前日、土曜日に勤務先の卒業式がありました。
通信制のインターナショナルスクールとして11回目の卒業式です。
sotugyo.jpg








いろいろな国籍の生徒やそのご家族、友人が出席してくださって
盛大な式となりました。
cheese2.jpg
受け持ちの生徒さんと。
アメリカの卒業式にふさわしくCap and Gownを着て。













cheese_20100314161552.jpg
担当した男子学生と。
みんなそれぞれほんとうによくがんばったなぁ。





式の後は、会場を変えてお祝いの会へと移動。
同じく卒業式を行っていた姉妹校の日本の通信制高校と
合同で立食パーティーを行いました。







卒業式が終われば、次は入学式の準備。
次々とイベントが待っています。



それにしても
多くの保護者さんや生徒の前で
スピーチをする練習をしなくっちゃ 汗
あと、髪の毛そろそろ切り時かなぁー。
2010.03.14 子供孝行デー
今日は、夫が水泳大会(また)なので
久々に子供たちのプレイデートを実施しました。










近くのアウトレットモールの映画館に
子供三人とそれぞれの仲良しさんを連れて行きました。
車で15分もかからないところにありますが
今週1週間はこの日を待ちわびていた子供たち。
長男は朝6時前から起きていました。















見に行った映画は「ドラえもん」!!



5歳の末っ子から長男まで、
そしてお友達もみんな観られる映画なので選びました。
(ほんとはアバターを見に行きたいとかハナモンタナを見に行きたいとか意見はありましたが。)



5歳の末っ子のお友達も誘ったところ
そのお友達は「ドラえもんに興味がない」とのこと、、。
決してみんなが好きなわけじゃないのね(^^;







Theatreに着いてジュースとポップコーンを持たせて
5人を入り口に送った後、
羽を伸ばしに店へと繰り出す!

当初の予定では
映画館の近くのCafeで2時間新聞読みや読書や仕事をしようと思っていたのに
ついウィンドウショッピング。






そのあと、やっと落ち着いて、、
cafe.jpg
最近アマゾンで注文した「勝間和代」の著書。「自分をデフレ化しない方法」を
チャイ片手に読みました。
この方の本、好き嫌いはあると思いますが
観点が面白くはっきりとしていて分かりやすい。
自分に似た部分もあるんだろうなぁ。







映画館から出てきた子供たちは楽しかった様子。
家に戻ってきてからも少し遊んで
息子はこれからサッカーの練習に行くはず。




平日は中々家に招いて遊ばせてあげられないから
ひさびさにお友達と遊んだ。
お友達と一緒に映画へ連れて行ったのは夏以来。年2回の子供孝行。
でもわたしも羽を伸ばしたから
子供孝行だけれど、実は親孝行なのかも。

今週の月曜日8日の日経新聞の夕刊にこんな記事が出ていました。
すぐに次の日に勤務先の学校でも話題になったので紹介します。


「二つの言語を話す「バイリンガル」の子どもは一つの言語を話す子どもに比べ、会話を理解する能力が高いとの論文を、板倉昭二京都大学准教授(発達科学)や英シェフィールド大のマイク・シーガル教授らの研究チームが8日までにまとめ米科学誌プロスワンに発表した。
 日本や英国、イタリアで、4~7歳のバイリンガルの子どものグループと、一つの言語を話す子どものグループに同じ人形劇のDVDを見せて、会話を理解する能力に違いがあるかどうかを調べる実験をした。

 例えば「私の犬を見掛けなかったか」という問い掛けに「庭にいたよ」と答える人形と 、「空にいたよ」と答える人形のうち、変なことを言っている方を指でさしてもらうという方法だ。

 比較したのは英国に住む日本語と英語のバイリンガル33人と、日本語だけを話す日本在住の55人。イタリアでは、ドイツ語とイタリア語を話す36人と、イタリア語だけを話す41人を調べた。

 バイリンガルのグループと一つの言語を話すグループで語彙の豊かさや社会的階層などは同じになるよう、条件をそろえて違いを分析したところ、どちらの実験でもバイリンガルのグループの方が変なセリフに敏感なことが分かった。今回の結果について板倉さんは「バイリンガルの子どもは二つの言語を介して異なる文化を学んでおり、より多くの経験を積んでいるため、会話への感受性が高いのではないか、と話している。」


とても興味深い。
他の国の言葉を駆使するということは、「言葉」という表面的なことだけではなくて
その文化的な背景や表現力まで読み取る力があるということがこの科学的な実験で証明されたということだ。



この結果を受けて、日本の公立小学校もどんどん英語(多言語)の授業を取り入れて欲しいとおもう。
アジア諸国でTOEFLテスト平均スコアが最下位の日本。

「まずは日本語をしっかり学んでから他言語を」

という方針はちょっと国際的に遅れていると思う。

胸を張ってバイリンガル教育しましょう~!!
2010.03.09 雪の舞う夜に
どうしても泳ぎたくて
父が手伝いに来たタイミングで
会社帰りにスポーツクラブに寄りました。









3月なのにちらほら降る雪の中。
いつもなら会社帰りの人たちで混んでいるだろうに。
今日は一コース一人ずつ。
快適に泳ぐことができました。










目下の目標は
5月にあるジャパンマスターズ短水路水泳大会出場。
いまのところ

フリースタイル 50m
背泳ぎ 50m
バタフライ 50m

を考えている。







マスターズは、登録した団体所属の人しか出場できません。
今の会社(通信制高校)として出場するか
夫が所属している夫の会社の水泳同好会に所属するか
今練習しているスポーツクラブのサークルに入るか。







取り急ぎスポーツクラブのサークルの体験練習会の参加申し込みだけはしてきました。
飛び込み練習ができるそうです。





飛び込みは長年の私の課題です。
大学の体育の水泳の授業のアシスタントをしていたとき
教授から
「みんなの前で飛び込みをしてみせなさい」といわれて
冷や汗をかきましたです。





水泳の練習は、この道何十年の夫にアドバイスを受けて
効率のよい練習ができています。
ここ数回で体もうんと筋肉がついた感じ。
体が柔らかくなった感じ。
肩がよく回るようになった感じ。
です。




大会まであと2ヶ月。
引越しもあと3ヶ月。
そして、仕事上も4月入学に向けてとにかく多忙。

水泳なんてしている場合じゃなかったりするんだけれど
ほんの1時間半足らずの自分だけの時間。
意識しないと確保できない大切な時間。
肩こりが取れてよく眠れそう。
2010.03.09 AZABU
これだ~!
















と、内覧した物件は
港区麻布の戸建3階建てでした。










屋上付の110平米以上でこのお値段!











周辺に公園や野球場、テニスコートもあるし
小学校からも近いし
夫と私の職場は自転車通勤できるし、、。














と思ってワクワクで臨んだのですが。














築30年でした。
部分部分のリフォームは認められましたが、、、









各部屋のエアコンが20年前くらいのものでした。
網戸がつけられない仕様なので窓ガラスだけでした。
ユニットバスでした。
キッチンは元サンルームの場所にとってつけたようなスタイルで
人一人が蟹歩きをしてやっとお料理できるくらいでした。
しかもその奥の室内洗濯機置き場まで
やはり蟹さん歩きでコンロすれすれに行かなくてはいけません。
フローリングですが板の上に白のペンキを塗っただけでした。

















仕事から帰ってきたら一息ついてゆっくりと浸かりたいお風呂。

たまにはおいしいものを作りたいから広いキッチンが欲しい。

自然風が好きなので網戸で風を通したい。














嗚呼。迷って迷いましたが
妥協できませんでした。









帰り徒歩でいけそうな場所にある
六本木ヒルズでディナーをして帰りました。






お引越し。
一から振出しに戻りました。期限はあと約3ヶ月。
2010.03.05 お引越し
新年早々、大家さんが戻ってくると連絡を受けておりました。











借家なのでこういうことも致し方ないのですが
思えば結婚して11年。
これで6回目の引越しになります。
お引越しが決まったとき、
「また新天地でやり直し」かと、気分がブルーになりましたが
このままここにいても
往復3時間の通勤時間は変わらなくて体力勝負は正直きつかったので
前向きに考えることにしました。

学期の途中で学校が変わることになったら子供には申し訳ないけれど
夏前の退去日ぎりぎりまでいようと考えていました。














・・・が。










いつものようにネットで検索をしていたら
運命の物件が見つかったのです。
もうこれだ!と。










明日家族そろって内覧に行きます。
もし決まったらここ数週間で引越しをしちゃうかも。
もし決まらなかったらまた一から物件探しです。
8歳の娘。







今回は英検準2級に挑戦しました。









そして無事に1次も2次も合格!


今月は彼女のバースデーなのですが
合格のお祝いとお誕生日のお祝いのダブルプレゼントは何にしようかと
あれこれと楽しそうに考えています。









次に目指すのは長男準1級と長女2級かな~。

この2つの級はそれぞれ真剣にチャレンジしないと
なかなか合格は難しいと思いますが
やりたい!
という気持ちが整ったら受けると思います。


遊びもスポーツもピアノもお勉強も。
得意分野をうんと伸ばしていけたらいいな。
先日お伝えした
海外子女教育振興財団の冊子「海外子女教育」3月号の通信制高校の特集記事はこちらになります。

↓          
Click to View



タイトル左下の生徒宛のメールは私が書いたものでした。

こんな仕事をしているのね~
こんな学校があるのね~

と感じていただければ幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。