上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカに駐在中は
ブログもほぼ、毎日欠かさず書いていましたね~。
思えば、忙しいながらもちょっとした余裕があったのか、
もしくは日本語でブログをつづることが楽しみだったのか。























すっかり間隔が空いてきちゃいますが
毎日読みに来てくれている方、
時折コメント代わりにメールをくれる方、
どうもありがとう。
どんな形でもつながっていられるのが、最高の喜びだったりします。

































日本はまた、3連休でした。







































**********************
3連休のうちの2日は、
小学校時代の友人がはるか筑波からお泊りに来てくれました。
会うのは2年ぶり。
























































友人Yとは、小学校の6年生の時に
わたしがシドニーに転校し、Yが日本に帰国してしまうまでの6ヶ月間同じクラスにいました。
その6ヶ月間過ごした仲が、
24年経った今でもこうして続いています。
もう~これは、ミラクルとしかいえません♪
























































そんな友人の子どもも、我が子のように可愛く、
また我が家の3人も一緒にお風呂に入ったり、
手をつないで公園で遊んだり、、、と盛り上がっておりました。





















































中々寝付かない子どもをよそに
普段はあまり飲まないという友人Yにお酒も付き合ってもらって
夜がふけるまで、ずっと止まらなかったお喋り。
話したいことがお互いに次々と出てくるのです。


















































ああ、お友達ってやっぱりいいな。
大切にしたいな、、と
心の底からかみ締めた2日間でした。







































**************************


連休最終日は、証券会社時代の同期が家族で遊びに来てくれました。
Nくんは、研修時代に
お互いに赤点を取って、その補習の時間になんとなく話したことがきっかけになったお友達です。
日本で一番優秀なT大卒なのに、赤点を、
そしてわたしも150人中女性が4人しかいない採用の中でただ一人赤点をとっていたので
そんな間抜けた様子が面白かったようです。
話していくうちにお互いがバックパッカーで世界中を旅していたことが分かりました。
お互いの結婚式には呼ばれ、呼び合い、
今は彼はその会社で同期で一番有望な課長さんとなり、
わたしはこうして家に収まってしまいましたが
奥様と共に連絡を絶やさず、気さくに家族でお付き合いをしていただいている貴重な存在です。












































お昼ごはんは、我が家でマイクロビオティックランチ♪
micro.jpg
・・・といってもかなり自我流で、菜食主義ではありませんでしたが
直売で買った買いたてのお野菜と玄米を中心としたお料理を用意しました。




























































友人家族は3ヶ月前にベビーちゃんが誕生したばかり。
そして2歳になる長男くんがいます。














































長女はひたすらベビーちゃんの担当。
ベビーシッターごとく3ヶ月の赤ちゃんのお相手をしていました。







































































我が家も、上の2人は年子なので、その頃のことを思い出しました。
赤ちゃん返りしちゃう長男。
一緒にいてあげたいけれどベビーのお世話もあるし、
パパも忙しくて、ママもヘトヘトだし、、、。
ジレンマ続きなんですね。



























































思い出しました。
そういえば、わたしも長男と2人きりの時間を持とうと
当時働いていた高校の修学旅行の引率に長男を連れて行ったのですよ。
屋久島へ。
airport.jpg
まだ息子は3歳でした。
このために1歳半の娘も断乳。
2人とも保育所に預けていたので
息子は1週間お休みをして、
娘だけパパにお願いして。














































































cottage.jpg
こんなコテッジにほかの教員とその子どもと一緒に泊まって、添い寝をして、










































































tree.jpg
屋久杉を堪能し、キャンプで毎食食事を作りました。
























































・・・・こんなことを長男は全く、覚えていないのですが
改めて先ほど写真集を見ながら懐かしく思えました。







































あの時は一瞬一瞬が長くて
トンネルの中にいて出口が見えないような感じでしたが
今思うとその頃の大変だった記憶はほとんどありません。
ただ、今は大きく健康に育っていることに感謝したいです。










































子供はいとおしくて、全力をかけて守ってあげたい存在。
そしてこちらの存在も100%受け入れてくれる純粋な存在。
だからこそ、体力と寝不足とジレンマに苛まれる。
そんな母親を助けてくれる存在が忙しい父親以外にも
今後もっともっと必要になってくると思います。























こうして我が家の3連休が終わりました。
アメリカの時は、毎週末旧友たちと会うことはありませんでしたので
こうして旧交を温めることができる今の生活は
ちょっぴり幸せです。





↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                

banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。