上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
給食の時間は6年3組だった。


















『先生、ちょっと質問していいですか。』






と6年生の女の子から真面目な顔で聞かれる。
普通の可愛らしい女の子だ。















『うん?何?いいよ。』
と答えるわたし。


































『先生って彼氏いるんですか?』
聞きながら、照れてる6年生。




























フフフ。
普通ならば、

「わたしにはねー3年生と2年生と年少に子どもがいてねー
かくかくしかじか。」




と説明するのだけれど
女の子の照れた様子に、説明をやめた。




















『な・い・し・ょ♪』











というと


「ずるーい!」



だって。


















それを後で英語講師Fにいったら
『このくらいの年齢の子どもで自分の親以外に知っている大人ってあまりいないよね。』
(どーゆー意味じゃ)
『you were simply flattered, weren't you?』














だといわれました。

ええ。その通りです。ただ単にそんなことを言われてうれしかっただけですってば。


さて、これから自宅の英語クラスが始まります。
明日は日本の小学校の良いところ!特集第3弾を予定してます。
読みに来てね。



↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。