上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「給食の試食会のご案内」が来た。










普段子供達の食べている給食を親も食べてみてください!
という企画だった。
幸い英語の授業のお手伝いがてらに週1回は給食を
その時々のクラスで頂いているものの、
240円でランチが食べれるし、
栄養士がどういう説明をするのかと興味があったから申し込んでみた。
ただ、申し込みが期日よりも数日遅れてしまった。













すぐに担任から手紙を頂いた。















期日が過ぎているので、申し込みは出来ません。
また別の機会によろしくお願いします。



とのこと。











食材をそろえるのに大変なのでしょうが、悲しかったです。

















思い切りアメリカンな感覚だと、
来るものは拒まずであって、
お金もらえるわけだし、
ランチを親御に見せることもサービスの一環だとしたら、、、。
一般企業じゃ断るなんて考えられないお役所常識なんだとおもう。





期日を絶対に守って欲しかったら
その旨を手紙にしっかりと書いてあるとおもう。
●×以降は受け付けません
とか
2ドル余計にかかります。
とか。









なんだか、おかしいとおもうんだよね。
通り一遍等で。









もっとも私が期日をしーーっかりと守っていればいいだけの話なんですけどね 汗







*****************************
ちまたの子供達でこんな現象が起こっていると見聞きする。











例えば、AちゃんがBちゃんに放課後遊ぼう~と誘ったとする。




するとBちゃんは、
もうCちゃんと約束しちゃったから、Aちゃんとは遊べないよ~
といって、Aちゃんとは遊ばずCちゃんとだけ遊ぶ。










そういう子どもが増えているそうだ。
個人面談で何人もの親がそんな話しを話題に出したと
クラス便りに書いてあった。
また、ピアノの先生にも同じことを聞いた。


















クラスの先生は子供達に聞いてみたらしい。












他の子と約束があるから、遊べないよ、って断ったことのある人、、と。











挙手をした子供は誰もいなかった。
















逆に
他のお友達と遊ぶから、一緒に遊べないといわれて断られたことのある人、と聞くと
ほぼ全員が手を挙げたそうだ。








・・・・・わたしも、大人になってから同じようにアメリカで日本人のママに断られたことがある。
2人を目の前に、今日は2人で遊ぶから、、と。
どうして誘ってもらえないんだろう?
と嫌な気分になった。惨めな気持ちだった。










こういうことは子どもだけの問題じゃなくって
大人から意識しなくちゃいけないことなのかもしれない。
排他的なのは日本人の性質といえば性質なんだけれど
相手の気持ちに立って考え行動できる子どもに育てようと思いたいものだ。














・・・だがそもそも、こんなことが『問題だ』って思う人も少ないのかもしれないね。
遊びたい人とだけ遊べばいいじゃん!
って感じかな。









我が子はそういう子どもになって欲しくないな、と思っている。



↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。