上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.03 永遠の命
ヘロヘロになっていた年末から数日経ちました。
忙しくてつい、夫婦の思いやりを忘れがちな日常でしたが
こうして時間があると
お互い忙しくて余裕がなかっただけなんだ。
ということに気がつきました。
また、実家で2日ほど寝坊して食べていたらすっかりエネルギーが戻ってきました。
我ながらタフで単純な体に感謝しながら迎えた正月です。
shugo_20090103092809.jpg
5人の孫に囲まれる父↑@初詣で。
もう一人の生まれたての孫はアメリカにおります。






























お正月って、テレビも色々な番組をしていて見ごたえがあります。
テレビを観ることが余り好きではないのですが、















『さよなら、銀河鉄道999』
の映画はひさびさに見ごたえがありました。
子どもの頃に観ていた銀河鉄道999は、
色々な惑星に行って楽しそうとか、怖そうとか、
そんな単純な感想しかありませんでした。























今回気がついたこと。
この物語のテーマは
『人にとって本当の幸せとは?』
『永遠の命とは何?』

















幸せとは永遠の命を手に入れること。
一人一人がロボットになり、
100年も1000年も行き続けることだと説いている人たちの前に立ちはだかる
生身の人間テツロウ。






他の人の命を食べながら(犠牲にした上で)生きていくのは
本当の幸せではない。
と。















キャプテンハーロックが最後独り言のようにつぶやいた。






『親から子へ、子から孫へ、その孫からまた子へ
何かを伝えていく。それが本当の永遠の命だと自分は思う』と。

自分ひとりが永遠の命を追求して何万年も生きていくことではなくて
次世代に引き継いでいくことが永遠。










それはひとえに子どもを持たない人でも
生きていくうえで何かを世間に伝えていくことが出来たら、
それが永遠だということだろうとおもう。
音楽でもいい、教育でもいい、なんでもいいんだ。























さて、家族は目下箱根駅伝に熱中しております。
じいじと両親の母校の名前を子供達も呼びながらテレビの前。




















わたしは、、というと
箱根駅伝を念頭に置きつつ
今年初めてのRUNでも行ってこようと思います。








では、









今年もどうぞよろしくお願いします!

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨

↑クリックをありがとう☆↑ 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。