上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.13 女性専用車両
通勤で利用している列車に先月半ば「女性専用車両」がスタートした。




images.jpg





女性だけ、なんて差別なんじゃーないか、
と海外だったら言われそうだ。
女性車両があるのならば
男性車両だって
老人車両だって
子供車両だって
何だってできそうだ。





だけど、「女性専用車両」がわたしは実はとても好き。

第一朝のラッシュ時に比較的に空いている。

そしてあの変な臭い、、、、がしない。
(嗅覚が敏感なので 汗)
タバコ、汗、その他もろもろの臭い。



おかげで快適な朝のラッシュアワーになった。





ところが、その女性車両。
使っている鉄道会社ががんばって宣伝をしていないから
いまだに間違えて乗ってくる男の人が必ず毎朝いる。
たった一人二人の男性なのに空気が変わる。
緊張感なのか、、、。


「あの、朝この車両は女性車両なのですが」

と言っている人はこの1ヶ月でたった一人のおばさま。

「女性車両」なんてずるい・おかしい
って思われていると感じてる私たち世代は
見てみぬふりだ。



途中で女性オンリーの雰囲気に気が付く男性のリアクションを見るのが
毎朝のちょっとしたインターミッションになっている。



注意しない女性の優しい心遣いと
間違って乗ってしまったことが恥ずかしい男性のために
駅での注意アナウンスと
電車でのアナウンスをもっと頻繁にしてもらいたいものだ。

この快適女性車両ともあと数週間でさよならなんだけどね。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。