上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母。
この週末は子供たちにやられっ放しです。








土曜日の運動会。
徒競走にリレーに頑張った息子娘。


5年生はもう組体操や騎馬戦をするのですね。
あまり話さないもんだから、知らなかったー。

すっかりたくましくなった5年生のみんなを見て
胸が熱くなりました。
3年生のときに英語のヘルプで関わっていた頃に比べて
うんと成長した姿を目の当たりにしたから。






運動会の夜は
息子に涙を流してせがまれたのでもう一度Sleeping Overを実施。
サッカーのチームの仲良しさんと
サッカー以外の仲良しさんが別々に居たらしくて
先週お呼びしたのはサッカーチームの方。
今週は3,4年生のクラスが一緒だったら仲良しさんでした。

楽しそうな子供たちの様子を見て
まだ2年に満たないのにこんなに素敵なお友達を作って来て
たくましいなぁとまた胸が熱く。











日曜日は息子が所属していた少年サッカーチームの練習最終日。
息子のためのメニューを考え、
試合ではボールを回すようにしてくれていました。
Dにボールをまわせ~~!
なんていう掛け声があちこちから飛び交っていました。

夜7時前にやっとゴールできたところで練習終了。
チームワークがしっかりとはぐぐまれて
体力がついている20数名の子供たちがまぶしく見えました。




最後にみんなとコーチからプレゼントをもらい一言挨拶を。



少年サッカーは
帰国当初、アメリカの教え方とは全く違って愕然としていたのですが
私の知らぬ間に息子は息子なりに消化し、順応し、すばらしい友達まで作っていました。




子供たちはケロリとサッカーイングランド戦をテレビで見ていますが
切ない気持ちと
胸が熱くなり
お引越しの作業で疲れているはずなのに
眠れそうもないのでした。
マスターズ水泳大会後、プールから遠ざかって3週間。


お引越しをすると
いつも通っているプールにはもう行かないので
3週間ぶりに行きました。


大会まで応援してくださったプールにいるおばちゃま方に
大会の報告と応援のお礼とお引越しのご挨拶をと思いまして。






水泳って単独競技なので
黙々と泳いでいた私に
声をかけてくださったみなさん。

お話しすると人生の経験者の貫禄と
心の広さに圧倒され、
仲間のような親しみがわきました。





プールへ行くとやっぱりいました。

大会のご報告後に
転居のお知らせを。


顔を曇らせて残念だ、と言ってくれました。




亡くなっただんな様は絵描きで
個展を開いているそうです。いつか行ってみようと思っています。



話の流れで年齢の話になりまして。

いくつに見える?

といわれたので

自分の母よりは年上の72,3歳と伝えると

今年85歳になるとのこと。
娘さんは62歳でお孫さんは33歳だそうです。
わたしはお孫さんの年齢だわさ。



そのKさん、
なんと目下バタフライに挑戦中です。
肌の張りがあって、若々しい!!


お互いに住所を交換して
ふみ交換ができれば、と思っています。


素敵な出会いでした。
マスターズに出たことよりも
プールでの年の離れた友情に感謝したいです。





**********************

ご近所さんに送別ランチを開いてもらいました。
320x320_rect_3122365.jpg
お気に入りのイタリアンで。




あまり社交的でないし
2年にも満たないうちにまたお引越し。


そんな中での一期一会。


出会ったことを大切に
次に進もうと思います。
土曜日の夜から日曜日にかけて
5年生の長男はお友達を二人、4年生の長女は仲良しを一人呼びまして
お泊りに来てもらいました☆





Farewell Partyもする余裕がないので
せめてもの思い出作りをしてもらいたいと思って
提案したところ、
子供たちは大賛成♪




子供の数が一気に倍増しましたが(3人→6人)、
もうこうなったら3人も6人も同じじゃ~。






長男のお友達が家の外でしゃべっている内容が聞こえてきました。

「俺、Dのうちに泊まるのすごく楽しみ。
一番楽しみなのは、何か知ってる?」


・・知らない。





「Dのうちのご飯!なんかうまそうじゃん」


「いつもお前のうちの前通るといい匂いがするんだよな~」










おおーー母はプレッシャーを感じましたが
何を隠そう8人大家族の夕飯はもちろんカレーじゃー!

curry.jpg
見よ!食べっぷりのよいサッカーBoys達よ。






そして女の子たちのためにサラダも用意。
こちらも大盛り。
salad_20100523184942.jpg





3人のBoysはChessをしたり長男の部屋で遊戯王カードで遊んでいたり。
末っ子を含めた3人のGirlsは遊びながらも何かとお手伝いや男の子へのちょっかいで大忙し。






おしゃべりGirlsは意外にも10時前には就寝。
Boysはその反対で11時になっても深夜を回っても
ずっとずっとおしゃべりと笑い声が絶えず、、、。
2時になりようやく静かになりました。



*********************************

次の朝はこれまた8人分のパンケーキ作り。
バナナをたっぷり入れて少し甘めに仕上げ、野菜スープを作りました。
pancakle.jpg
先に起きてきた女の子たちは自分たちのパンケーキを思い思いの形に焼きました。



夜更かししたboysたちも7時半には起床。
礼儀正しいスポーツ少年たちは
挨拶だけでなく、片付けもきちんと。


その後は、所要を済ませた後
6人の子供たちを連れてMovie Theatreに行きました。




ランチはマック。
わたしはマックを20年ぶりくらいに食べました。
どうしても添加物一杯のファーストフードは嫌で避けていたのですが
子供たちのおなかを満たしてくれるのはマック!!






夕方になり、友人たちが一人、二人と帰った後、
我が家の子供たちもいつの間にかソファーで寝始めていました。

幸せそう♪♪な寝顔で。








そこから私たち夫婦は引越しの荷造りです。
boxes_20100523184916.jpg


子供たちも満足してくれたかな?
と思うと
ちょっぴり頑張った週末も満点です。
帰国してから1年と9ヶ月。

子供たちの英語保持については
自分たちなりに考え、
シカゴの現地校で実践していた
毎日20分のRAH(Reading At home for at least 20mins)を続けております。

それと平行してCartoon NetworkやDisney Channelを観たり
英語保持の土曜日の学校へ通ったり
母のわたしの英語教室に一緒に参加したりして
英語に触れ続けてきていました。

それでもアメリカにいるときは学校にいる間はもちろんのこと。
家でも英語で話すことが多かったので
年間にすると6000時間ほど英語にさらされていたと思います。

それが現在は週末の3時間の学校と読書などもろもろで
あの頃に比べると100分の一くらいの時間になっています。


そうなると、どんなことをしても英語は忘れてしまうものなのですね。
当然のこととして受け止めていましたが
本日、英語保持クラスの講演会で講師の方から興味深いお話を聞いたので
ここにまとめておきます。



**************

子供たちが帰国後に英語力を失ってしまうことは
Language Lossではなく
Language Shiftだということ。
言語忘却は自然現象なので、防ぐことはできない。
もちろん普通の努力では日本に帰国してから年齢相応の英語力に伸ばすことは難しい。
ただ忘却のペースを遅らせることができる。
それが英語保持クラスと家庭の役割である。




言語に4つの側面がある。

Speaking
Writing
Reading
Listening


その中でも上の二つはすぐに衰えてしまうProductive Skill.

下の二つは衰えにくいReceptive Skillと言われている。

保持クラスではReadingを推奨し、
それを元にJournalを書き、
Discussionを続けることで
英語保持を目指す。




英語の忘却が進む過程は次の通り

語彙(帰国後すぐに忘れてしまう)→流暢さ Fluency→複数・3人称などの使い方→語順→最後まで残るのは発音である。

特に小学校3年生以降に帰国した場合は発音は残るし一番忘れにくいとの調査結果がある。




親の英語力と子供の英語力の関連性はない。
英語保持に関しては
親の英語力よりも態度にに関係がある。


英語を保持することが以下に大切なことなのかを子供に態度で示す。説明する。
一緒に英語の絵本の読み聞かせをする。
(下手な発音でも良いそうだ。子供は正しい発音を記憶しているから脳で組み替えている)


英語のアニメやテレビを一緒に見る。
(子供だけで見させて自分は我関せずではない)


英語の本を読み続けるのが難しい子供であれば
興味のあることと英語をつなげる。

お料理が好きならば英語のレシピをダウンロードして一緒にCookingをする。
サッカーに興味があれば英語のHPを子供に読ませる。




********

子供たち。
本日入室テストを受けてまいりました。
合格率が80%なんだそうです。


晴れて受け入れていただくことができれば
新しい教室に6月から通い始めます。

New Start、一歩です。
昨日、携帯メールに英語教室で教えていた生徒さんのお母様からメールが届きました。
「お引越しの前にご挨拶に伺いたいので、お時間はありますか?」と。



カレンダーを見ると
なんともう引越しまで2週間に迫っていました。


慌てて子供たちの学校の先生にもお手紙を書きました。




長男が早くからの引越しアナウンスは嫌がっていたので
少々待っていてもらっていたからです。
最後の登校日まであと2週間となると、
学級運営上そろそろ皆さんにも伝えてもらった方が良いとの判断でした。


嫌がっているものの
子供たちはとっても強いです。

何度も親の都合で転校をさせてきた
私の方がナーバスになっているかも、、。




「Rみたいないい友達が新しい学校にもいるかな。」
と長男は夫にポツリと言ったそうです。



息子は日本の保育所でも仲良し君たちがいました。
滞米中もずっと連絡を取り合って心の支えとなっていました。

サンノゼでもAというアメリカで生まれたボスニア人の親友がいました。


シカゴでも気の合う4人組がいて
最後の日にはお泊りもさせてもらっていました。
そしてその一人のCとは今でもメールが続いています。



だから、次も絶対大丈夫!!
と伝えてあげたい。


大丈夫だと信じています。




**************************



末っ子の受け入れ先が決まった保育所の園長先生から連絡がありました。
とてもよい幼稚園に通っていたのでお別れは本当に残念ですが
保育所になると私たちはうんと助かります。




明日土曜日。
朝8時から家族はそれぞれの目的地へ向かいます。


母+上二人は英語保持クラス関係→水泳、サッカー
父+末っ子→新居先の保育所の園医さんの検診を受けたあと、担任の先生になる方と面接、水泳。



きっと2週間しかないと思わないのは
あまりにも家の中がまた通常モードだから。
和室に120枚のダンボールが重ねてあるくらい。

日曜日こそは少しずつ箱詰めしなくちゃ。

寂しいと思う時間もなく
あわただしく引越しになってしまいそう。
引越し前にお茶をしたかった近所のみなさんに連絡しなくちゃ。
転居に伴って我が家の子供たちの習い事もすべて変更することになりました。

ピアノ→探し中
テニス→探し中
サッカー→転居先に少年サッカーがあるらしい
水泳→近くの駅にスイミングクラブがあるらしい



そして帰国後ずっと続けていた「英語保持」クラス。


とても気に入っていたLCA小学校のウィークエンドクラスは距離的に通うのが難しいので退会することになりました。

LCA小学校ウィークエンドクラスのおかげで子供たちの英語力はそこそこ保てていましたし
英語以外の社会や音楽、体育、、などの教科も楽しんで続けることができていました。





新しく始める保持クラスはお馴染み海外子女教育振興財団さんの英語保持クラスです。



現在は英語クラスのほかにサイエンスクラスなどもできて
充実していると聞いておりますが
2クラスを取るとLCA時代とお値段があまり変わらないことも判明しました、、涙






一方でインターネットを駆使している通信制高校に勤務しているおかげで
いち早く教育のいろいろな情報を手に入れることができます。




今日お話を聞いたのは
Skypeでマイクとカメラを使って好きな時間に自宅で毎日50分の英会話。


フィリピンの国立大学生と英会話をして一ヶ月8000円の英会話レッスンが
ビジネスマンや高校生を中心に広がっているとのこと。

プランは
毎日25分プラン 5,000円/月
毎日50分プラン 8,000円/月
週末毎日25分プラン 3,000円/月
週末毎日50分プラン 5,000円/月

と様々です。


一番気になるところはフィリピン英語の発音だと思いますが
日本で言う東大と同等のフィリピン大学の学生が教えているということで
デモンストレーションを拝見しましたが
許容範囲でした。
むしろ、こちらの英語を話す場を気軽に明るく作ってくれる学生さんたちが
優しく教えてくれるので
英語力保持や英語のプレゼンテーションにはばっちり。


大学生のお兄さんお姉さんが
おしゃべりな娘の今日の出来事だけでも話し相手になり、
しかも英語であれば十二分のような気がしました。


利点は以下の通り
1)とにかく安い
2)場所や時間に縛られず自宅でマンツーマンのレッスンを受けられる
3)レベルにあった会話をしてもらえる。テキストベース、会議のプレゼンテーション、スピーチコンテストの練習、TOEICなどの資格試験に向けてのレッスンも可
4)次の1回までの予約ができるので何ヶ月も待たされることがない
5)登録されている講師は800人以上!
6)オンラインカスタマーサポートが常時しているので回線の具合が悪いとすぐに対応してもらえる

などなど。

ちなみに無料体験でどなたでも2レッスンまで受けれるそうなので
引越しが落ち着いたら
子供たちに体験をさせてみようかな~と思っています。



「スカイプ」はアメリカ時代でも気軽なツールとして使用していましたが
全世界的に、ビジネスの場でも登場するようです。




有名なスカイプを使った安い英会話は

レアジョブ
e4e
が今脚光を浴びています。


時間がなくて忙しいお子さんを持つみなさま。
海外の人に英語を教えてもらいたいと思っている皆様。
面白い試みだと思います。ぜひトライを!
体験をしたらまたご報告いたします~♪
マスターズ水泳大会が終わった途端に
水泳練習モードから引越しモードに頭が切り替わっちゃった。



勤務している日は日々の家事で精一杯なので
引越しの準備をするのは週末だけ。
準備、、、といっても箱詰めではなく
まずは荷物の整理からなのでございます。






アメリカから持ってきた荷物が5人分、、となると
もうすざましい量でして。




「ガレージセールがしたい」






よっぽど駐車場に物を並べようかと思いましたが、
洋服や書籍類はBook Offへ。
雑貨類はヤフオクで売ることにしました。




アメリカでの帰任のときの売り上げは確か1000ドル前後だったと思いますが
今のところ全部ひっくるめても2万円くらいです。
大きな家具類に至ってはお金を払って引き取ってもらわねばいけない日本。
引越し貧乏とはよく言ったものですね~。





年末の大掃除もやっていなかったので
荷物整理には良いきっかけとなりました。




自分で作ったルールを適用。

「帰国してから一度も使ってないものは自動的に捨てる」



お薬に至っては
「オムツかぶれ用の塗り薬」とか
「赤ちゃん用のいちじく浣腸」とか
年代ものがごろごろと出てきたので
ポイポイ。



キッチンのものも
アメリカで使っていた大きなタッパーは
殿堂入り?ご隠居になってもらいました。



今日一日だけでごみの袋がごっそり。
gomi.jpg
上記+3大袋ございまして、
妙な達成感を感じております。




朝起きるときは
週末は絶対に朝寝坊しよう!
と思って起きるのに
なんやかんや動き回っております。


箱詰めはラスト1週間で。
それまではとにかく捨てまくります。
2010.05.13 女性専用車両
通勤で利用している列車に先月半ば「女性専用車両」がスタートした。




images.jpg





女性だけ、なんて差別なんじゃーないか、
と海外だったら言われそうだ。
女性車両があるのならば
男性車両だって
老人車両だって
子供車両だって
何だってできそうだ。





だけど、「女性専用車両」がわたしは実はとても好き。

第一朝のラッシュ時に比較的に空いている。

そしてあの変な臭い、、、、がしない。
(嗅覚が敏感なので 汗)
タバコ、汗、その他もろもろの臭い。



おかげで快適な朝のラッシュアワーになった。





ところが、その女性車両。
使っている鉄道会社ががんばって宣伝をしていないから
いまだに間違えて乗ってくる男の人が必ず毎朝いる。
たった一人二人の男性なのに空気が変わる。
緊張感なのか、、、。


「あの、朝この車両は女性車両なのですが」

と言っている人はこの1ヶ月でたった一人のおばさま。

「女性車両」なんてずるい・おかしい
って思われていると感じてる私たち世代は
見てみぬふりだ。



途中で女性オンリーの雰囲気に気が付く男性のリアクションを見るのが
毎朝のちょっとしたインターミッションになっている。



注意しない女性の優しい心遣いと
間違って乗ってしまったことが恥ずかしい男性のために
駅での注意アナウンスと
電車でのアナウンスをもっと頻繁にしてもらいたいものだ。

この快適女性車両ともあと数週間でさよならなんだけどね。

帰宅して一息ついた18時過ぎ。
さあて、夕飯を作ろうと炊飯器を覗くと米びつに茶碗半分くらいのご飯しかなかった。


どうにもこうにも今日は週後半。
がんばって一から作る気にならずに
奮発。



ピザを頼んだ~★★










なんだかSpecialな日じゃないのに
Specialみたいだね。




と子供たち。





野菜たっぷりのクリームシチューを作りながら
ピザの到着を待つ。



pizza_20100513192759.jpg

あっという間にLサイズが残り数ピースに。


ちょっとした幸せ感を子供と分かち合いました^^


2010.05.12 Antique放出中
新居を土曜日夕方遅く、子供たちが習い事から帰ってきてから
みんなで見に行きました。

新居


メジャーで図って、

ピアノはここ、
2段ベットはここ、、、

と想像しながら。





新しく住む家の敷地は広いものの
箱が今の家よりも狭い。特にリビングが狭くなります。






そこでお荷物整理の一環で
長年コレクションしてきたAntiqueちゃんたちを
一部喜んでもらえる方たちにお譲りすることになりました。






こんなのや、、
chili.jpg






lidand.jpg
ゴージャスなプレートや




onehundled.jpg
こんな可愛い子達です♪♪



ヤフオクで放出しています。
ご興味があったら声をかけてくださいね。
家まで取りに来てくださったら思い切りディスカウントしますよ~

pool_20100510181722.jpg
生まれて初めて水泳の公式戦に参加しました。









自由形50m
背泳50m





タイムはそれぞれ36秒88と44秒65。


普段「全速力で動く」ということがあまりないので
2レース目は試合が終わった後倒れそうになりました、、。
力みすぎだっちゅーの。







年齢別の順位が出るのですが惨敗。
週1回の水泳の練習では
おばちゃんたちに随分と褒められていたのですが
大会とは泳ぎこんだスイマーたちの集まりなんですねー。





次の日に冷静に考えると
練習時よりタイムがずいぶんと良かったから
喜んでもいいんじゃないか?ともおもいました。
いづれにしてももっともっと楽しめるようにしたい。




それにしても
こういう大会は
いっそがしい時に出るものじゃありませんね。
家族にも迷惑をかけてしまいました。

生活に精神的物理的余裕ができたら
またチャレンジします。


ちなみに夫はいつものようにメダルをゲットしていました。
2010.05.05 朝の築地
一、に引越し
二、に引越し、
三、四がなくて
五に引越し



でしたが、せっかくのGW。
かねてから行きたいと思っていた築地へ!
honmaguro.jpg
築地の駅を降りるとどーんと、マグロの看板が目に入りました。




娘2人は九州の夫の実家へ行っていて
サッカー三昧の長男と3人きり。
朝一の築地は活気があってまるでアジアンマーケットのよう。
market_20100505070405.jpg
考えずに歩いていると間違いなく、魚を運ぶ電動台車に轢かれます 汗








maguro2_20100505070508.jpg
私たちが到着したのは午前6時半頃でしたので
セリは既に終わっていました。








maguro.jpg
あちらこちらで作業をしている人たちを目の当たりに。







crab.jpg
水槽に入った魚や生きている蟹!!!








そしてお目当ての新鮮なおすし屋さんへ。
hereweare.jpg
長蛇の列。朝7時半前でございます。













並んだ甲斐あって、1時間ほどして店舗に入ることができました。
omakase.jpg
おまかせにぎりコース、スタートです。








ikura.jpg
消毒のにおいがしない、新鮮でぷりぷりな魚介類。






anago.jpg
あなご~!口でとろけます。



・・人生で一番贅沢な朝食だ~



5月4日は、半値市ということで
徐々に人口密度が高まってきました。
わたしたちはその波とは逆方向、駅へ向かいます。
朝9時半に帰途につきました。
お土産は、、








katubushi_20100505070532.jpg
自分で削る鰹節。
これでしばらくは築地の味を堪能できそうです♪
残すところあと1ヶ月になりまして、ようやく引越し先を決めることができました。





大家さんが戻ってくる!





と聞いたのは年明け早々。
少しずつ見て回って、全部で6,7軒ほどになったでしょうか。





なかなか決め手がなく
悩みに悩みましたが


エイっ

と決めてしまったら途端に楽になりました。



また子供たちは学校や習い事をすべて変えることになりました。




その代わり
私たちの職場からはうんと近くなりました。
電車に乗る時間は20分あまりです。




さて、ここから1ヶ月。
末っ子の保育所探しからスタートして
家の中の物の整理などラストスパートです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。