上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の月曜日8日の日経新聞の夕刊にこんな記事が出ていました。
すぐに次の日に勤務先の学校でも話題になったので紹介します。


「二つの言語を話す「バイリンガル」の子どもは一つの言語を話す子どもに比べ、会話を理解する能力が高いとの論文を、板倉昭二京都大学准教授(発達科学)や英シェフィールド大のマイク・シーガル教授らの研究チームが8日までにまとめ米科学誌プロスワンに発表した。
 日本や英国、イタリアで、4~7歳のバイリンガルの子どものグループと、一つの言語を話す子どものグループに同じ人形劇のDVDを見せて、会話を理解する能力に違いがあるかどうかを調べる実験をした。

 例えば「私の犬を見掛けなかったか」という問い掛けに「庭にいたよ」と答える人形と 、「空にいたよ」と答える人形のうち、変なことを言っている方を指でさしてもらうという方法だ。

 比較したのは英国に住む日本語と英語のバイリンガル33人と、日本語だけを話す日本在住の55人。イタリアでは、ドイツ語とイタリア語を話す36人と、イタリア語だけを話す41人を調べた。

 バイリンガルのグループと一つの言語を話すグループで語彙の豊かさや社会的階層などは同じになるよう、条件をそろえて違いを分析したところ、どちらの実験でもバイリンガルのグループの方が変なセリフに敏感なことが分かった。今回の結果について板倉さんは「バイリンガルの子どもは二つの言語を介して異なる文化を学んでおり、より多くの経験を積んでいるため、会話への感受性が高いのではないか、と話している。」


とても興味深い。
他の国の言葉を駆使するということは、「言葉」という表面的なことだけではなくて
その文化的な背景や表現力まで読み取る力があるということがこの科学的な実験で証明されたということだ。



この結果を受けて、日本の公立小学校もどんどん英語(多言語)の授業を取り入れて欲しいとおもう。
アジア諸国でTOEFLテスト平均スコアが最下位の日本。

「まずは日本語をしっかり学んでから他言語を」

という方針はちょっと国際的に遅れていると思う。

胸を張ってバイリンガル教育しましょう~!!
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。