上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西表島は天気予報が当てにならない島だといわれています。
12月から3ヶ月間は雨季で北風がまともに吹き付けるので体感温度は低い日もありました。



晴天に恵まれた日には由布島に行ってきました。
400m離れた島まで水牛に乗ります。
yufu.jpg


島では1時間半ほど歩いたりビーチで遊んだり。
ushi.jpg





お昼ごはんも良心的な値段。
tofuchan.jpg

帰りは牛車に乗らずに
歩いて海を渡りました。
(牛より早いそうです







海を目の前に、あまりにも寒くて泳ぐことはできず。
せめて海の中を見てみたいので
潜水艇「うみえーる」に乗って
パナリ島付近の珊瑚を鑑賞。
sango.jpg
次ぎ来たら潜るぞー!
















港のテトラポットでは
地元のおじいやおばあが釣りをしていました。
釣りをしたかった子供達。
興味深く覗いていたら、魚釣りのお手伝いをさせてくれました。
chinuturi.jpg
釣れたのは「チヌ」です。










その後、自分達も釣竿を買いに行き一匹ですが立派に釣り上げることに成功!
夜民宿に持って行くと、
chinu.jpg
新鮮なお刺身にしてくれました☆
身がコリコリとしていて甘かったです。







isigaki.jpg
民宿の夕食は「石垣牛ハンバーグ」
とてもよい民宿でした。母屋(ままや)といいます。









民宿母屋から徒歩で10分のところには
星砂の浜がありました。
hama.jpg









大勢の人に砂を踏まれてしまったため
星砂は少なくなったと地元の人は言っていましたが
ありましたよ~。分かるかな?
hosisuna.jpg






















カヌーに乗って「ピナイサーラの滝」にも行って来ました。
letsgo.jpg
末っ子までやる気満々♪






10歳の息子と
canue2.jpg


8歳の娘は
canue.jpg
一人乗りのカヌーで片道30分間漕ぎました。






末っ子は行きはパパと。帰りはママと。
私達も一人乗りカヌーを行きと帰りで交代。
canue3.jpg








まさにジャングルのような合間を縫って滝つぼの袖まで漕ぎます。
river_20100103174507.jpg










カヌーでたどり着いてからさらに30分。
ジャングルの山の中を歩いて、滝つぼに到着!
taki.jpg
高低差70mの県内最大の滝です。










nobori.jpg
末っ子。良く歩きました。





「釣り」と「カヌーツアー」の2つが子供達の一番心に残った出来事だったようです。







最後の宿は、星立て村にあるイルンティふたでむらのコテッジ。
cotagge.jpg








中は2階になっている一軒家。
bankbed.jpg
こんなベットに寝ましたよ~。



星立て村はもう島内では見られない群落があり、
100年以上の赤がわらの家なども残っています。
natukasi.jpg
懐かしい感じがしました。
この宿は事前に民宿のにぃにに電話で話を聞いて予約を取っておいたものでした。




村に生えていたがじゅまる。
gajyumaru.jpg
がじゅまるは寄生木なので、中の木をじわじわと絞め殺してしまいます!












夜には、これまた地元のにぃにお勧めの新鮮なお寿司屋さんに行ってみました。
sunomono5shu.jpg
酢の物5種は真に美味。








simasushi.jpg
島寿司には、シャコガイなども入っておりました。








寒い日は日本最南端の温泉へ。
onsen.jpg
外は水着を着て入る露天風呂が4つほど。
慌てて中の湯船につかりましたが、子供達は水温20℃のプールに入って凍えておりました。






たくさんの思い出と共に、、、
shells.jpg




西表を後にする時間がやってきました。
fugu.jpg





また来れるといいな。
kanban.jpg



出発はさんざんでしたが
終わりよければすべてよし!
8年ぶりの沖縄でした。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。