上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.06 とんだ誤算
子供達はいつものように朝6時前から起きていた。
いつもとちょっと違うのは、Cartoon Networkを観る代わりに
英語の本の音読をしていたことだ。
音読の声が耳に入って7時過ぎに目が覚めた。
下に降りてみると
今日はどうしても午前中に家族でやりたいことがあるという。
そのために、決められたRoster(日々の学習計画)をさっさと終わらせているのだという。
朝食が終わって2時間後、私達が立っていたのは、、、、。

































BOWLING.jpg
ボーリング場でした。
ここに行きたかったんだって。
それで先手を打たれちゃ、NOとはいえない父と母。

家族パックは一人3ゲームで○×円。
一ゲームの料金とさほどに変わらない。
4才の末っ子まで3ゲームを投げきりました。





















その午後に長男はサッカーの試合が雨の中であったわけです。
夫は風邪っぴきながらも、応援に行ったわけです。

















******************************
RUNに行ってきました。
前後の予定が詰まっていてもうここしかない!という時間と日にちを選んで。
RUNすることは特別ではないのですが、
ちょっと気にかかったことは、
雨がざあざあと滝のように降っていたことです。

















ざあざあとはどのくらいかというと
シャワーを3分間頭から浴びたくらいの状態だから対したことはありません。

むしろ、
1)イネ科の花粉が飛ばなくて良い
2)マイナスイオンを浴びることができる
3)喉が渇いたら口を空けて空を向けば良い
4)不審者を気にしなくて良い
5)ひょっとして走った後シャワーに入る手間がはぶける














と利点ばかりなので
RUNすることにしました。






















夕方ずぶ濡れサッカーから帰ってきた息子に
「行かないほうが良い。寒いよ」と言われ、
娘2人は遊びに夢中だから無関心。
その上夫に
『ムチャだ』といわれても
もう決めてたんです。





















走り始めてものの3分しないうちにいい感じに全身が濡れてきました。
きっと汗のせいでしょう。































走って20分して驚いてしまいました。
犬の散歩のためにだったらずぶ濡れになっても良い人たちはポツポツといらっしゃいましたが、
わたしのように自分のために走っている人は皆無でした。














やっぱり不審者はいなかった。
不審者がいるとしたら、雨の中ひそひそと走るわたしだったでしょう。




















雨風に負けず、タイムも上々。
でもとんだ誤算に気がつきました。












1)重装備していた服装が雨にしっかりと濡れて重い。
まるで全身で薪を背負って走っているようだった。

2)時速5kmで走れば雨より早いのでさほどに濡れずに済むと思っていたら
しっかりと濡れてしまった。
























40分走り終えて
雨が滴るまま玄関に入ったわたし。
ただいまー。
といっても迎えに出てくれる家族はいない。



















「自己責任」
















そんな四文字が頭をよぎった。
言葉でそう言われなかっただけマシとする。


















そのまま風呂へ直行。
シャンプーを握った右手に力が入らずシャンプーが床に転げ落ちた。
午前中のボーリング3ゲームが効いているようだ。







とんだ誤算だが
きっとまた雨が降っても同じことをしてしまいそうな気がする。
でもこれは誤算というのだろうか?

↓記事更新の応援クリック、ポチ×3っとよろしく~♪                
banner_02.gif にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ こちらもお願いします♪ 
にほんブログ村 アンティーク・レトロ雑貨
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。