上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供たちの夏休み。



合宿行ったり
キャンプ行ったり
お友達の家にお泊りに行ったり、、、




が現在進行中なのですが
家族5人が揃った先週から今週頭にかけて。








金曜日に牛乳6本が生協から届きました。

日曜日に牛乳6本買い足しました。


そして
昨日、火曜日通勤帰りに4本買い足しました、、、。










既に5日間で16本です。




低温殺菌牛乳なので、少々お高め(^^;なので
昨日の4本の買い足しは一番安い牛乳です~~もう!!。



息子がお友達の家に泊まりに行ったので
消費量が少しは減るかも。





真っ黒に日焼けして
背がニョキニョキと伸びてるのが
一緒に住んでいても分かります、、、。


恐るべし牛乳消費量!
(ちなみに牛乳と豆乳を混ぜて飲んでいるので豆乳も週に2~3本買っています)



職場にiPadのデモ会議があってから
ほしいなーほしいなー
と思っていました。


念仏のように唱えていたら
夫がある日買ってきてくれました。
渋谷のビックカメラで売ってたそうです。



kids_20100804194244.jpg


もう子供たちのおもちゃ状態。









ipad.jpg


まだ無料のコンテンツしかダウンロードしていないのですが
学習としても中々使えそう。
やっと家のPCはわたしが独占できる♪♪




息子はオセロゲームと
Youtubeの「Magic Soccer Goal集」を繰り返し見てます。

娘たちはやっぱりYoutubeでアンパンマン見たり
無料コンテンツで遊んでます。


iPadの白い皮のケースは写真にないけどお気に入り♪♪

Wifiのあるところならどこでもネットを利用できるようです☆
映画に行った前日、土曜日に勤務先の卒業式がありました。
通信制のインターナショナルスクールとして11回目の卒業式です。
sotugyo.jpg








いろいろな国籍の生徒やそのご家族、友人が出席してくださって
盛大な式となりました。
cheese2.jpg
受け持ちの生徒さんと。
アメリカの卒業式にふさわしくCap and Gownを着て。













cheese_20100314161552.jpg
担当した男子学生と。
みんなそれぞれほんとうによくがんばったなぁ。





式の後は、会場を変えてお祝いの会へと移動。
同じく卒業式を行っていた姉妹校の日本の通信制高校と
合同で立食パーティーを行いました。







卒業式が終われば、次は入学式の準備。
次々とイベントが待っています。



それにしても
多くの保護者さんや生徒の前で
スピーチをする練習をしなくっちゃ 汗
あと、髪の毛そろそろ切り時かなぁー。
2010.03.14 子供孝行デー
今日は、夫が水泳大会(また)なので
久々に子供たちのプレイデートを実施しました。










近くのアウトレットモールの映画館に
子供三人とそれぞれの仲良しさんを連れて行きました。
車で15分もかからないところにありますが
今週1週間はこの日を待ちわびていた子供たち。
長男は朝6時前から起きていました。















見に行った映画は「ドラえもん」!!



5歳の末っ子から長男まで、
そしてお友達もみんな観られる映画なので選びました。
(ほんとはアバターを見に行きたいとかハナモンタナを見に行きたいとか意見はありましたが。)



5歳の末っ子のお友達も誘ったところ
そのお友達は「ドラえもんに興味がない」とのこと、、。
決してみんなが好きなわけじゃないのね(^^;







Theatreに着いてジュースとポップコーンを持たせて
5人を入り口に送った後、
羽を伸ばしに店へと繰り出す!

当初の予定では
映画館の近くのCafeで2時間新聞読みや読書や仕事をしようと思っていたのに
ついウィンドウショッピング。






そのあと、やっと落ち着いて、、
cafe.jpg
最近アマゾンで注文した「勝間和代」の著書。「自分をデフレ化しない方法」を
チャイ片手に読みました。
この方の本、好き嫌いはあると思いますが
観点が面白くはっきりとしていて分かりやすい。
自分に似た部分もあるんだろうなぁ。







映画館から出てきた子供たちは楽しかった様子。
家に戻ってきてからも少し遊んで
息子はこれからサッカーの練習に行くはず。




平日は中々家に招いて遊ばせてあげられないから
ひさびさにお友達と遊んだ。
お友達と一緒に映画へ連れて行ったのは夏以来。年2回の子供孝行。
でもわたしも羽を伸ばしたから
子供孝行だけれど、実は親孝行なのかも。

今週の月曜日8日の日経新聞の夕刊にこんな記事が出ていました。
すぐに次の日に勤務先の学校でも話題になったので紹介します。


「二つの言語を話す「バイリンガル」の子どもは一つの言語を話す子どもに比べ、会話を理解する能力が高いとの論文を、板倉昭二京都大学准教授(発達科学)や英シェフィールド大のマイク・シーガル教授らの研究チームが8日までにまとめ米科学誌プロスワンに発表した。
 日本や英国、イタリアで、4~7歳のバイリンガルの子どものグループと、一つの言語を話す子どものグループに同じ人形劇のDVDを見せて、会話を理解する能力に違いがあるかどうかを調べる実験をした。

 例えば「私の犬を見掛けなかったか」という問い掛けに「庭にいたよ」と答える人形と 、「空にいたよ」と答える人形のうち、変なことを言っている方を指でさしてもらうという方法だ。

 比較したのは英国に住む日本語と英語のバイリンガル33人と、日本語だけを話す日本在住の55人。イタリアでは、ドイツ語とイタリア語を話す36人と、イタリア語だけを話す41人を調べた。

 バイリンガルのグループと一つの言語を話すグループで語彙の豊かさや社会的階層などは同じになるよう、条件をそろえて違いを分析したところ、どちらの実験でもバイリンガルのグループの方が変なセリフに敏感なことが分かった。今回の結果について板倉さんは「バイリンガルの子どもは二つの言語を介して異なる文化を学んでおり、より多くの経験を積んでいるため、会話への感受性が高いのではないか、と話している。」


とても興味深い。
他の国の言葉を駆使するということは、「言葉」という表面的なことだけではなくて
その文化的な背景や表現力まで読み取る力があるということがこの科学的な実験で証明されたということだ。



この結果を受けて、日本の公立小学校もどんどん英語(多言語)の授業を取り入れて欲しいとおもう。
アジア諸国でTOEFLテスト平均スコアが最下位の日本。

「まずは日本語をしっかり学んでから他言語を」

という方針はちょっと国際的に遅れていると思う。

胸を張ってバイリンガル教育しましょう~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。