上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、いつもよりちょっと遅く学校に到着すると
息子を待ち構えていた友人たちが名前を呼びながら寄ってきた。
目的は、『ポケモンカード』。
良く分からないけれど学校が始まるまでの間ポケモンカードを見せたり交換した
り、バトルをしたりしているようだ。





カリフォルニア時代に学校で流行っていたポケモンカード。
ポケモンと放課後に遊ぶウォルボール(壁打ちドッチボールのようなもの)だけ
がピカ一だった息子も
こちらに来てお友達の興味の対象が違ってさっぱりだったのに
少しずつポケモンも広まって行った。



シカゴに来て1年1ヵ月。
ようやくカリフォルニア時代の小学校のような友人たちができたようだ。
最近まではみんなの後を引っ付いて歩いてたのに
こんな光景に出会えて早起きした甲斐が合ったよ。











家に着いて自転車の後ろを開くとずっこけた。
tono.jpg

わたちリラックスしてるの~♪

って、
朝からこちらが一生懸命こいでいるのに
中では寝そべって足上げて、お殿様気分かいな!!




***********************

朝からバタバタなので
日本のように集団登校制度があればいいのだけれど
アメリカは基本的に親が一緒に送迎をすることになっている。



CAのときは確か3年生か4年生になれば親がいなくてもよいことになっていた。
シカゴの小学校では
年の始めに提出するペーパーに
親が責任を持って子供が一人で登下校することを許します、とサインをすれば
何年生からでも可能のようだ。
自己責任が徹底している。






しかし、それを脅かすようなことが昨日起こったと
朝学校のお母さんからメールが回ってきた。
同じ学校の子供が誘拐されそうになったとのこと。
しかも息子のご近所のクラスメート。




いつものようにわたしたちは自転車に乗って子供と帰っていた。
クラスメートのJとお兄ちゃんが歩いていたので
道の途中でバイバイをした。
その直後にJとお兄ちゃんの2人きりになったときに
道の反対側に止まっていた車に乗った男性に
『こちらにきて、車に乗りなさい』と何度も誘われたそうだ。
子供達が『NO』と断って歩き始めたら
なんと途中まで着いてきたとか、、、。





家に帰って子供達から話を聞いたお母さんは
すぐさまPoliceに通報し、
事件としてファイルされた模様。
我が家の目と鼻の距離で、しかも私たちと別れた直後の出来事だ。
同じようなことが
周辺の小学校でも年に2,3回は起こっている。




そんなわけで
一緒に登校しているの。















さて、
今日のアンティークはパイレックスのキャセロールの蓋。
futa.jpg

蓋だけなのだけれど
状態がよくって可愛いし安いし、、、
ひっくり返したらお皿になるかなぁ~なんて思って購入。




















家に帰ってよく考えたら
こんなものを持っていたよ。
match.jpg

2Divideのグラスベークのキャセロール。
この蓋にピッタリ!!
2種類のフルーツを入れて食後に振舞うときに
確かに余ったら蓋が合ったら便利だよ♪






↓読み終わったらポチ×3っとして帰ってもらえると↓嬉しい                ↓

banner_02.gif             こちらもお願いします♪              にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


↑いつも応援クリックありがとう☆↑ 


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。