上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家のフライパンと包丁がそろそろ寿命を迎えておりました。















フライパンに関してはテフロン加工って定期的に買うしかないので
安いものを買っていたのですが東急ハンズにふらりと立ち寄って、、、


























31cmサイズの取っ手付き焦げないフライパンにまずは一目ぼれ♪
お値段も5000円以下でお買い得。

















大きすぎるかと思ったけれど
大は小を兼ねるとは正にこのこと。
5人分+お弁当
のおかずを一気に作るのに活躍しております~~~。






















包丁はですね。
お互いに大学生時代のときにそれぞれ購入していた包丁を
ずーーーーっと使っていたのですよ。


















はっきり言って、野菜が切れない。
新鮮なキュウリならば切れるけど
千切りはできないし
少しでも柔らかいものを切ると
「引きちぎってる」という感じでした。
でもそんな包丁の利点はありまして、、、



















間違って自分の指を刻んでしまっても
血が出ない。
たいした傷じゃない。














ってところ。




















料理人の旦那さんを持つ友人宅の台所で見つけた包丁と同じものが
ふらりと立ち寄った東急ハンズにありました。
わたしの目を奪ったのはその包丁でなくて、
思いっきり「和」の包丁。

その名も























Tamahagane 竹
↑画像はクリックしてみてね。

































でございます。
持つ柄の部分が竹柄で、もう一目ぼれ状態。






















恐る恐る一本まず購入。
















切れ味抜群!!





















を通り越して、日本刀のような感じ、、。
歯の上に布切れをふわりと落とすとスパッと切れちゃうような怖ささえ感じます。
よほど前の包丁が切れなかったのだろうと思われます。





















この包丁はヨーロッパやアメリカのデパートに逆輸入されていて
あちらで高いお値段がついているらしい。
日本で買うと安いというので外人さんたちがお土産に買って帰るそうです。


































この切れ味に惚れてしまって
もう一本別サイズを購入。























どんな料理が作れたかというと、、、、、、


























ここにご紹介するほどじゃないです(^^;






名人、筆を選ばず


























というのはホントだな、と感じたわけです。





















一目ぼれ包丁の唯一の難点といえば購入して1週間以内に
指を2回切ってしまって
しかも流血したってことでしょうか。























刀扱いには今後はくれぐれも注意しなくてはなりませぬ。
それにしてもお気に入りの台所道具が増えると
お料理も楽しいですね~♪

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。