上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の金曜日の日記で、英語教室の準備を嬉々としていた様子を紹介しました






、、があの後、レッスン前になって
子供の声が聞こえ、ピンポーンと鳴ると立っているのはお母さん。
話しを聞くと












子供が英語に来るのを嫌がっている






とおっしゃるではありませんか。
そのついでに、最近のレッスンはつまらないし、難しすぎる。
以前は真っ先に宿題をやっていたのに今はまったくやりたくない、と。













とにかく1月は様子を見ようと思うが2月からは辞める方向で、、とのお話しでした。










わたしとしては
ニーズに気がつかなかったことを反省し、
確かに難しすぎる内容だったことも認め、
とにかく楽しめるレッスンを心がけることを伝えました。












1週間経ち、その間に他のお母さんがたにもヒヤリング。
まとめると、、、



「英語はいづれ学校で習うから、読み書きは別にそのときでよい。
習い事として期待しているのは学校ではできない
耳から覚える英語、体で覚える楽しい英語」





ということでした。
お話を聞いていると一年前の自分を思い出しました。
そういえば、英語教室を始める前の私の理念って、楽しい英語だった。
文法とか宿題を多く出す英語教室なんて考えてもいなかった。
初心をすっかり忘れていたの。















初心を忘れてしまった理由は
テキストに沿った指導をしていたから。
レッスン準備より教えている時間が少ない中つい指針を他に求めてしまっていました。












うちに通ってくださるご家庭は
英語がうまく書けるとか英検を目指すなんて望んでいませんでした。












そこまでニーズを把握できたら
なんだか楽しくなってきちゃった。
初心に立ってまた始めたら
やめたいっていってた子供が戻ってきた。







わたしの英語教室がきっかけで
英語嫌いになるのは絶対に防ぎたい。
それも信念の一つなんだ。






それにしても今日は、、




うちのヤドちゃんずに癒されました。
honechan.jpg
マングローブに登ってます。







honechan2.jpg
珊瑚砂を浄水で洗ったあと
お湯と食塩水を混ぜて水槽に戻したら
元気一杯になりました。


今は都心でフルタイムで働いているけれど
英語教師も一生続けようと思っている大事なこと。
何足ものわらじを履くのは中途半端になりがちだけれど
うまくバランスをとりながらその中でベストを尽くしたいと改めて心に刻みました。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。