上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
働くママを対象にしている保育所と違って
幼稚園の年末休みはそろそろ(もう)スタートします。
それでも、末っ子の通う幼稚園は
保育所と幼稚園が同じ理事長によって運営されているため、
延長保育や休園時預かりに積極的で、公立小学校のスケジュールと合わせ預かってもらえ、
しかも安価で提供してくれるので助かります。
月に一度のお弁当の日以外は完全給食制です。

















我が家は、昔から子供達は保育所へ預けていたので
幼稚園という場所は初めてでした。
末っ子は、真っ白いキャンバスに色を塗っていくように
帰国してから母国語が伸び、お歌を歌ったり、ハサミを器用に使い始めたりと
幼稚園でいろいろなことを吸収しています。
毎日楽しくて仕方がない幼稚園。ほんとうにこの幼稚園とめぐり合えてよかったです。
保育所の申請には時間がかかりすぎて待てませんでした。












そんな幼稚園のイベントの一つである、クリスマス会が今日行なわれました。
クリスマス会と称した学芸発表会です。

















キリスト教の幼稚園なので、
舞台もロウソクに火を灯して園児入場です。
stage.jpg
入場のあとは、みんなでお祈りをします。
難しいお祈りの言葉を言いながら何分も手を合わせている様子は
けなげでした。
きよしこの夜
をみんなで歌って、劇の開始。






















末っ子の年少は
動物達のクリスマスパーティーという歌劇でした。
今月に入って、自分の台詞もみんなの台詞も丸暗記して、
事あるごとに家で大きな声で教えてくれていましたので、
ある意味、新鮮ではありませんでした、、、、笑



















娘はウサギさんの役。
それぞれ自分で作成したお面をかぶって、はねたりお歌を歌ったり、
みんなも元気よく、物怖じすることなく無事に終わりました。




















ホッとしたのもつかの間、
母、会場に参っていました。





















多目的室(体育室)に3日間に分けて行なわれたクリスマス会ですが、
それでも部屋のサイズと観客の数がそりあっていません。














他のクラスの子どもも一生懸命練習をしたので、
最後まで鑑賞してください、、、























とのことでしたが、
満員電車状態の熱気で溢れている中の2時間は、いたたまれませんでした。






















周りに並べてある椅子はおじいちゃんおばあちゃん、妊婦さん用ということでした。
地べたに座るともうギュウギュウで
イモ洗いをされている気分でした、、、。
他人との物理的距離が近すぎます、、、。




















途中で会場を出て外の空気を吸って
最後は、親子創作で終わりました。
園庭で末っ子と一緒に可愛い靴下のデコレーションを作って、
お土産をたくさんもらって帰途へ。

















後ろに末っ子を乗せた自転車をひっぱりながら
ながーーい心臓破りの坂を上りました。

















まだそれで一日の半分しか終わってないのです、、。
家で娘のランチを作ってまた日常生活へ。













日本の生活ってある意味過酷です 涙
不必要な我慢が多い気がするのですが、
これもSpaciousなアメリカにしばらくいたせいかもしれませんね、、、、、。

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。