上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の学校に子どもが通い始めたら
親の出る幕はあまりないと思ってた。
ボランティアってそこまで精通していないと思っていた。

















2年生の娘の生活科。
今学期だけで球根を買いに行ったり、
お野菜をプランターで育てたり、
山に秋を見つけに行ったりと
いろいろな体験学習をしている。
母もそんな場面場面に嬉々と駆り出される。



















先週は、「お料理」、Cooking。
自分たちで育てたサツマイモを収穫して
九州の昔ながらのおやつ、「いきなり団子」を作ることになった。






















家庭科室に集合!
musumae.jpg
サツマイモを15mmの厚さに切って、
調理師さんに作ってもらっておいた餡子を乗せて
白玉粉と小麦粉、砂糖塩を混ぜた生地で包む。
そして、蒸し器で蒸す。

































ikinaridone.jpg
15分ほど蒸したらできあがり。
包んで蒸すといきなりできるので
『いきなり団子』というらしい。




















出来立ては美味しかった。
みんなでホクホクいただいた。
職員室に持っていって、調理師さんに持っていって。

あまったサツマイモはそのまま蒸していただいた。










アメリカのCookingも面白かったけれど
昔ながらのこうした料理を作らせてくれる日本の授業も素敵だわ。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。