上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日韓国のビジネスマンとBossと3人でランチをする機会がありました。


教育界とFinance業界でビジネスをしているSさん。
ランチをしながら、お聞きしました。

韓国の教育事情。
韓国は日本のそれより


競争が激しく、
親が熱心で、
しかも海外志向が強いことが分かりました。



1)競争が激しい

韓国の大学は入試の学力検査だけでなく
小さい頃から他人との差別化を測るための特技を見つける努力にお金をかけるそうです。

例えば、ロボットを組み立てるのが得意で大会で優勝したとか
数学オリンピックで何位に入賞したとか。
英語力はトフルでもトイックでも満点近いと「差別化」とみなされますが
ただ、留学した、というだけではあまりにも大勢いるので、駄目だそうです。

そこで学習塾以外の習い事親は熱心にさせるとか。


2)海外志向が強い
多分、お隣の国との兼ね合いや徴兵制などで
とにかく親は子供を海外に出したがる。
アメリカや日本を目指すそうです。


その結果、平均的な韓国の一家庭の家計の50%が教育費に。
日本は家計の30%ほどだといわれているのはご存知ですか?


50%も子供の教育につぎ込んでしまって、老後のお金がないことがいま社会的な問題になっている韓国。


そういう相手と戦っていく日本の子供たちに危機感を持ってもらいたいと
感じています。
子供たち、というよりもそれを育てる親が危機感を持つべきでしょうね。


どうすれば、国際的な競争力のある人間に育つのでしょうね?

一つは語学力。
一つはいろいろな世界を早いうちから見ておくこと、肌で感じておくこと。
他にはどんなことがあるだろう?
唯一の冬休みの宿題「書初め」。



shodo.jpg

やるのはやっぱり最後の日になっちゃった。
結婚してからずーーーーーーーーーーっと
スキーに行きたいと言い続けていた夫。

どちらかというと暖かいというより海、、というより
「常夏の海」に行きたいわたしはスキーが苦手。

だって、寒いもん。
だって、スキーって早すぎて怖いもん。

子供たちが昨年の春にスキー合宿に行って楽しんだことは知っていたので
歓喜の声に背中を押されて
家族で初のスキーに行ってきました。


snowmountain.jpg
斑尾タングラムスキー場




niceweather.jpg
スキーに行くための絶対条件が
少しでも寒いと感じないように完全フル装備をすること。

神田で一式を全て揃えた年末のおかげで
このような雪景色も心行くまで楽しむことができました。
何せ最高気温がマイナス5度なんていう日ばかりでしたから。



kidsinsnow.jpg
末っ子。6歳にして初スキー。
スキースクールに一日目に入ったところ
初心者コースはボーゲンでストック無しでどこまででも着いてこられるようになりました。
吹雪いた日はちと大変だったけどね。


上の二人はパラレルを半日習いましたが、
スクールよりは好きに滑るほうが楽しいとのこと。


スキーが嫌になった場合わたしは温泉とプールで過ごす予定だったので室内プールと温泉は条件でした。

結局わたしがプールに入ったのは初日の一日だけ。
あとは朝から晩までスキー、すきー、好きー?


子供たちと夫は毎日スキーを終えると室内プールへ直行。
1時間ほど泳いだあと温泉へ。
体力ありすぎます。


このホテルの楽しみ方はもう一つ。毎晩のお食事☆
今回特に心から舌鼓を打ち、感激したのはフランス料理。

【創作料理コース】

「白子のフランと前菜盛り合わせ」
・・・勢いよく頂いたので写真撮り忘れ


fmeatpie.jpg
「焼きたてミートパイ」
懐かしいオーストラリアの味!!



fcabbage.jpg
「トロトロキャベツの牛スジスープ」
お野菜一杯のトロトロスープ




ffish.jpg
「白身魚のムースと小エビ、帆立貝の湯葉包み 白ワインソース」
口の中でとろけます。おだしも利いていて味わい深い




fchampinion.jpg
「オーストラリア産牛フィレ肉の舞茸シャンピリアンステーキ」
焼き加減を聞かないので大丈夫かな?と思いきや
ミディアムレアで登場。お肉が柔らかく脂質が少なく、味付けもちょうど良い。




fdessert.jpg
「栗のプリンと蕎麦アイスとフルーツの盛り合わせ」とエスプレッソ
これぞ極みプリン。とろりと溶けたクリーム加減と
色とりどりのフルーツが視覚的にもばっちり☆


子供たちも少し贅沢ですが
おいしいフレンチやステーキをいただきました。

長期滞在したら、我が家は破産します、、、、。


さて、このホテルには「ハワイアンロミロミ」というエステマッサージサロンがありました。
慣れないスキーで体中筋肉痛になっていたので
お勧めアロマオイル全身マッサージとフェイシャルエステをお願いしました。
もう一生味わえないほどの至上の幸福感に浸りましたです。
家族のため、子供のため、会社のため、、
と何かのために追われている日常なので
本当に、夫やマッサージをしてくれた綺麗なおねえさんに感謝。謝謝。



最終日。
積雪150cmのため、駐車場に向かいましたが、、

parking.jpg
おーい、我が家の車ちゃん、どこにいるの~?




car_20110108145806.jpg
埋もれてました。




ここから、家族総動員で雪かきです。
caRUMO.jpg
よいしょ、よいしょ。








car2.jpg
シカゴ時代の要領で、でもまだまだ。





cyatta.jpg
ようやく出てきたのは1時間後でした!





野尻湖のナウマン象博物館に立ち寄り、
帰路途中で信州名物のお蕎麦をいただきました。

sinshusoba.jpg
本場は量もお味も違います。
お蕎麦のコシがしっかりとあり、
汁との絡みも良く、麺からはそば粉のにおいがしました。


旅行翌日早朝。夜明け前の暗い時間に
上の二人はロープジャンプ関東予選大会に向かいました。


あっという間の4泊5日の信州の旅。


数日前に思い立って予約した旅でしたが
素敵な一年のスタートでした。
2011年になりました。

お引越しして20年来の親友家族が自転車で15分の距離になったので
クリスマスイブは一緒に過ごしました。

ところでアメリカ時代の慣例で毎年クリスマス前後には
仕事をお休みをしていたのですが、年明けに家族旅行を予定していたので
ぎりぎりまで勤務。


仕事納めは、とあるダンススタジオに出向き
芸能プロダクションと提携しているクラスの歌の発表会に参加しました。

用意されていた席は
「アメリカンアイドル」の審査員張りの机と椅子とシートとペンとお水。

一人一人が歌う様子を見た後にシートに書き込みアドバイスをするというものでした。
大手芸能プロダクションの新人開発部長さんと一緒にお仕事ができて、
また芸能界という世界を垣間見ることができて、新鮮な気持ちでした。


この世界でも、礼儀、挨拶、伝えたい熱い思い、真面目な練習と態度は共通していました。

******************************************

家に戻ると、既に午後6時半。
前日から2泊のお泊りにきている町田時代の子供の友人2人が子供たちと遊んでいました。

翌日の休日第一日目はお友達と我が家の子供たち合計6人を引率して
映画館へ連れていくお勤めでした。

仕事で余裕のない平日だからこそ
こういうことはたくさんさせてあげたい。
子供たちの笑顔のために。



*****************************************
夫もようやく30日から冬季休暇スタート。
わたしは、、というと大学時代のクラスメートから英語の翻訳を依頼された仕事を午前中行いました。

スパ全集のムック本です。

書籍の最後に名前も入れてくれるそうなので
翻訳系のお仕事は旧姓で受けることにしました。
仕事に幅ができそう。

今年は翻訳の勉強を一から始めたいというのが豊富です。

******************************************

大晦日。

お正月3日から5日間家族でスキーに行くので
神田までスキー用品を買いにいきました。

ほんとは、南の島に行きたかったの。
でも海外旅行は出発10日前には締め切りなのですねー。


スキー。
春休みにお友達とスキーキャンプに行っていた子供たちは大喜び。
快適なサンノゼよりも-20℃になるシカゴの方が良かったというくらいだから寒さなんてなんともないんだろうなぁ。


しっかり防寒します。
また室内プール付きなので、プールで泳ぐぞ!



・・そんな感じでWahahaとにぎやかな正月を迎えています。


自分の幅や領域をうんと広げる一年にしたいとおもいます。

こんなわたくしではございますが今年も一年
またいろいろとご指導、ご教導をお願いいたします。

何人分
何人分の朝食でしょうか?答えは、文中に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。