上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただいまです~。

今年度の仕事納めでした。
小学校の英語の授業です。



















今日の給食は、『バイキング』だとガイジン講師Fから聞かされていました。
バイキングだから、チケットもあるよ、、と。
何のことだろう?と思っていたら




















6年生の卒業おめでとう特別ランチバイキングに招待♪♪















いただいたのでした。



















ちなみに『バイキング』とは和製英語。
アメリカでは『buffet』。
オーストラリアでは『Smorgasbord』とか
『all you can eat』といいます。
Smorgasbordという言い方、とっても懐かしくないですか~?>オーストラリアから帰国された方。












大きな一階のランチルームで
6年生のとあるクラスと一緒に
校長先生、理科の先生、図工の先生とそして英語教師のFとわたしが特別ゲストとして招かれました。


















屋台風の出店には
『フランクフルト』『焼きソバ』『焼きイカ』『ジャガバター』、そして
























『バナナチョコ』がありまして、
チケットと交換することになっていました。


















ついたテーブルには通常メニューの
キムチチャーハンと、中華スープにいよかんまでありまして、
それはそれは豪華な、とても240円とは思えないお食事でした♪♪





















akisoba.jpg
ちょっと本格的でしょう~♪

















6年生は、英語授業数が一番多かったので
顔を全員覚えてしまいました。
卒業まであと6日だそうですが、
卒業式の練習をしていても実感がわかないそうです。
みんな明るく、やっぱり開放感に溢れていました。
















わたしの一生の中で心に残っている卒業式は
大学の卒業式と
中学校三年生の時の日本人学校の卒業式。

日本人学校はなんせ人数の少ない中でしたので、
6年生からずっと一緒だった仲間達はもう空気のような存在で
高校進学のために日本全国に散らばる仲間と別れるのが寂しかった。
わたしは受験をしたものの日本の高校進学ではなく
オーストラリアに残って現地の高校へ進むことを決意していました。





















昔からなのですが、
悲しいときに泣くのがとても苦手です。
強く育てられてきたなのかもしれません。
涙が出てこないのです。














でも卒業してからしばらくしてから
実感が湧き、自室でこっそりと涙したような覚えがあります。











みんな、ほんとうに卒業おめでとう!!



↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。